カフェ・ベーカリー

自由が丘のカフェで小さい子連れママさんはplusがおすすめ!

自由が丘で小さい子連れママさんにおすすめのカフェは?

それはplus(プラス)で決まり。学園通り沿いにある泰興楼の真向かいにある、比較的最近オープンしたばかりと思われるお店である。

なぜ、小さい子連れのママさん向きかと言えば、ベビーカーでそのまま入ることが出来る大きなスライド式のトイレがあるから。

食べ物が売りじゃねーのかという意見もあるかもしれないが、一番の差別優位性はその部分。ベビーカー連れのママさんにとって、死活問題なわけだからそれだけで十分と考えている。

その辺を含めて紹介させていただこう。

スポンサードリンク

自由が丘のplusは子連れベビーカーのママさんにおすすめ

ここまで歩いてきたのは久しぶりかもしれない。10月はほとんど雨だったこともあり、あまり外出する機会が少なかったことでこのサイト自体の更新も少なくなった。

学園通りを歩き、なんとなく立ち寄ったお店がplus(プラス)だったのだ。

 

開放感のある店内

プラスの店内に入ってみて感じたのは、広々としていて心地よさそうな空間だということ。

これは白とウッドを基調にしていることでナチュラルさと、開放感を感じさせる雰囲気ある店内に仕上がっていた。

カウンターで注文を済ませる前にこの辺を紹介しておく。

 

道路側はガラス張りとなっており、時間によっては太陽の光が入ってくることがあるのかな?

少し蛍光灯の光が抑えめな気がしたが、このくらいの明るさでも外の天気が良いときはバランスが良いのかもしれない。

久しぶりに晴れた天候の中、この開放感のある空間でコーヒーを飲めるのは幸せなひとときを感じることができそうだ。

今日は下のチビさんとの二人のみ。オムライス屋さんでランチは済ませているため、軽くお茶して過ごすことにしたわけだ。

 

メニュー

プラスの入り口の看板におおまかなメニューの記載があった。

モーニングは9時半~11時半まで380円でコーヒーとマフィンが付いたセット、それ以降の時間はABCの3セットの展開。

私も息子もチョット食べられれば良かっただけなので、Aセットをオーダーすることに決めていた。どんなメニューがあるのだろうか?

 

店内のレジ横にはケーキのショーケースが置かれている。

新商品らしきブラック・エンジェルケーキにレモンチーズケーキやクラシックショコラ、ニューヨークチーズケーキなどが陳列されていた。

Aセットでクラシックショコラとアイスコーヒーをオーダー、ちびさんはここに来る前にジュースを飲んでいたのでシュークリームだけ。

 

プラス独自の製法で作成されたパンはどれも美味しそうだった。

この他にもソーセージパイナップルなんてめずらしい平パンも陳列されていた。

スポンサードリンク

食べる

アイスコーヒーはアイスティー見間違える色だった。クラシックショコラを食べた感想としては、普通に美味しいんだけど欲を言えばイチゴ系のソースではなく生クリームが良かった。

さらに欲をいえば、温めまでしてもらえると最高だ。というよりもそこまでやらないとだめだと思う。というよりも店員さんに聞けば出来たかもしれない。

店内の雰囲気が良いだけに、少しの違いでもっと集客ができるはず。

 

Aセットの価格は850円と一般的な価格帯、プラスならではのものがもう一つあるとリピーターになっちゃう。

ケーキの味とは関係ないのだが、店内にBGMが一切ないことも気になる部分だった。これだけこだわった店内なのにそこにはこだわらないの?という感じ。

アイスコーヒーは見た目のように味が薄いということはないにせよ、氷の量とのバランスが良くない。

 

息子はシュークリームを食べていたが、めちゃくちゃ美味かったのかあっという間に食べきってしまった。

もう一個食べたいと言い出す始末で、さすがに食べ過ぎなので私のクラシックショコラを半分上げることに。

プラスの一押しメニューを聞いておけば良かったかな・・・

 

スライド式のオムツ台付きトイレ

プラスの一番素晴らしいところは、ベビーカーのまま入れるオムツ台付きトイレが設置されていること。

これだけでプラスを利用する意味は大きいし、他のお店には絶対に無い大きな差別優位性になる部分だと感じる。

私の娘が1歳位の時を思い出す。子連れにとってこの辺の問題は非常に大変で、だからこそベビーカーのまま入れるお店を見て昔の大変だった時期を思いだしてしまった。

子連れママであれば一人でもゆっくりできる空間だと思う。

 

まとめ

店内に置かれた椅子は回転する仕様のものがある。これは純粋に椅子から起き上がる際に身体の動きが最小限で済むから良いね。

年配の方にも嬉しい仕様なんじゃないだろうか?

建物の設計にはこだわりを感じるし、お店自体の雰囲気も自由が丘にありそうでないお店。

子連れも気兼ねなく入れることもメリットだと感じた。こだわりの食材がどういったものなのかをもっと語ってほしい。

それ次第でプラスに来ようと思う人も増えるはずだ。

気軽に利用できるお店であることは間違いないので、天気の良い日に是非立ち寄ってみてほしい。

スポンサードリンク

アクセス

JIYUGAOKA PLUS (ジユウガオカ プラス)

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢5-40-6

電話:03-3722-5657

営業時間:11:00~19:00

定休日:月曜日

業態:ベーカリー、カフェ

関連記事

  1. 自由が丘駅前待ち合わせはエクセルシオールで!wifiコンセント利…
  2. やなか珈琲自由が丘がトレインチに!生豆から焙煎する本格コーヒー店…
  3. 自由が丘のカフェ『トラットリアキャシーズ』でヘルシーパスタを食べ…
  4. メロウブラウンコーヒー自由が丘は、毎日幸せを感じられるコーヒーが…
  5. 自由が丘周辺のパン屋おすすめはこの8店!必ず食べるべし!
  6. マリクレール通り無印前にあるカフェバスのコーヒーを堪能してみた
  7. ロベックスジュース自由が丘で健康、ヘルシーなスムージーを飲む【閉…
  8. 自由が丘のスタバは激レア!?地域密着型コンセプトショップの秘密

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP