和・洋・中

【桃マーク】久しぶりにバーミヤンで食べた餃子が想像以上にうまい件

もものマークが目印のバーミヤン

 

バーミヤン・・・

もものマークであまりにも有名な中華を扱うファミリーレストランだ。

スカイラークグループの一つのブランドであり、私がこよなく愛する「中華」を手軽に味わいたい時によく利用する。

一番注目すべきメニューは言うまでもなく、餃子

餃子の王将(是非自由が丘にも!!)もそうだけど、200円ちょいという価格で最高のクオリティ、これ以上のものはいらない。

金のない学生時代は、餃子にビールだけあれば他に何もいらなかった・・・

ちょっと大袈裟な感じになってしまったが、それくらい美味い!! 

ホントにうまいんだからしょうがない。

 

たまたま会社帰りにこの桃のマークを見かけて、「最近行ってないなー」と・・・

自由が丘にもバーミアンはあるんだけど、住んでからはほとんど行くことはない。

かみさんが夕飯作る気力がなくなったとき、休日のランチに何が食べたいか分からなくなったとき、娘のリクエスト、そんな時くらいしか行かなくなった。

 

この日はかみさんのやる気がゼロの日だったので、帰りはチャチャっと済ませようと自由が丘のバーミヤンへ行ってきた。

 

スポンサードリンク

バーミヤンについて軽く説明

バーミヤンの象徴であるもも

説明するまでもないんだけど、改めてバーミヤンについて語らせてほしい。

バーミヤンは1986年に1号店を出店させているので、来年はオープン30周年を迎える。

2005年には全国都道府県を制覇、店舗数は745店舗(Sバーミヤン含む)まで膨れ上がる。

 

チェーンの中華レストラン = バーミヤン

 

象徴的なもものマークとともに、全国的にメジャーな存在になった。

その後は不採算店舗を閉鎖、店舗数は374店舗と約半分まで減ってしまった。

基本的に関東圏に資源を集中させたんだろう。

 

九州や東北地方にはすでに店舗がないのが、少し残念だ。

 

 

 

バーミヤン店内の雰囲気

バーミヤン自由が丘店内

途中から高級志向を目指したからなのか、意外とそんな装飾の店内はファミレス感をあまり感じない。

綺麗な店内は、昔(10年以上前)地元のバーミヤンに行った時とはまったく違った光景だった。

 

IMG_4049

中華っぽさを感じるし、値段は手ごろだし雰囲気は嫌いじゃない。

何より気軽にポンッ!!できるのが最高。

下町育ちの私には、こういう感じの方が落ち着くのだ・・・

 

IMG_4046

 

10年前に来た時とはホントに変わったな・・・

今の方が良いけどね。

 

スポンサードリンク

うまい餃子を食べる!!

IMG_4041

注文を済まし待つこと10分、ついに餃子がやってきた!!

うちのこども達も餃子は大好きだ。

 

とりあえず、1個口に入れてみた・・・

 

美味い

 

こりゃ、うまくて箸が止まらないな・・・

6個/239円(税別)、12個/449円(税別)

1個当たり38~40円と早い、安い、美味い。

どこかの牛丼屋のキャッチコピーのようだが、たまに食べるからそう感じるのか。

空腹だからなのかは分からない。

 

ただ、ここんちの餃子がうまいことには変わりない。

 

 

まとめ

もものマークが目印のバーミヤン

もものマークが目印のバーミヤン

やっぱり久しぶりに食べた餃子は美味かった。

自由が丘で3大中華料理店、そのた中華料理を食し、味の肥えた私の舌をもってしても揺るぎない美味さだった。

自由が丘の3大中華料理店このランチ対決を制するものは?!

 

最後になんでバーミヤンのブランドアイコンは「もも」なんだろう?

深い意味でもあるのだろうか?

桃は中国では縁起物なんだよね。

中華料理の基本思想である「医食同源」にちなみ、不老長寿の象徴であり世界的にも通用する「もも」を顧客と会社の繁栄を願いトレードマークとしている。    引用元:ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

それに桃の木は「人が集まる木」として知られているから、ももを取り入れたんだろう。

 

それよりも、何で「バーミヤン」なのか?

疑問は広がるので調べてみると・・・

「バーミヤン」の由来は、シルクロードの中心地にあったアフガニスタンの古い都市の名前。
シルクロードを渡る隊商の休息の地、東洋と西洋の文化の交流の地として栄えていた事から、「世界をクロスオーバーさせた新しい中華料理を届けたい」という思いを込めて名付けられた。

引用元:ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

 

こんな深い意味があるとは思わなかった。というより、どう考えても後付感がハンパ無い。

でもクロスオーバーロックと同じで、異色のものを組み合わせて新しいものを作る。

バーミヤンの餃子の美味しさは、こんなところにあるのかもしれない。

スポンサードリンク

 

アクセス

バーミヤン自由が丘駅前店

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-13-10

    山田ビル2F

電話:03-5731-6036

営業時間:10:00~2:00

定休日:不定休

業態:中華料理チェーン店

関連記事

  1. カフェドイシス自由が丘店① 【お祝い】カフェドイシスは自由が丘にある隠れ家的レストラン!【何…
  2. 洋麺屋五右衛門自由が丘店 洋麺屋五右衛門のパスタは安定感抜群!自由が丘店レポート
  3. 洋食亭ブラームス自由が丘店 洋食亭ブラームスは昔懐かしい味が体感できる良店!【自由が丘店】 …
  4. 魚臣看板 【激安】回転寿司は一皿130円~の自由が丘魚臣(ぎょしん)がおす…
  5. 先斗入ル自由が丘店入口 自由が丘で和風パスタランチするなら先斗入ルに決まり!!
  6. まんぷく自由が丘店入口 焼肉まんぷくで土日ランチをした感想は?【自由が丘店】
  7. いちばんや いちばんやは無添加で一番身体にやさしいラーメン屋!!【自由が丘】…
  8. ナポリス自由が丘店 ナポリスで気軽にランチ!コスパ重視のピザ専門店!【自由が丘】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP