ファッション

Magnu(マヌー)バッグの使いやすさが最高な件【RAWLIFE購入】

IMG_1993

世の中のひとが、普段どのような鞄を使っているか気になるのは私だけ?

私はバカがつく程の洋服好きである。

 

中学2年生の時に覚醒してからというもの、この間38歳を迎えるまでに

 

1000万円は投資していると思う。

 

結婚してからは、自由に使える金額に限度が出来てしまったため、この7年位は新しい服を買う機会は減った。

 

なので実質17年間で使った金額といえる。

 

1000万円が多いか少ないかについては、育った環境にも関わる部分なので判断出来ないところだが、一般的に見ればかなり高い水準だろうと自認している。

 

今回は、洋服バカの私が去年の1月に買ったマヌーという鞄について紹介させていただきたい。

スポンサードリンク

鞄購入までの経緯

この鞄に出逢ったのは一昨年の11月に近所を散歩していたときだった。

年末クリスマス商戦を迎える時期ということもあり、休日の自由が丘はカップルや家族連れで賑わっている。

 

そんな中、会社の部署が変わり比較的カジュアルな格好でもOKと勝手に判断した私は、今まで愛用していたブリーフケースにしばしの別れを告げ、新しい鞄を購入することを決めていた。

 

新しい鞄を購入するにあたり条件としては、トート型であること、を使用してること、プライスは50,000円台この3つの基準を満たすものをターゲットに定めたのだ。

 

何処の店に何があるかは、過去の経験よりおおよその予測は出来る。

 

まずは、渋谷・銀座・新宿辺りのセレクトショップを探索するも、最終的にシックリくるものが見つからない。良いなと思ったものもいくつかはあったが、「何かが足りない」のだ。

 

その何かが見つからない。頭の片隅にその「何かが引っかかったまま気が付けば、2週間が過ぎていた・・・

 

Magnu(マヌー)との出会い

たまたま自由が丘を散歩していた時に一軒のセレクトショップに入った。

お店は自由が丘のRAWLIFE、そこに私の「何かを解消してくれる一つの鞄に出逢ったのである。

このときの心情を言葉で説明すると「その時歴史が動いた」に近いものがあるかもしれない。

大袈裟な話に聞こえるかもしれないが、そのくらいのインパクトを私に与えたのである。

 

IMG_1939 IMG_1993

一目見て「コレだ!!」という感覚があった。

人は見た目が9割という話をよく聞くが、鞄も見た目が9割と言えるかもしれない。

 

このRAWLIFEという店は店内が狭いため、少しでも興味がありそうな素振りを見せると店員が近寄ってくる。

いつもであれば軽くあしらうところだが、この日に限っては情報を引き出すため、色々話を聞いた。

店員からの情報で、magnuは見た目だけでなく潜在能力が物凄く高いということが分かった。

何よりも、magnuのボディに使われている革は、ドイツのペリンガー社から仕入れているものを使っているらしい。

 

ペリンガーといえば、欧州きってのトップメゾンが使用していることで有名、

かのエルメスも同じ革を使って革製品を作っているということらしい。

 

製造は物造り大国日本の横浜で生産をしている、

文字通りmade in japanなのだ。

 

IMG_1769
このクオリティ高い革はシュラケンカーフと呼ばれ、社長自らが仕入れを行い、南仏にて原皮を一枚一枚丁寧に鞣し、時間をかけて染色することで皮→革へ変貌を遂げる、

要は手塩にかけて育てたこだわりの「」なのだ。

革表面にある独特のシボ感についても、特殊な鞣し剤を使うことによって出来上がる。

場所によって大きかったり、深かったりするこのシボ感が味の一つになっているのだ。

 

トート型、革製と2つの条件を満たしている。

最後の条件である価格が気になるところ、ここまで順調に来ている中、

心の中では「50,000円台であってくれ!!」そう叫ばずにはいられない。

恐る恐るプライスカードを見て見ると・・・

 

 

「105,000円(税抜)」

 

 

やっぱりそうか・・・

 

物事はそう簡単には問屋は卸さない。

銀行残高14,082円の私には簡単に購入出来る金額では無かった。

 

その後も会社の帰りや、休日に店に立ち寄ってはため息をつく日が続いた。

完全に惚れてしまったのだ

 

手に入れるためには方法は一つしかない。

我が家の財政の全てを握っているかみさんに相談するしかない。

というより、それしか直ぐに手に入れる方法がないのだ。

彼女の機嫌の良い日を見計らって、作戦を決行することに決めた。

 

その作戦とは、

 

「おまえも何か買っていいからさ!!」の一言である。

 

何の策にもなっていない。

ほぼ無策と言わざるおえない中、もう我慢の限界を通り越した私は、物思いに耽った表情で彼女に伝えたのだ。

スポンサードリンク

ついにMagnu購入!!

「どうしても欲しいものがあるんだけど、買っていいかな?」

 

天皇に直訴状を手渡した時の田中正造のごとく勢いにまかせ固い購入意思を伝えた。

いつにない真剣な眼差しで彼女を見つめ、どう出てくるか次のリアクションに身構えた。

 

彼女の反応は

いくらなの?高いんでしょ?」

一瞬で確信を突かれた。

 

マヌーの素晴らしさを如何に説明しようが、ものを見ないとなんとも言えん、とまるで経営者のような回答に次の休日に見に行くことでこの日の話は終了。

休日にかみさんとRAWLIFEに行き、物を見てもらった。かみさんから出た一言は「向こう2年間は誕生日もクリスマスもバレンタインも無しね」まるで子供に言い聞かせるような一言だ。

 

渋々ではあるが何とか了承を得、ついに手に入れることが出来たのだ!!

 

Magnuの使いやすさ、そしてダメなところ

IMG_1770

頑丈

やっとのことで手に入れたMagnu、かれこれ1年半近くほぼ毎日のように使い倒したが一向にヘタれる様子は見せない。

欧州随一の革を使用しているのは、やはり伊達ではなかった。

このMagnuの特徴はその外観もそうだが、何より耐久性が素晴らしい

私は気に入ったものは、手入れをしながら使うような人間ではないので、毎日雑に扱ってしまう方だ。

そんな使い方を続けても目立ったキズ一つ見つからない

その私の過酷な使用環境においてもこの鞄の堅牢性は証明出来ている。

 

なんでもぽん!!

IMG_1761 IMG_1765

感覚的な表現で申し訳ないが、出掛けに必要なものをポンポン入れてダッシュで飛び出す。

そんな人間にうってつけのアイテムだ。

高さは32cmあるのでいくら入れても入りきらないということは、滅多にない。

 

普段の仕事使いの際にはノートPCも余裕で入るし、何かと便利この上ないのだ。

通常付属品で中の仕切りが入っているのだが、意外と使い勝手が私にとっては良くない。なので別途保管している。

 

IMG_1767

マチは15cm、幅は43cm、とにかく広い

 

「今日はこれ持っていこうかな・・・?」

 

そんな時は迷わず突っ込めばよいのだ。

 

弱点

この惚れ込んだ鞄にも当然弱点はある。下記に示していこう。

IMG_1766

持ち物が少ないときには自立しないのだ。

 

柔らかいけど自律するという謳い文句は、少し違うのではと感じる。

ものがある程度入った状態でmagnuは存在感を示すのだ。

 

当然、ものが少ないときは軽くて良いのだが、何気にあんまり荷物を入れてない状態でも思いと感じる。

革カバン全般に言えるウィークポイントだとすれば、それほどのマイナスにはならないだろう。

 

IMG_1771

何よりの弱点は、パイピングにある。

どういうことかというと、このパイピングしてある部分はとにかく硬いので満員電車に乗っている際に、すねにコツコツあたるのだ。

 

これが結構痛いのと、周りの乗客に迷惑になっていないか内心ドキドキしてしまう。

 

最後に

惚れ込んでかった鞄だけにダメな部分はあまり気にならない。

何よりも頑丈なので、どんなに雑に扱おうが放り投げようが、キズ自体も付き難い。

長い時間掛けて「キズ」も「味」に変化していくことだろう。

 

一回り小さいレディースモデルもあれば、オレンジ・ターコイズブルーといったヴィヴィッドな色の展開も行っている。

取扱はRAWLIFE、B’2nd、AVILEX等に置いてあるので、気になる方は一度行ってみることを強くオススメする。

自由が丘で「30代男」が納得出来るセレクトショップはどこ?!

 

スポンサードリンク

アクセス

名  称:RAWLIFE(ロウライフ) 自由が丘
住  所:〒150-0035
     東京都目黒区自由が丘1-89

               自由が丘駅南口徒歩2分

 

電話番号:03-3725-4608
営業時間:11:30~20:30
定 休 日:不定休
業   態:アパレル(メンズ)

関連記事

  1. kindal店前 自由が丘のブランド古着屋kindalで不用品を買取してもらった結…
  2. LE DICOの看板 自由が丘のセレクトショップLE DICOは買物難民を救う斬新なセ…
  3. ジャーナルスタンダード自由が丘新店舗 ジャーナルスタンダードの新店舗が自由が丘IDEE前にオープン!!…
  4. tree of heartの看板 自由が丘の雑貨屋さん?『tree of heart』は世界の実力…
  5. BINGO店前 自由が丘で最大規模の古着屋!アメカジ好きはBINGOに行くべし!…
  6. CORNERS自由が丘 おしゃれなメンズ・レディーススポーツウェアは自由が丘CORNER…
  7. green label relaxing自由が丘店 【日本初の路面店】green label relaxingが自由…
  8. キャスキットソン自由が丘 花柄デザインが素敵なキャスキッドソン自由が丘店でプレゼントを選ぶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP