プロフィール

管理人yu-hiroプロフィール

何色にもなれる色鉛筆

東京都下町出身

 

自由が丘に引っ越してから8年が経過した。娘が産まれ、息子も産まれ、家族4人と毎日を楽しく笑顔で過ごせていると思う。

自由が丘なうを開始して早1年半、色々なことがありすぎてここには書ききれないけれども、自分自身を振り返る備忘録としての意味も含め綴っていこうと思う。

そして、それがそのまま私のプロフィール紹介にもなるしね。

スポンサードリンク

簡単な略歴

住んでる時は分からなかったが、意外ともんじゃで有名な東京都○○区の下町に生を授かる。家は自営業をしていたので、両親はいつも自分の近くにいる存在だった。

大学も都内だったので、実家暮らしは大学卒業まで続くことになる。大学卒業後に就いた仕事の関係で群馬県へ引越すことになり、生活が一変する。

初めての田舎暮らしということもあり、東京の便利さを改めて身に沁みて感じることになった。その1年後に群馬から埼玉へ移動、これがまた山奥でより自然を感じられる地域へとばされることに。

山の横みたいな環境だったので夜中に公道で鹿やタヌキに遭遇することも珍しくはないような地域だった。

 

その会社で3年働き思うところあって退職、新たなチャレンジをするべくまた東京へ戻ることになる。戻ってから感じたことは、久しぶりに乗る満員電車内の『居場所の無さ』感だった。

都会育ちと言えども3年も田舎暮らしをすれば、生活スタイルもスローになるしね。車移動だったので、この電車の不自由さに慣れるまで結構な時間がかかった。

 

実家の家業を手伝いながら、かれこれ2年間にわたり新たなチャレンジをするも結果が出ず、家業も下り坂になりいよいよ焦る。

心機一転なぜかサラリーマンに憧れをもち転職活動の末に入社したのが現在のブラック企業だった。

あれから10年が経過しようとしてる・・・ あまりのキツサに3ヵ月で辞めてしまうだろうと思っていたが人間の環境順応能力は素晴らしい。

 

そもそも何で『自由が丘なう』を始めたのか?

最近取材に行くと皆さんに聞かれるようになった。なんでこのサイトを始めることになったのだろう?

理由は2つある。

 

1つ目の理由はぶっちゃけて言えば、会社に依存せずに生きていけるようになるためだ。

 

私の本業はブラック企業に勤めるサラリーマンであり、朝7時に家を出て帰宅するのは23時-24時と日付をまたぐこともザラな平日を送っている。

ついこの前、人生の折り返し地点だと思っていた40歳になってしまった。本業は厳しいけれど、それが嫌というわけではなく起業へ向けた経験だと捉えている。

ただ、年齢的にまた体力的に今の仕事を継続するには辛いところがあるのは事実だし、会社に頼らず自分で生活するということが2年前に立てた目標でもあった。

 

会社に頼らず生活すると言っても何をどうやるのか?

 

ここがはっきりしない人がほとんどじゃないかとも思う。自分がどんなビジネスモデルで継続的な収入(売上)を上げていくのか?ここがぼやけたままだった。

それは私も同様で「何で生活する糧を作ろうか?」ここをずっと考えていた。でも頭もそんなに良くないし、それ以上に日々の業務で擦り減っていく疲れた頭では良いアイデアも出てこない。

とにかく毎日が忙しすぎて、疲れ過ぎて、気持ちにも余裕がなくて・・・ そんな時に気付いてしまったのは自分の人生について何も設計図を描いていなかったこと。

 

37歳の10月に超絶真面目に自分のなりたい姿を考えてみた。はじめて設計図を書き始めたわけだ。当然書き方なんて何にも分からない。でも書いてみようと思った、同時になりたいものになるために何をするのかを真剣に考えた。

こんなことを真剣にノートに書いたことなんて今までの人生であっただろうか。思えば私の目標と呼べるものは、良い大学に入って女の子にモテることが最終ゴールだったのかもしれない。

なんて陳腐過ぎる夢だったんだろう・・・恥ずかしくて顔から火が出そうだ。

とりあえず、この当時も馬車馬のように働きずめだったので少しは余裕のある40代を過ごしたいと思った。時間的な余裕を最優先させること、家族との時間を確保することを最優先事項にすることに決めた。

 

全然具体的な項目に落としこめていけなかったものの、自分のこれからの人生が朝から晩まで働いて終了になるのは嫌だとはっきりと紙に書いたわけだ。

でも、いっこうに何がやりたいのかは分からなかった。分からないなりにも自分がなりたいものについては意識していくようになった。

 

そんな時に目にしたのがWEBマーケティングだった。インターネットを利用したビジネスの中でも、お店を持つことに比較すれば初期費用も0みたいなもんだし。

だったら、WEBマーケティングの技術を身に付けようというシンプルな発想でスタートしたのが『自由が丘なう』だったわけだ。

 

理由の2つめは当たり前ではあるが自由が丘という街に住んでいたということが大きい。

 

休日になる度においしいお店に行ったり、家族で近所を散歩したり・・・そんなことを繰り返すうちに、自由が丘という街の魅力に完全に憑りつかれてしまった。

特に南口マリクレール通り周辺緑道にいたっては、初めてかみさんと待ち合わせしたときにこんな素晴らしい街が日本にあるのか!!と素直に体感した次第である。

住みたい街ランキング上位に位置する理由が分かった気がする。こんな素晴らしい街に住めることだけでも十分に満足だった。

こどもが産まれたことも大きい、それはなぜかと言うと子連れだと動ける範囲が限られるからね。そもそも子供を育てるのも初めてだし色んなところで困るわけだ。

 

WEBで調べてお店に行ってみるも、情報と違うことが多かったりするものも多くあまり役に立たないものも多い。

 

『本当に自分で体験したことを書いてんのか?』

 

と思う記事が圧倒的に多かった。そんなものにリアリティはなく、引用した画像を貼ってるだけじゃないか。そんな思いが頭をよぎる。

だったら自分が経験した内容をブログで紹介していけば良いのか。自分が思ってること、経験した内容を記事にして発信していこう。それがマーケティングデータにもつなるだろうし。

 

偉そうなこと言ってるけど正直ここまで継続できるとも思ってなかった。初めは数十しかなかったアクセスが日に数千を超えるようになってきた。

ここまできたら後には退けない。このままどこまで伸びるか徹底的に実践するのみ・・・

人ってふとした思いがけないことがきっかけで、人生が劇的に変わることがあることを証明したいと思う。

 

 

今後の展開

自由が丘なうを始めて早一年半が過ぎ、自分が思っていた以上にサイト訪問者が多くなったこと、実際にお店を経営されている方から取材の依頼等も増えそれが嬉しくもあった。

それと同時に、まだまだやれることが多いということも分かってきた。基本的に自由が丘の街はお店の入れ替わり、立ち代わりがとても速い。

 

自由が丘でお店を出している人達に何かお手伝いが出来るのでは?

 

昔からある老舗と、若い人が経営していながら、キラリと光る商品を揃えていたりするお店の両方が存在する。小さなお店が点在する、自由が丘の街の魅力なのかなと思っている。

このお店を散策するというのが自由が丘の街最大の魅力だとも思っている。

 

ここ数年でその状況も大分変ってきたように思う。電車で10分圏内に二子玉川や武蔵小杉などの大型商業施設を備えた地域が台頭してきた。

これに対抗しているのか分かんないけど、近年自由が丘の街にもフラッグシップになるような大型店舗の出店が多い。『自由が丘ブランド』が箔を付けることにつながるから?

 

小さくても、キラリと光る商品をラインアップしていながら、誰にも知られることなく閉店していくお店

 

自由が丘に住み始めて8年経過するけど、まだまだ知らない名店が多いし、実際に取材して分かる良いお店もあるんだなと最近しみじみ感じるようになった。

何だか『街の良さ』を潰してしまっていないのだろうか?

 

『自由が丘なう』はまだまだ小さい器でしかないけれど、伸びしろが大きいメディアであるとも言える。枠組みを作っていないので、面白そうな企画であれば率先してやっていこうとも思ってるし。

この2年間、本業のかたわらひたすら勉強してきた。プライベートな時間はすべて勉強のために費やしてきたと言っていい。そしてほとんど眠らずとも生きていける術を身に付けたのだ!!

そう、まるであの皇帝ナポレオンのように・・・

というのはウソです。はい・・・毎日電車で立ち寝する日々が続いている。ただ、その甲斐あってか最近メキメキと結果が目に見えるようになってきた。

真っ暗闇なトンネルから光が差し込むような感覚に近いかもしれない。

 

今まで言ってなかったが、私はこのサイト以外にも複数のメディアを持っており数十万アクセスを集めるメディアに育てあげている。

今はWEBでアクセスを集めたり、コンテンツを作成することが大好きだ。どちらかと言うと今はライターの比率の方が高いが、時間があればもっとコンテンツを充実させたり、新企画を打ち出していきたいとも思っている。

 

詳細についてはもう少し準備が出来次第ご案内していきたいと思っているが、いつ頃になるかはまだ明示できない。ここは気長にお待ちいただければと思う。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP