『自由が丘なう』の歩き方

本サイトの目的は、自由が丘に遊びに来る方へ向けて、街のホットスポットや新店情報・イベント情報などを紹介する自由が丘の総合情報サイトを目指している。

自由が丘という街の魅力を、もっと多くの方に知ってほしいという想いからスタートして早いもんで6年目に突入した。

 

・小さいお子さんがいるファミリー

・デートを目的とした20~30代の男女

・とにかくおいしいものが食べたいグルメな方

・雑貨店やカフェ巡りが好きなひと

・スイーツ好きの男女

・純粋にショッピングを楽しみたい人

・ママ友同士でランチ会

 

老若男女に自由が丘は人気が高い街なのは言うまでもなく、訪れる人は年齢・性別ともに様々。

訪れる人達が満足することができる大小素敵なお店がいっぱい集まった街。

それが自由が丘の魅力なんだ。

 

本記事は自由が丘のまとめの役割を果たしている。

用途に合わせた記事へのリンクが貼られているので、まずはここからスタートすれば目的に合ったコンテンツにたどり着けるだろう。

スポンサードリンク

自由が丘はどんなところ?

自由が丘と言って何をイメージするだろうか?

 

・お金持ち

・オシャレ

・高級、おとなの街

・スイーツ

 

こんなイメージがほとんどなのではないだろうか?

この辺については、以下記事にまとめているので参照してもらえるとイメージがより深くなると思う。

>>>住みたい街ランキング上位の自由が丘について、その理由を考えてみた

 

初めて来た人には、どこに何があるのか?

そう全体像が分かりずらいと思うので、まずは自由が丘マップをみていただき、おおよその場所を見たうえで動くのが良いかもしれない。

ただ残念なことに地図は結構見にくいけど・・・

>>>自由が丘マップ

 

自由が丘は『スイーツの聖地』

スイーツフォレストなる施設があるくらい、自由が丘にはスイーツの名店が集結している。

この『スイーツ王国』に出店して生き残ったお店は、全国どこへ行っても通用するお店と呼べるだろう。

 

自分の力を試す場所としては、この自由が丘という場所がまさにうってつけなのだ。

>>>スイーツフォレストとは「スイーツ王国」自由が丘を代表するスポット

 

『自由が丘=スイーツ』の図式を決定的なものにさせた辻口シェフのモンサンクレール他、名店を厳選している。

お土産に是非活用していただきたい。

>>>【厳選4店】筆者おすすめ自由が丘のスイーツお土産!

 

スイーツとは洋菓子だけではない。和菓子だって立派なスイーツだ。

和菓子の名店が多いのも自由が丘の特徴なのかもしれない。

>>>自由が丘の和菓子店のうち人気の3店をまとめてみた!!

 

極上の自由が丘ランチ

自由が丘といっても、奥沢や九品仏・緑が丘など近隣地域を含めるとかなり広い範囲にまたがる。

そして普通に美味しいお店があちこちに点在しているのも特徴かもしれない。

一見するとただの豪勢な民家じゃないかと思われるところが、隠れ家的な名店だったりするのも珍しくない。

そんな自由が丘のランチ事情については、この記事にまとめているので参考にしてもらえると幸いだ。

>>>自由が丘のランチはここで決まり!筆者おすすめ厳選32店!!

 

有名セレクトショップの旗艦店も集う自由が丘ファッション

ここ最近になって立て続けに大型店舗の展開が多い自由が丘のファッション事情。

特にこの2年くらいの間に起きた、巨大資本による大型店舗の出店ラッシュに、今後も目を離すことが出来ない。

ショッピング好きなオシャレな女子には堪らないだろう。

>>>自由が丘の大人向け女性ファッションについてはこの14店舗で決まり!!

 

ここまではレディース目線で話を進めてきたが、メンズにとっても十分に魅力ある商品がラインナップされているのが自由が丘の魅力なのだ。

デートのついでに彼女に付き合ってもらい、コーディネートについてあれこれ言い合うのも楽しいと思う。

>>>自由が丘で「30代男」が納得出来るセレクトショップはどこ?!

 

何気に子供服が充実している自由が丘

オーダーメイドに対応しているフォーエヴァーリアン、海外で人気のトレンドブランドの子供服が販売されているグラマラスシュガーなど。

子供服店も充実してるのが自由が丘の素晴らしいところ。

カジュアルから、お受験に対応できるファミリア等のきれいめまで全てが揃う地域と言えるだろう。

 

子供服については、以下記事に最新の情報をまとめている。

用途に合わせてお店を紹介しているので、きっと参考になるものがあるはずだ。

新たしいお店については、随時アップデートしていく予定だ。

>>>自由が丘でおしゃれな子供服を買うならこの11店へ!TPO別紹介

 

個性豊かなお店が多いライフスタイル提案型ショップ

自由が丘は雑貨の街と言っても過言ではないだろう。

お店の大小に関わらず、どのお店も魅力的。

 

インテリアやライフスタイル、ファッション、カフェを併設している大型店舗のToday’s SpechialやIDEE、ACMEなどはこの地域で見なくても大型のお店。

旗艦店が多いのも自由が丘の特徴かもしれない。

 

自由が丘に昔からあるホッチポッチは安定感がある品揃えで人気が高く、最近ニューオープンしたカウニステなどは今後も注目度の高いお店だと思う。

大小の店舗が点在するなか、それを散策するのが自由が丘をぶらり歩きする楽しみ方の一つなんだ。

>>>自由が丘のおすすめ雑貨屋さん19店をマップ付き紹介!!

 

大型店舗が多いインテリアショップ

インテリアをメインで見たい人にはこちらがおすすめ。

西海岸カルチャーが色濃く出てるお店が多い気がする。この辺は流行に則しているのね。

インテリアやライフスタイル雑貨を取り扱うお店が異常に多いのが自由が丘の特徴なのさ。

 

IDEEやACME、フランフランなどの大型インテリアショップだけでなく、小さいが個性的なお店が点在しているのも自由が丘最大の魅力と言ってもいいほど。

見ておくべき店舗はすべて集約してあるので、こちらの記事を参照しておけば間違いないと思う。

>>>自由が丘で家具を揃えるならこの7店!おすすめのインテリアショップ

 

おしゃれなカフェが多いのも自由が丘の強み

12時集合、ランチを食べた後にウインドウショッピングも一通り終わった。

さすがに15時を過ぎると少し休憩したくなる。

そんな時におすすめなカフェを何店か紹介させていただこう。

 

土日に人気のカフェに入るのは、時間によっては相当待つことになると思う。

なので、100人収容できる規模のお店や自由が丘らしいものも含め、総合的にピックアップしているので参考にしてもらえれば幸いだ。

ベビーカーでも入れるお店も多いので、子連れママさんも利用できるお店も結構あるよ。

>>>自由が丘のカフェならこの26店!住人yu-hiroが選ぶ厳選人気店

 

基本的にここで挙げたカフェは軽食を意味するものと、パンを中心としたベーカリーも含めたものと定義している。

まだまだ更新中なので、今後も情報は増やして行く予定だ。

スポンサードリンク

自由が丘の名所・おしゃれスポット

ここってイタリー?

そんな場所もあれば、南フランスをイメージしたメイプルファームなど、さすがにおしゃれスポットが多数存在する自由が丘。

名所まとめはしてないにせよ、この辺を回っておけば的な場所をまとめておくことにしよう。

 

自由が丘のヴェネチア『ラヴィータ』

ラヴィータ

ここが自由が丘のヴェネチアと呼ばれるラヴィータ

ゴンドラも兼ね備えた空間は、一歩入れば異国情緒を感じられる場所なのは間違いないだろう。

>>>「自由が丘のヴェネチア」というよりも迷所?!ラ・ヴィータとは

 

南フランスをイメージしたメイプルファーム

メイプルファーム

自由が丘で南仏を作りたいと思ったかは定かじゃないが、トゥモローランドの社長が作ったというよりも敷地内にトゥモローあるし。

こここそ最も自由が丘らしいスポットと呼べるのかもしれない。

去年ベアバーガーがオープンして、日々賑わいを見せているがこの一区画こそが『おとなの街』を一番表現出来ているように思える。

そんな自由が丘の南フランスでのんびりした休日を過ごすのも悪くはない選択だろう。

>>>自由が丘の「南仏」メイプルファームでランチも買物も楽しむ!!

 

何かにすがりたいときにピッタリな熊野神社

何気に自由が丘は自然も多いのだ。

その中心にあるのはやはり熊野神社かな。ここにくると不思議と心が落ち着くし、癒される。

ラヴィータのすぐ近くだから、お参りして帰ると心も身体も浄化された気分になる。

我が家では一年の始まりと、一年の終わりにはここをお参りするのが日課となっている位、生活に密着した場所なのだ。

>>>自由が丘熊野神社は普段の喧騒から離れ、自分を見つめ直す場所

 

自由が丘のお祭りは9月にある。

この熊野神社の敷地一杯に屋台が出店されるのは見もの。夏の風物詩の一つだね。

>>>【大盛況!!】自由が丘にある熊野神社の祭りで屋台を堪能する 2015

 

ドラマやCMでもよく使われるマリクレール通り周辺緑道

私が愛して止まない自由が丘で一番好きな場所がマリクレール通り周辺緑道だ。

平日・休日関係なく、この場所でコーヒー買って飲むのが一番の憩いの時間。

 

自由が丘に移住を決めたのもこの緑道があったからと言っても過言でない。

そのくらい私の生活に密着しているし、心が落ち着く場所でもある。

これは私じゃなくても、ここを訪れた人なら誰でも同じ意識を感じてもらうことが出来る場所だと思っているのさ。

 

だから、自由が丘と言えば一番に浮かぶのはこの場所なんだな。

>>>自由が丘で一番の人気スポット、マリクレール通り周辺で人気のおすすめ13店紹介!!

 

『雑貨・スイーツ・ランチ』何でもありのトレインチ

トレインチは自由が丘南口改札から徒歩1分のところにある商業施設。

一時期はゴーストタウン化していたが、2017年8月のリニューアルに伴い、また活況が見られるようになってきた。

開設当初から人気のある雑貨店のワンズテラスや、出来たての美味しいパンが店内でも食べられるブランジェ浅野屋、最近は予約せずにカットできるFASSなど様々なお店が入っている。

自由が丘のメイン商業施設の一つなので、是非立ち寄ってみてほしい。

>>>自由が丘トレインチがリニューアル!とにかくコスパが良い店が集結!

 

女神祭りは50万人集客の自由が丘最大のイベント

自由が丘の街自体は小さいのに、イベント時に集客する人間の数は街のキャパを大きく超えている。

これだけの人数を集めておきながら、大きなケガに発展しないのが不思議なほどだ。

 

その中でも一番大きなイベントと言えば、毎年10月に開催される自由が丘『女神祭り』になるだろう。

 

開催期間はたったの2日間なのに、集客する人間の数はなんと50万人

駅前だけでなく細い路地通路は普通に歩くのもままならないほどになる。おかげで小さい子連れのママさんなんかはベビーカーで通る事が出来ずに行きたい場所にも行けなくなると・・・

 

このお祭りがあるときはいち早く午前中から楽しんで14時位に帰るのが一番楽だ。これは子連れに言えることだけどね。

メジャーなアーティストや著名人も多く集まるので、街中が一番忙しくなるのもこの時期なのだ。

>>>女神祭りは50万人が自由が丘にやってくる1年で一番熱いイベント【2016】

>>>【自由が丘】女神祭り最終日を楽しむ!!【2015】 

 

自由が丘にお店を出したらお声かけ下さい!

以前より『取材依頼募集中!!』の項より取材の依頼をいただくようになった。

初めは、このブログを訪れた人が「あの店の雰囲気について知りたい」「こども連れでも大丈夫?」などの内容が多く寄せられてた。

ここ最近は、自由が丘にオープンしたてのお店の方からもチョイチョイとお問合わせをいただくようになった。

 

これからは取材をさせていただいたお店については、その魅力を存分にお伝えするため一つのコンテンツにすることに決めた。

『取材依頼をしたお店』カテゴリーを設置して、実際に取材したお店についてまとめるようにしている。

>>>北欧ファッション・雑貨はカウニステへ!日本は自由が丘店のみ

 

自分のお店を取り上げてほしい方は、取材依頼募集中!!フォームより問い合わせいただきたい。

 

まとめ

自由が丘なうにお越しいただいた際には、是非このページを有効活用していただきたい。

また、要望も当然受け付けているのでもっとこうした方が良いなど、ご意見いただけると更新の励みにもなるので気軽にお問い合わせ下さい。

このサイトが皆様に少しでもお役に立てれば幸いだ。

 

以上、長文になりましたが引き続きご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

PAGE TOP