スイーツ

自由が丘にある和菓子店の蜂の屋は「まゆ最中」が人気!!

蜂の家看板

自由が丘の3大和菓子屋と言えば、亀谷万年堂黒船ときて最後に蜂の屋になるのかなと思う。

 
私は甘いものが全般的に好きなのだが、ケーキなどのスイーツよりも和菓子を食べる割合が多いと思う。
 
味というよりも、和菓子の雰囲気が好きなのかもしれない。
 
何か安心感があるというか、主に餡子を使ったものが大好物というだけかもしれない。
 
蜂の屋に限らず、どら焼・大福・団子など、想像するだけでヨダレが出てくる。
 
蜂の家の魅力を紹介していこう。
 
 

スポンサードリンク

 

自由が丘蜂の家とは

蜂の家店内

昭和22年、西暦でいうと1947年創業の蜂の家は、東急線沿線を中心に9店舗を構える和菓子店だ。
 
その中で自由が丘店が本店にあたる。
 
冒頭で紹介したまゆ最中が有名だが、私はどら焼や、苺大福を良く食べている。
 
駅前という好立地にあるため、店内はいつも賑わいを見せ、差し入れや贈答用はもちろんのこと自分で食べる用に買う人も多い。
 
自由が丘に越してきてから実家に帰るのは、年に一回正月だけ。
 
御年賀として、蜂の家のまゆ最中を買って帰るのがここ数年習慣となってしまった。
 
駅から徒歩1分という好立地なところもポイントだ。
 
 
 
 

蜂の家自慢の商品は「まゆ最中」

まゆ最中

毎年実家に帰るときに購入する「まゆ最中」については、うちの母親にも評判が良い。
 
小椋、黒糖、白つぶし、柚子、胡麻と5種類あるので、色んな味が楽しめる。
 
私は正直、この「もなか」というものがあまり好きではない。
 
口の中にくっつく感覚がとても苦手で、蜂の家のまゆ最中を手に取るまでは、あまり口にすることを避けていた。
 
かみさんの実家にお邪魔した際に、初めてまゆ最中を食す機会があり、無下に食べない理由もないので久しぶりに「もなか」というものを口に入れてみた。
 
口の中にくっつくという感覚はなく、思った以上にサクサクとした食感だった。
 
正確にはカリサクというべきか・・・
 
 
見た目からは想像出来ない食感、歯ごたえが良い。
 
一口サイズなため、「あれ?もう終わり?!」という感じ
 
 
何個でも食べられるサイズ感に、1人で6個も食べてしまった。
 
見た目のカワイサと、一口サイズのコンパクトさ、甘過ぎない餡子の加減が絶妙で、最中のカリサクとも調律が取れてる。
 
まゆ最中詰め合わせ
 
最中の色も5種類あるので、箱に入ったときの見た目がとてもかわいい。
 
看板商品な理由がよく分かる。
 
 

スポンサードリンク

意外と人気の商品

黒糖豆どら焼き

どら焼き

隠れた人気のアイテムであるドラ焼きについては、是非食べてもらいたい。

中のつぶあんがしっかりしていて、程よい甘さがあとを引く感じ。

 

生地はフワッフワッなんだよね。

中の餡子がしっかりしている分、生地の味はあまり主張せずにこのくらいがバランスが取れている。

個人的には、今までに食べたどら焼きの中では、確実にベスト3に入ってくる。

 

草団子

団子

この草団子もやめられない味

団子も結局は「餡子」が決め手、みたらしも好きなんだけど、いつもアンコを優先してしまう。

 

草餅の香ばしい香りと、一面に塗りたくられた餡子のマッチ具合が最高なんだ。

この草団子には、きな粉なんかも合うと思う。

しかも、1本110円

 

自由が丘を散歩しながら、団子をほうばるのがイキな自由が丘の歩き方?かもしれない。

 

まとめ

IMG_3884

駅前徒歩1分の角地という好立地なおかげで、とにかくお客さんが多い。

接客自体が悪いわけではないが、どことなく機械的に感じてしまうことも多かった。

お店の商品は、価格が高すぎるということもなく一般的な価格設定。

 

まゆ最中以外にも、和菓子屋なのでカステラや羊羹なども置いてある。

次に実家に帰るときには、この辺を合わせて買って帰ろうと思う。

 

お土産に最適

まゆ最中が入った袋

まゆ最中をいただいてしまった・・・

これはこれで非常に有難いわけです・・・

シンプルな白い袋にまゆの形がかたどられたデザインのもの。

 

箱に入ったまゆ最中

このシンプルなまゆ型の箱がまた良いね。

贈り物としてあげたことがあっても、もらうことはあまり無かったまゆ最中。

食べる楽しみの他に、この目で見る楽しみを叶えてくれるところは素晴らしい。

 

まゆ最中が10個入ってます

開けたらこんな感じにまゆ最中が10個入っている。

開けるのがもったいないが、開けなきゃ食べれないし、とりあえずは1個取り出してみよう。

たべたーい。

 

マウスとまゆ最中を比較する

1個の大きさはこんな感じだ。

マウスよりも3周りくらい大きいといったところか。

簡単に3個くらいはイケてしまう大きさ。

 

まゆ最中

このサイズだから一口でいけちゃう?

いけちゃうね。

以上。

スポンサードリンク

アクセス

名  称:蜂の家
住  所:〒152-0035
     東京都目黒区自由が丘2-10-6     

               自由が丘駅正面口徒歩1分

 

電話番号:03-3717-7367
営業時間:9:30~20:00
定 休 日:不定休
業   態:和菓子店

 

関連記事

  1. ショーケースに並ぶスイーツ 【厳選4店】筆者おすすめ自由が丘のスイーツお土産!
  2. ボンモアンが入っている雑居ビル 自由が丘裏手の焼き立てパイ専門店ボンモアンで最高のパイを食べる!…
  3. 自由が丘ロール店前 渦巻マークの自由が丘ロールは東京屈指のロールケーキで人気のお店!…
  4. ルサルカ入口 ルサルカ自由が丘店のモーニングはパンケーキのおかわりが自由!!
  5. ビーバーテイルズ自由が丘店 カナダ生まれのビーバーテイルズが自由が丘に日本初出店!!
  6. 世界に2番目においしい焼きたてメロンパンアイスを包んだ袋 TVでも話題沸騰のメロンパンアイスがスイーツ激戦区自由が丘に登場…
  7. 和菓子 自由が丘の和菓子店のうち人気の3店をまとめてみた!!
  8. モンブラン入り口 【モンブランケーキ発祥の店】MONT-BLANCカフェで暑さをし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP