スイーツ

御門屋の揚げまんじゅうが美味い!自由が丘店でお土産を買う

御門屋(みかどや)の揚げまんじゅうをお土産に買う。

今年もお盆休みに実家に帰省することにした。今回、かみさんは自分の予定があるということで、私と子供2人でおばあちゃんに会いに行く。

いつもであれば、蜂の家でまゆ最中を買っていくところだが、いつも同じお土産というのも少し芸がない。

今回は駅前の御門屋で揚げまんじゅうを買っていくことにした。

スポンサードリンク

御門屋の揚げまんじゅうはどんな味?お土産にも最適な手頃な和菓子

自由が丘駅前にある御門屋。お土産買うのを忘れてしまった人でも、駅前なのでここで買えばまだ間に合う。

そういえば、何年か前は海苔屋だったんだよなー。

そもそも、お店の名前が読めなかった私・・・御門屋(みかどや)ってきちんと読める人は、実はそんなにいないとも思っている。

 

御門屋は揚げまんじゅう・揚げ餅の専門店

御門屋は昭和27年に創業、主力商品は揚げまんじゅうや揚げ餅を取扱う老舗の和菓子屋さん。

原材料や製造工程に工夫を重ねることで、関東を中心に15店舗のお店を構える。

揚菓子は卓越した職人の技が必要で、とりわけ『材料の選別』『仕込み』『油の火加減』が美味しいお菓子に必要な重要な要素となる。

このこだわりがあるからこそ、さらっと切れ味のよい風味が実現できるとのこと。

 

おすすめは揚げまんじゅう

御門屋さんのおすすめお菓子と言えば、この揚げまんじゅう。

今回の実家への自由が丘お土産は、揚まんじゅうに決めた。

価格:108円(税込)

賞味期限:10日間

原料:小麦、乳、大豆、胡麻

種類:2種(プレーン、胡麻)

この揚げまんじゅうに使われる原料は、北海道産の希少小豆である『しゅまり』を使い、独自の製法で揚げたこしあんの蒸し饅頭なのだ。

 

賞味期限が気になる人は揚げ餅

御門屋の揚げまんじゅうの賞味期限は10日間、パッケージングされたものは9日間なので比較的早めに食す必要がある。

時間的な問題がある人は、揚げ餅をおすすめする。

宮城県産の最高級もち米である『みやこがね』を使い、ふんわり揚げた御門屋自慢の一品。

価格:357円(税込)

賞味期限:55日間

特定原材料:なし

 

御門屋自由が丘店の店内

時刻は10時過ぎ、この午前中の早い時間にも関わらず、結構な人が買いに来ている。

自由が丘駅正面口を出て数十秒の立地は、これ以上無い集客効果があることを実感する。

私と同様に、ここでお土産を買って出かける人が多いということなのだろうか?

お盆の時期が重なったことも大きな要因な気がするが、その辺は定かではない。

 

御門屋の揚げまんじゅうは1個から買うことができる。私は実家へ帰省する際に揚げ餅とセットのものにするか迷ったが、結局揚げまんじゅうのみ20個のものを購入することにした。

20個をパッケージしたものだったので、賞味期限が9日間だったが特に問題が無かったから。

20個の詰め合わせだからディスカウントされるということは特に無い。50個セットとか買ったら、少しは安くなるんだろうか。

スポンサードリンク

揚げまんじゅう20個を購入

とりあえず20個セットを買って、実家へ向かうことにした。

子供たちは、買ったそばから「揚げまんじゅうを食べたい」とうるさかったが、無視して電車に乗る。

いつもはかみさんが相手をしてくれるところ、2人のこどもを連れて出かけるのは初めてのことかもしれない。

普段は一緒にいることが少ないため、一緒にいられることが嬉しい反面、このうるささは大変だなと実感する。

 

揚げまんじゅうを食べる

実家へ帰るといっても、電車で1時間の距離なので帰省感はまったくない。

久しぶりにおばあちゃんに会った子供2人は満足げな様子だった。ばあさんは、私の存在はどうでもよく、孫2人に会えたことが本当に嬉しい様子。

とりあえず買って帰った揚げまんじゅうを取り出し、一緒に食べることにした。

 

1個1個が個装されているので、気兼ねなく1個単位で食べることができる。

この1個当たりの大きさも、食べきりサイズでちょうど良い。

このくらいの大きさが、一番活用用途が広いサイズなんだろうな。

 

胡麻揚げまんじゅうを開けた瞬間に、息子に一口かじられてしまった。

私が1個を開ける前に、すでに1個を完食している。20個あるから人のを食べなくてもいいのに・・・

胡麻揚げまんじゅうは風味がしっかりしていて、食感は確かに油っぽくなくぺろりと食べれてしまう。

確かに美味しい、もう一個だけ食べることにしよう。

 

プレーンなタイプはツルッとした感じ。

やはりシンプルなものは、美味しさも不変なのだ。

2個目も余裕で食べ切れそうな感じ。

 

シンプルに美味しい。

例えるなら、あんドーナツに似た食感かもしれない。近いところを言うとね。

それでいて油っぽさをそんなに感じないのが、揚げまんじゅうの良いポイント。

もう一個と手が伸びてしまうのが、揚げまんじゅうの魅力なのかもしれない。

 

まとめ

自由が丘土産を買い忘れた方は、駅前にある御門屋で揚げまんじゅうを買おう。

今まで揚げまんじゅうを食べたことがなかったが、お土産にするのにピッタリな商品だ。

賞味期限が10日と短いのは、合成保存料などを使用していないので仕方ない。

気付けば4個を食してしまった。

いちど御門屋の揚げまんじゅうを食べてみてはいかがだろう。シンプルな美味しさは、子供受けも間違いない。

おすすめの一品だ。

スポンサードリンク

アクセス

御門屋(みかどや) 自由が丘店

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-29-7

 

電話:03-6459-5552

営業時間:8:30~20:00

定休日:不定休

業態:和菓子店(揚げまんじゅう、揚げ餅他)

関連記事

  1. オリジンーヌ・カカオは自由が丘で3本の指に入るチョコレート専門店…
  2. 自由が丘にある和菓子店の蜂の屋は「まゆ最中」が人気!!
  3. 自由が丘駅前でタルトケーキを食べるならラ・メゾンで決まり!!
  4. 粉と卵でスイーツお土産|スイートポテトが絶品のケーキ屋さん
  5. シャポン日本一号店が自由ヶ丘にオープン!カフェがあるのはここだけ…
  6. ホットケーキとパンケーキの違いとは?親子の絆を取り戻す物語 (前…
  7. ホットケーキとパンケーキの違いは?親子の絆を取り戻す物語 (JS…
  8. 自由が丘のドーナツ事情、何故この土地にミスドが無いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



PAGE TOP