カフェ・ベーカリー

自由が丘の茶工場でフレッシュティー!夏におすすめドリンク

台湾茶葉専門店『茶工場』自由が丘店の店前

 

自由が丘には茶工場という台湾からきたタピオカティーショップがある。

自由が丘駅踏切横にある、大分外観がマシナリーなお店

 

『急速冷却旨味凝縮』

 

こだわりの茶葉の旨味と香りを凝縮する世界発のドリップマシンを有し、最高のお茶を提供してくれるお店。

 

2019年3月オープンなのでかれこれ3年目を迎えるわけだが、その旨味を凝縮したお茶を初めて堪能できたので紹介することにした。

 

自由が丘の茶工場は世界初の旨味凝縮ドリップマシンで最高のお茶を提供してくれる

自由が丘茶工場の店前ガラスから見える茶葉をドリップするマシン

台湾タピオカミルクティーがブームだった一昨年の2019年、自由が丘はそこら中にタピオカ屋が乱立した。

昨年の市況影響を受けて、チャタイムなどほとんどのお店が撤退してしまった。

 

今残っているTHE ALLEY(ジアレイ)、Gongcha(ゴンチャ)は、他の有象無象のお店と比較すればネームバリューが高く、実際にそのお茶の味も美味しい。

茶工場が提供する世界初の旨味凝縮ドリップマシンの出来は本物なんだろうか?

 

自由が丘茶工場にはイートインスペースはない

自由が丘茶工場の店中で店員さん二人が調理している様子

茶工場はイートインスペースがないため、基本はテイクアウトオンリーとなる。

自由が丘駅南口、もしくは正面口から徒歩2分くらいの踏切横にお店があり、人通りはかなりある場所。

 

物件自体がデッドスペース多い場所(△型)のため、その場所を有効利用している感じかな。

イートインスペースがなくとも、近くの緑道ベンチで飲めるから今日みたいな暖かい日には何も問題ない。

 

自由が丘茶工場のメニュー

自由が丘茶工場のメニュー

台湾オリジナルティー

種類/サイズ Grande Tall
冷泡ジャスミン 205 129
冷泡セイロン 205 129
冷泡東方美人茶 205 129
冷泡アールグレイ 205 129
冷泡紅玉紅茶 205 129
冷泡四季青茶 205 129
冷泡烏龍茶 205 129

 

台湾フルーツティー

種類/サイズ Grande Tall
ストロベリー 529
ピンクグレープフルーツ 529
キウイ 529
マンゴーパインパッション 529
パインパッション 529
パッション 529
台湾レモン 529
パイナップル 529

 

台湾オリジナルティー&バブル

種類/サイズ Grande Tall
冷泡ジャスミンティータピオカ 280 205
冷泡紅玉紅茶タピオカ 280 205
冷泡烏龍茶タピオカ 280 205
冷泡アールグレイタピオカ 280 205
冷泡セイロンタピオカ 280 205
冷泡四季青茶タピオカ 280 205
冷泡東方美人茶タピオカ 280 205

 

台湾オリジナルミルクティー&タピオカ

種類/サイズ Grande Tall Small
茶工場烏龍ミルクティー 604 529 475
セイロンミルクティー 604 529 475
東方美人ミルクティー 604 529 475
紅玉ミルクティー 604 529 475
アールグレイミルクティー 604 529 475

 

自由が丘茶工場 オーダーはマシンが受け付け

茶工場店内に設置されているセルフレジで会計をする息子

外観もそうだが店中も変わっていて、セルフオーダーマシンを操作し自分でオーダーをする。

お茶の種類、トッピングからオプションまでを自分で決める。

 

これは非常に合理的で、二人でオペレーションできる理由がこのセルフオーダーマシンにあることは容易に想像ができた。

 

自由が丘茶工場のセルフオーダーマシン操作風景

セルフレジでストロベリーティーをオーダーする娘①

まずは何を基本オーダーするものから選択する。娘はストロベリーを選択した。

セルフレジでストロベリーティーをオーダーする娘②

『追加』を押すと次のメニューに進む。

セルフレジでストロベリーティーをオーダーする娘③

途中まで来て、お茶がベースのものだと気付き、ゴンチャに行くと駄々をこねる娘。

セルフレジでストロベリーティーをキャンセルいマンゴーパッションティーをオーダーする筆者

結局ストロベリーをキャンセルし、マンゴーパッションティーを再オーダーすることにした。

マンゴーパッションティーオーダーの最終確認画面

最終確認画面まできたら、『確認』のボタンを押して終了。

オーダー確定後にセルフレジからレシートが出てくる。

オーダー確定後にレシートが出てくるので、これをお姉さんに渡せば調理してもらえる。

 

自由が丘茶工場でマンゴーパッションティーをオーダー

セルフオーダーマシンから取り出したレシートを、店員さんに渡したらセルフレジでお会計を済ますだけ。

ほぼ、セミオートマチカルに事は進んでいく。随分と便利な時代になったもんだ。

 

クレジットカード決済も問題なし。

合わせてバーコード決済はPayPayが使える。

 

茶工場のマシンでマンゴーパッションティーを製造する店員さん

茶工場の売りである、『急速冷却旨味凝縮』マシンでマンゴーパッションティーを製造をはじめた。

オプションでタピオカを付けたので、最後に手前にある鍋からタピオカを入れて完成。

 

自由が丘茶工場のマンゴーパッションティーを堪能する

茶工場のマンゴーパッションティー

見るからに美味しそうなマンゴーパッションティー。

茶工場は、GongchaやTHE ALLEYとは異なり、蓋にストローの差し込み穴が付いているのがGoodpointだった。

 

ストローが上手く刺せずに、何度もこぼしてしまう私にとっては嬉しい配慮。

 

マンゴーパッションティーを手に持つ筆者

マンゴーにナタデココにタピオカが入った独特の味。

少しジャリジャリするのは、何の食材なんだろうか?

 

普通に美味しいので、これから夏場を迎えるにあたりお店は混雑しそう。

とりあえず、娘と息子がGongchaでTeaを買うのでそのままお店を後にした。

 

自由が丘茶工場まとめ

自由が丘茶工場2021年4月時点の外観

今まで何度もこの通りを歩いたが、お店の中に入ったのは初めてだった。

今日の暑さは5月中旬並みで、喉もカラカラだったため我慢できずにマンゴーパッションティーをオーダーしてしまった。

 

一昨年だったらかなり並ばなくては買えなかったが、今では街自体がまだ全盛期の人混みではないので余裕で買える。

自由が丘に立ち寄ったら、旨味凝縮された最高のお茶の味を堪能してほしい。

 

自由が丘茶工場アクセス

自由が丘茶工場のマンゴーパッションティー
自由が丘茶工場

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘2-12-21

        最上ビル1F

電話:

営業時間:11:00 ~ 20:00 

定休日:不定休

業態:台湾茶葉専門店

ABOUT ME
yu-hiro
自由が丘なう管理人:yu-hiro 家族構成:4人(自分・かみさん・むすめ・むすこ) 自由が丘歴:12年目 好きな場所:緑道のベンチ(GAP前) 出没ポイント:3大中華料理店、マリクレール通り 好きな音楽:life is warter ※詳細プロフィールは以下より https://yu-hiro.com/jiyugaoka-profile-6015