奥沢のパン屋COMUS|なつかしい味でリピート確実のお店!

奥沢駅近くにあるパン工房COMUS店前画像

奥沢の駅近にあるパン屋「COMUS(コモス)」を知ってるかい?

最近パンブームということで、自由が丘でもおしゃれなお店が多数乱立する激戦模様のなか、すぐ近くの奥沢で30年も営業を続ける地域密着のパン屋さん。


最近私が食べたいのはハードバケットでも、おしゃれさ・真新しさでもなく、

「こどものころに近所のパン屋さんで買った、昔ながらの総菜パン」


これが食べたいんだ!

そう言いながら日々の忙しさで忘れていたが、それを想起させてくれたのがCOMUSなんだね。


昔ながらのパン屋(イメージなので定義はありません)が持つその独特のおいしさを改めて思い起こさせるきっかけとなった。

ということで本日は、自由が丘から少し先にある奥沢のパン屋COMUSを紹介しよう。

スポンサードリンク

目次

奥沢のパン屋「COMUS」は安心・おいしいパンを提供してくれる優良店

パン工房『COMUS』は奥沢に出店する前に多摩川駅前にあったとのこと。

奥沢にオープンしたのが1993年なので、かれこれ30周年になるわけか。

COMUSのホームページを見ると、オーナーは15歳からパン職人の道を目指したと記載があるのでかれこれ50年もの間パンを作り続けていることになる。

半世紀ものあいだ、パンを作り続けてきたのか……


並々ならぬパンへの情熱、そんな情報を聞くとよりCOMUSのパンを食べてみたくなるというもの。

これだけ回転が激しい地域において、地元の人に愛されていなければ30年も続けることなんてできないだろう。

COMUSのパン種類

パン種類価格パン種類価格
かりんとうまんじゅう110きなこドーナツ120
リングドーナツ120チョコクリームドーナツ160
ジャムパン180こしあんパン180
つぶあんぱん180ジャムパン180
クロワッサン190あんドーナツ190
チョコパン190チョコクロワッサン190
ヒデキのおやつ210アプリコット220
ショコラデニッシュ220ハムエッグ220
ベーコンフラワー220コーンフラワー220
焼きソバパン220チーズウインナー230
玉子サンド230シナモンロール240
アップルパイエクセレント250まるごとマロン250
ダイナミックチーズ(ハーフ)255ダイナミックチョコ(ハーフ)255
チーズオニオンブレッド(ハーフ)255メイプルナッツ260
ホットドッグ290コーヒーブレッド(ハーフ)310
爆弾カレーパン320焼きソバ340
ヤングサンド430

COMUS(コモス)のメニューの一部を記載したが、これで33種類。

あくまで一部を記載したのみなので、種類はもっと豊富にあるからすごいね。


季節や曜日によってメニューの変動はあると思うが、パンの陳列スペースを考慮した際に毎日50種類以上のパンを販売していると思われる。

これだけのパンを毎日焼くと思うと、いったい何人で回しているのか考えてしまった。

とりあえずパンの種類が豊富すぎて選ぶことができない。

どうがんばっても3個食べるのが限界なので、厳選して選ぶ必要があった。

私の目当てだった焼きそばパンが販売していたので、1個は即決。

かみさんはホットドッグとショコラデニッシュをゲットし、息子はカツサンドにカレーパン、リングドーナツの3個に決定。


パンがありすぎて迷ってしまう……

私は『爆弾カレーパン』の迫力に購入を決定。

メインの総菜パンを2個、かみさんと同じショコラデニッシュと、おやつの時間に食べるあんドーナツの4個を購入することにした。


お昼前でも順次客足は絶えない感じで、お店は忙しそうだった。

COMUSのパンは安い?

パン屋さんだけではなく、どの産業においても今の市況を鑑みると原材料は上昇傾向だ。

しかも、ここ最近の円安傾向を踏まえればまだまだ落ち着く気配が見られない。


今までの価格では商売が成り立たなくなってしまうんだから、価格を上げないと営業が継続できなんだからしょうがない。

でも、自由が丘のパン屋に慣れている私としては初見から『安い』と感じていたため、貼り紙を見て改めて価格改定を行ったことを知った。


むしろ、今までがかなり安値で提供してくれていたんだろう。

この地域で見れば価格帯はじゅうぶん安いと言えるのではないかな。

作りたてのパンをそのまま提供

レジの奥がパン工房になっているため、出来上がったパンが常時次々に陳列されていく。

地元の人であれば焼き上がりの時間を見計らって買いに行くのかな?


私は熱帯魚を買いに行ったついでにCOMUSに立ち寄ったため、店内に入ったのは11時過ぎくらいだった。

今度買いに行くときに、焼き上がりの時間を聞いてこよう。


COMUSパンを実食!

奥沢から我が家までは徒歩10分くらい。

焼きたてのパンが早く食べたかったのだが、買い物も済ませて帰りたかったため青葉に立ち寄ってから帰宅した。


20分ほどの買い物時間を挟んでしまったが、パンの味はいかがなものか?

かみさんはCOMUSパンの味をしっていたが、私も長男もCOMUSパンはお初だった。

カツサンドが大好きな長男は、その味が大満足だったようでペロリと食し2個目のカレーパンへ突入した。


私が買った焼きそばパンも子供のころに食べた味を彷彿とさせつつ、やっぱり総菜パン代表の一品だけあって安定感が抜群だった。

焼きそばパンを食べ終え、ちょうどエンジンも良い感じになったところで2個目の『爆弾カレーパン』を手に取る。

お店にいたときから40分くらい経ってしまったため、パンを包んでいた紙が油を吸収して画像の状態に。


この辺はカレーパンという素材の性質上仕方がない。

でも、焼きたてだったからか手に取ったところでまだ温かさが大分残っていることが分かる。

う・うまい!

レンジでチン、もしくはオーブントースターでリベイクも考えたが、COMUS作り立てを加工せずにそのまま素の味をまず確認したかった。


店で買う時は気付かなかったが、チーズがとろっとしていてカレーとうまく調和できている。

もうひとつの驚きは、中に卵が入っていること。

チーズとたまごはカレーと抜群に相性がよく、最高の組み合わせの一つだと感じた。


気付けばこれだけ大きなカレーパンをあっという間に完食。

3個食べる予定が、爆弾カレーパンが想像以上に胃袋を満タンにしてくれたおかげで2品はまた別時間に食べることにした。

奥沢のパン屋「COMUS」まとめ

こどもが幼稚園に通っていたころに、何かの行事でかみさんはCOMUSにサンドイッチ盛り合わせをオーダーしたことがあるらしい。

なので、地域に密着したパン屋さんとして、細やかな対応ができることもCOMUS強みのひとつ。


私は爆弾カレーパン1個でリピート確定となったわけだが、破壊力がすさまじく夕飯を食べる時間をかなり後ろにずらすほどお腹いっぱいになってしまった。

自由が丘に13年以上住んでいるのに、今までお店の存在に気付けなかった自分が恥ずかしい。


とりあえず、昔ながらの美味しいパンが食べたい人は奥沢のCOMUSをおすすめします。


奥沢 パン工房COMUSアクセス

パン工房COMUS(コモス)

住所:〒158-0083

東京都世田谷区奥沢3‐46‐1

電話:03-3727-9799

営業時間:7:30~20:30

定休日:火曜日

業態:パン屋

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる