自由が丘ラテグラフィックでモーニング|最高の1日をスタート!

ラテグラフィック自由が丘店入り口にあるオーストラリアの地図

自由が丘の駅近カフェでモーニングをするなら、ラテグラフィックが一番だ。

駅前のエクセルシオールやドトールも良く利用するが、自由が丘らしいお店でモーニングを経験したことがなかった。

ここ最近はリモートワークが主流になり、週のほとんどを家で仕事しているような状況。

初めは中々集中できずにいたが、最近はこの生活も大分板についてきた。

とはいえ、さすがに毎日家で仕事をするというのも変化がなく刺激がない。

ということで、本日は自由が丘駅近くのラテグラフィックでモーニングしてみた感想をお伝えしよう。

スポンサードリンク

目次

自由が丘駅南口改札から徒歩30秒!ラテグラフィックでモーニングした感想

月曜日朝の自由が丘緑道の様子

週初めの平日月曜日の朝、緑道はまだ人気も少なく静か。

いつもの混雑が嘘のように、おだやかな陽射しが心地良い。

勝手に7時半から営業していると思い込んでいた私は、お店に着いたのが7時45分。

開店するまでお店の入口椅子に座って待つことにした。

自由が丘ラテグラフィックでモーニングを決めた理由

ラテグラフィックの木版には1.FREE WI-FI 2.OUTLET 3.TAKE AWAYの文字

営業時間8:00~23:30

ラテグラフィックの良いところ
・駅近徒歩30秒

・Free wi-fi

・電源コンセント有

・混雑していない

・明るい店内

・ここち良い音楽

・スタッフのホスピタリティ

上記がラテグラフィックでモーニングすることを決めた理由にあたる。

せっかく自由が丘でモーニングを楽しむのであれば、最高の朝を迎えたい。

そして最高の朝から今週をスタートさせたい思いがあった。

自由が丘のラテグラフィックでモーニング 窓側付近の席

陽の光が差し込むラテグラフィック自由が丘店のモーニング時間帯の店内

開店4分前くらいのところでスタッフの方が店内に通してくれた。

窓際に近いテーブル席に腰を掛ける。

まだ誰もいない店内は広々としており、いつもの昼時ではありえない静かな空間となっていた。

自由が丘のラテグラフィックでモーニング 最高の音楽

ラテグラフィック自由が丘の筆者が座った席のすぐ上にあるオーストラリア地図とインスパイヤーされたメルボルンの文字

オセアニアンテイストを感じさせる音楽と、広々とした空間、

私はメルボルンに行ったことがないが、こんな場所なんじゃないかなーなんて容易に想像することができた。

この空間で一人、流れてくる音楽が自然と体の中に浸透してくる感じは何でだろう。

月曜日の憂鬱な朝とは思えないほど、私は最高の状態でモーニングタイムを堪能していた。

自由が丘のラテグラフィックでモーニング 最高の食事

ラテグラフィック自由が丘のモーニングメニュー『エッグベネディクト』とアイスラテ

朝食を済ませていた私は、普通にドリンクだけで過ごす予定だったがエッグベネディクトがあまりにも美味しそうだたっためオーダーしてしまった。

価格は税抜638円、ドリンクは220円で飲めるから合計858円

自由が丘ラテグラフィックのエッグベネディクト
ラテグラフィックのエッグベネディクトのたまごを割いて黄身が出た様子

エッグベネディクトのおかげで最高の朝食を採ることができた(本日2回目)。

月曜の朝は気合を入れる意味でも、また来週来ようかな。

自由が丘ラテグラフィックのアイスラテ

環境に配慮して、アイスラテのストローはステンレス製のものを使っている。

今後プラスチックのストローは無くなるだろうが、ステンレスはおしゃれだしメンテナンス性も良い。

ラテグラフィックのストローがステンレス製であることを記載したカード

スタバは紙のストローを使ってたが、見栄えと使い勝手を考慮してステンレス製にした方が良いと思った。

環境への配慮だけではなく、使い心地も秀逸なステンレス製のストロー。

個人的に欲しいと思ったので今度買ってみる。

自由が丘のラテグラフィックでモーニング wi-fiで仕事

ラテグラフィック自由が丘でモーニングを済ませ仕事するためにwi-fiをつなごうとしている筆者PCの画像

モーニングのエッグベネディクトを食べ終わった私は、早速仕事に取り掛かることにした。

FREE WI-FIは今の世の中当たり前なんだけど、自由が丘ではまだその環境が整備されていないカフェも多数ある。

『11111111』

を入力し、wi-fiにつなげ今週片付けるべき業務内容を確認する。

自由が丘のラテグラフィックでモーニング 9時過ぎると混んでくる

9時になったくらいのラテグラフィック自由が丘はかなり人が入って混みあってくる

9時を回る手前くらいから次々とお客さんが入ってきた。

電源のある席は半分が埋まり、この広い店内もそれなりに人気を感じる空間に。

ただ、この1時間は他の空間での2.5時間分に相当する仕事ができた。

これも、雰囲気の良い素敵な環境で仕事をすることが自分のパフォーマンスにも最大に引き上げられることを証明した結果となった。

自由が丘のラテグラフィックでモーニングまとめ

お会計の紙に書かれたGood Morningのメモと太陽の顔

ラテグラフィック自由が丘でモーニングした内容をまとめると、

雰囲気・食事・ホスピタリティの3点どれも高得点のお店である。

月曜の朝からこれだけやる気が出たのはどのくらいぶりだろう?

週明けパワフルなスタートを切りたい方に、是非ともおすすめしたいお店。

オーストラリアの広大な雰囲気を感じてほしい。

自由が丘ラテグラフィックアクセス

ラテグラフィック自由が丘店前
ラテグラフィック自由が丘店

住所:〒152-0035

東京都目黒区自由が丘1丁目8−18

電話:03-6421-2242

営業時間:7:00~20:00

定休日:無し

業態:オセアニアンカフェ

自由が丘ラテグラフィックをカフェ利用

あわせて読みたい
ラテグラフィック自由が丘は駅近徒歩1分のオセアニアンカフェ! 自由が丘カプラチッチョ跡地はずっと工事中だったが、ついこの間に新店がオープンしていた。お店の名前は『LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)』と言い、オーストラリア...

オープン当初にカフェ利用した時の記事はこちらから

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる