自由が丘コチュで激旨スンドゥブ!韓ドラ『梨泰院クラス』を再現

純豆腐『kochoo(コチュ)』の店前

自由が丘のコチュで激辛・激旨のスンドゥブチゲを堪能したので記事にせずにはいられなかった。

NETFLIXオリジナルの大人気韓国ドラマ『梨泰院クラス』を見てからというもの、長家(チャンガ)の会長チャン・デヒが食すスンドゥブチゲが頭から離れない。

ドラマを見たのはかれこれ半年以上前になるから、どれだけ引きずってるのか。

そんな中、九品仏まで散歩している途中に韓国料理コチュの存在を知る。

ということで本日は梨泰院クラスの再現、自由が丘の韓国料理屋『コチュ』のスンドゥブチゲが最高だったので紹介しよう。

スポンサードリンク

目次

まるで梨泰院クラス!自由が丘のコチュで激旨スンドゥブチゲを堪能する

コチュの店前に張り出されているスンドゥブメニュー

韓国語のスンドゥブは『豆腐』を表し、チゲは『鍋』のことを指す。

なのでスンドゥブチゲは『豆腐鍋』のことを言ってるわけだ。

妻家房が閉まってからというもの、自由が丘で手軽に韓国料理を食べることができなくなった。

そんなときに見つけたのがコチュだったわけで、店前のスンドゥブメニューを見た時点でお店に入ることを決めていた。

自由が丘の韓国料理店コチュ 自由が丘駅徒歩7分の九品仏寄り

九品仏のスンドゥブが食べられるお店『コチュ』

自由が丘駅からは少し離れた九品仏寄りの場所にお店は存在する。

コチュのある通りには、チョコレート専門店(ル・プティ・ボヌール)、ケーキショップ(アンフィニ)、コーヒー豆とテイクアウトコーヒー(EBONY COFFEE)、パン屋(コムン)等、最近話題のお店が軒を連ねている。

スンドゥブチゲを食べたら、久しぶりに浄真寺まで行ってみようかな。

自由が丘の韓国料理店コチュ テーブル席とカウンター

コチュの入口を入ってすぐのところ

コチュの店内に入ったところでテーブル席は満席だったため、少し待つことに。

建物は左側がテーブル席、右側がカウンターになっていた。

テーブル席3つと、個室は空きそうもなかったため、カウンターに通されることに。

時刻は12時になるところだったので仕方ないね。

自由が丘の韓国料理店コチュ メニュー

スンドゥブチゲ専門店コチュのメニュー表

★コチュのスンドゥブはLAスタイル

基本セット:

・おかわり自由なおかず3品(きゅうりキムチ、もやしナムル、韓国海苔)

・お好きなスンドゥブ

・石釜で炊くごはん

・たまご

スンドゥブメニュー価格(税込)
豚キムチ¥1,780
牛肉¥1,780
トック(韓国のお餅+牛肉)¥1,780
豚肉¥1,780
ぎょうざ¥1,780
ホルモン¥1,780
きのこ¥1,780
カキ¥1,780
海鮮(カキ・イカ・エビ)¥1,780
ミックス(海鮮+牛肉+きのこ)¥1,890
お子様用スンドゥブセット¥1,450
お子様うどんセット¥1,200

トッピング

トッピングメニュー価格(税込)
牛肉¥300
豚肉¥300
ホルモン¥300
きのこ¥300
カキ¥300
ニラ¥200
トック¥200
キムチ¥200
ぎょうざ(1ピース)¥200
チーズ¥200
おかわりご飯 ※15分かかる¥300
追加たまご¥50
追加青唐辛子¥50

今日もかみさんとランチだったので、私はミックスを注文しかみさんは海鮮をオーダーした。

私は3辛、あまり辛い物が得意ではないかみさんは1辛にする。

トッピングでトックやキムチを注文しようか迷ったが、結構ボリュームがありそうだったので一旦ステイ。

自由が丘の韓国料理店コチュ お代り自由なおかず3種

お代り自由なコチュのおかず3種

お店右側のカウンター席の目の前が厨房のため、作っている様子がよく見える。

注文を受けてから一つ一つ作り出すため、ある程度時間が掛かるのは何となく理解できた。

石釜でご飯を炊く、スンドゥブを作る。

この作業で15分以上は待つことになるため、その間はおかず3種を食べながら過ごすことになるわけだが、これがメチャ旨なのだ。

いくらでも食べられるな、これ。

自由が丘の韓国料理店コチュ 激旨スンドゥブチゲ登場

コチュの出来上がったスンドゥブチゲ(ミックス)

おかずをお代りしようとした瞬間に待ちにまったスンドゥブチゲがやってきた!

みるからにグツグツとマグマのように沸き立つスンドゥブ。

触れたら火傷しそうな勢いで煮立っているうちに、たまごを投下する。

石釜で炊いたご飯がまた食をそそるわけだが、空いたおさらにご飯を乗せその上にスンドゥブをかける。

マグマのように沸き立つスンドゥブ鍋

いや、ごはんをスンドゥブチゲに入れるのか、それともスンドゥブチゲのスンドゥブを石釜にかける?

いや、やはりこの空いたお皿にごはんを盛り、そこにスンドゥブを乗せるが正解だよな。

そんなことを2秒くらいの間に考えながら、スプーンを左右に動かしてみた。

スンドゥブチゲのグツグツは、しばしの間おさまらず。

空いたお皿にご飯をよそい、その上にスンドゥブをかけた様子

ごはんにスンドゥブをかけて、それをスプーンで口に持っていく。

熱いながらも辛くて旨い!

梨泰院クラスを見てから早半年が経過して、やっとスンドゥブチゲを食べることができた。

スンドゥブチゲからカキを取り出す筆者

スンドゥブは熱いが、適度に辛くて美味しい。

いくらでも食べることができそうだ。

しかし、5分も経たないうちに汗が止まらなくなってきた。

熱い!熱い!!でも、旨い!!!

コーン茶で浸した石釜

一通り食べ終わった段階で、私はもう汗だくになっていた。

石釜のへりには固まったご飯が残ってしまうものの、コーン茶を流し込んでお茶漬けにしておこげを食べるのがコチュの流儀のようだ。

とりあえずお腹一杯になったし、本当に大満足だ。

自由が丘の韓国料理店コチュ テイクアウトあり

スンドゥブチゲ専門店コチュのテイクアウトメニュー

テイクアウトは約300円ほど高くなるが、スンドゥブのみでオーダーすることもできるため色々とアレンジができるのがポイントかな。

自由が丘の韓国料理店コチュ まとめ

梨泰院クラスのパクセロイのライバル『チャン・デヒ』

梨泰院クラスを完璧に再現できたスンドゥブチゲを食べることができたので、それだけでもう私は満足だった。

韓国料理はたまに無性に食べたくなるので、またリピートしてしまうだろうな。

久しぶりに大満足なランチだった。

自由が丘の韓国料理店コチュ アクセス

純豆腐kochooコチュ

住所:〒158-0083

東京都世田谷区奥沢6-22-13

シャトレ自由が丘 1F

電話:03-6809-7707

営業時間:11:00~15:00  17:30~22:00

定休日:火曜日

業態:韓国料理、居酒屋

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる