番外編

ヒルトン沖縄北谷ホテルの屋外プールで夏を満喫!アラハビーチは・・・

沖縄旅行2日目、伊計島を目指すべく7時半に出発する。

ナビ通りに30分ほど進んだところで娘が気持ち悪いと言い出した。昨日のホテルに行くまでの道中もそうだが乗り慣れないレンタカーの『臭い』がダメらしい。

ハザードを点け、路肩に車を停車させる。後1時間近く車に乗るのは無理ということで、もっと近所のビーチへ行くことにした。

この旅行の詳細は以下記事よりスタートしている。

夏休みの子連れ沖縄旅行、羽田出発から那覇ルフトレンタカーを借りるまで

スポンサードリンク

行き先はアラハビーチへ変更

アラハビーチまでの距離

伊計島まで行くことを諦め、一旦ホテルまで戻ることにした。

その途中でガイドブックを見たかみさんから『アラハビーチ』が近いことを知り、ホテルではなくアラハビーチを目指すことに。

沖縄は北へ行けば行くほど海が美しい。北谷付近のビーチはあまり期待できないため伊計島を目指したわけだが、トラブルはつきもの。

仕方がないのでアラハビーチへ向かった。

 

アラハビーチ駐車場

20分引き返す時間が掛かったが到着は9時前だったためか駐車場にはまだ車が少なく、10台もない状況だった。

曜日は金曜日の朝というのも空いている理由のひとつかもしれない。

早起きは三文の得という言葉は間違っていない。2時間ほどここで遊んでからホテルのプールに戻ることにした。

 

アラハビーチの雰囲気

ビーチ横の側道を真っ直ぐに進んでいく。

側道の横は小さな広場になっているところや、バスケットコートになっているところもある。

ビーチでは地元の少年サッカーチームが練習に勤しんでいる。このアラハビーチの側道は散歩するのに適している。

 

ビーチの砂は綺麗な海を彷彿させそうなところだが、遠目で見た感じは少しブルーが強いかな。

平日だからかビーチに人は少なかった。私達よりも小さな子連れの外国人夫婦と小学校低学年の子供達が戯れているくらい。

もう少し歩いたところに海水浴ができるスポットが見えてきた。

 

水着のまま車に乗ったのでいつでも海に入れる準備だけはしておいた。遠目で見るだけでは分からないが、藻が大量に浮かんでおり泳ぐのには適さない。

沖縄のきれいな海を期待した私にとってはハズレ以外の何物でもなかった。後にホテルのスタッフに詳細を聞いてみると、潮の満ち引き加減によって変わってくるらしい。

タイミングも関係してくるとなると難しいな。30分ほど遊んだところでヒルトンの屋外プールに戻ることにした。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートホテルの屋外プールを楽しむ

ヒルトン沖縄北谷リゾートホテル駐車場

アラハビーチから10分位で戻ってきた。駐車場の位置関係は把握していたので昨日のようなことにはならない。

スムーズにヴィッツを駐車させ、裏入口よりプールサイドへ行くことに。アラハビーチへ入った後に大して砂とか落とさずに車に乗ったからヒルトンに着いた時にはシートに砂がパラパラと落ちた。

明日美ら海水族館に行くまでは利用する予定がないので、そのときに少し掃除すれば良いか・・・

 

目と鼻の先のアラハビーチからホテルまで戻ってきた。

部屋には戻らずにこのまま屋外プールに行くことにした。11時までプールを楽しんだらその後はランチに行くことにしよう。

まだ時刻は10時にもなっていない。

 

ヒルトン北谷リゾートホテル屋外プール(子供用)

プールは大盛況だった。海よりもプールの方が自由が効く。子供も遊びやすいし親としても管理がしやすいから楽だ。

ミニスライダーを滑る子供達にシャチにのった中年のおじさん、みんなが笑顔で楽しそうだった。

 

天気は快晴で気温は33°を超える。こんな日にプールに入らずどうする?

浮き輪に捕まって浮いてるだけで気分は南国パラダイス、一日中こんな状態でノンビリできるのは今だけだ。

 

ヒルトン北谷リゾートホテル屋外プール(大人用)

先程スライダーがあった方とは別のところにもプールがあり、こちらが大人用のプールとなっている。

水深は約120cm~130cm程なので娘は足が付かない深さ。少し怖がりながらも浮き輪をしつつビート板でバタ足を繰り返す。

こちら側は家族連れというよりも、カップルが多いかな。

 

大人用のプールと子供用のプールを何度も往復する。気温は昼を過ぎるとさらに上昇し、35℃を記録した。

沖縄は本州のように35℃を超えることはここ最近はないようだが、今年は特に暑いということらしい。

往復しても水温が冷たいわけではないので、暑さが耐えられなくなってきたところで屋内プールを利用するところまでに至った。

 

外国人が多いからか、室内プールは結構モラルレスの状態になることが見受けられた。

この辺はヒルトンスタッフが注意に入ってほしいところだが、よっぽどなことがないと基本黙認されてしまう。

私は日焼けしたかったしほとんど室内プールは利用しなかった。間もなく11時になるので一度ランチを食べて来ることにしよう。

 

まとめ

プールサイドでアイスコーヒーを飲みながら休暇二日目を満喫する私・・・

はっきり言って明日も一日このプールで時間を潰しても良いくらいに気持ち良い。

ヒルトン沖縄北谷ホテルは大人が利用した方がピッタリなホテルだと思っていたが、子連れでも十分に楽しめるリゾートホテルだと思う。

この後はアメリカンヴィレッジに行ってランチをしてこようかな。

それからまたこのプールに戻ってくることにしよう。

スポンサードリンク

 

この後はホテル近所にあるアメリカンビレッジのピザ・サンでランチした詳細について続きます。

アメリカンビレッジでランチ!BLTサンドイッチが絶品なピザサンへ!

関連記事

  1. 古宇利大橋近くにある美らテラスでランチに沖縄そばを食す!
  2. 【ベストな服装】冬の軽井沢は超極寒?天気・気温を札幌と比較したら…
  3. 二子玉川で子連れでうどんを食べるんだったら「結玉」以外の選択肢は…
  4. 二子玉川高島屋の屋上庭園は子連れが楽しめる最高の場所【番外編】
  5. 沖縄ワールドで本場ハブとマングースショーを堪能する?
  6. 【子連れ・激混み?】お盆休みにすみだ水族館に行ってきた感想は? …
  7. 羽田空港出発前に飛行機が見えるレストランで子供は大興奮!
  8. 【コスパ抜群】夏休みの課題にも使えそうな玉川高島屋のアマゾン展が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP