スイーツ

自由が丘のエッグタルト専門店ベイクは毎日30人以上行列する人気店!!

IMG_2762

駅徒歩1分という好立地な場所にエッグタルト?チーズタルトの専門店がオープンした。

北海道では年間400万個を売り上げるモンスターエッグタルト

 

BAKE(ベイク)

 

が満を持してスイーツ王国、自由が丘に進出して来たのだ!! 

というよりも2014年にオープンしてたのね・・・

つい最近の出来事かと思えばオープンして半年も経っている。

平日の様子は分からないが、土日はいつも30~40人の行列が出来てる

ここ最近では一番賑わいのあるお店だ。

 

エッグタルトで行列が出来るというのが、いまいちピンとこない人も多いと思う。

今回はエッグタルト専門店ベイクをフューチャーしてみよう。

スポンサードリンク

BAKE(ベイク)とは

BAKE前の行列

この場所はベイクが出来る前、昔ながらの普通の八百屋さんだった。

立地は駅南口徒歩1分と今まで紹介した中でも最高の立地にある。

詳細は冒頭でもお伝えしているが、北海道では400万個を売上ている実績はもとより、それ以上に新しい試みを続けているところに、今以上の発展の予感を感じる。

オウンドメディアを使って、バンバン自社のPRを行っているのだ。

 

それがTHE BAKE MAGAZINE

 

あまりこのような試みをしているスイーツショップを見ない分、例えこの試みが失敗したとしても、また新しいことをしてくれるんじゃないかという「期待させる」部分があるから。

とにかく行列が凄いので、早く落ち着いてくれないかと思ってるが、中々に落ち着く様子がない。

早く2階のカフェでゆっくりしたいのに・・・

 

 

店舗詳細

IMG_2763

駅近のしかも角地でこのスペースは結構家賃が高いだろうな。

固定費が心配になるが、おまえに心配される筋合いは無いということで先に進めよう。

 

何よりも人通りの絶えない場所なので、今の行列は当分続くと思う。

スイーツ王国自由が丘に出店して数ヶ月は順調だったとしても、すぐにダメになる店は多い。

でも、このベイクの行列が途絶える日が来るとは中々に想像できない程、安定してきてるように感じる。

 

 

 

2015-05-20_22h57_53
1階は製造兼販売を行っており、一面がチーズタルトで埋め尽くされている。

これも、この店の戦略上のことだと思うが、店舗自体がガラス張りということもあり、外から見える、等間隔に陳列されたチーズタルト達は、どこかの工場の製造ラインを彷彿させる。

バシバシ売れるが随時追加される店内の様子は圧巻の一言だ。

 

2015-05-20_23h02_38
2階はカフェスペースになっており席数は20、全席禁煙なのでお子さん連れの方も多く見られる。

内装はコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンションのような雰囲気。

少し意外な内装に、突貫工事でギリギリ納期に間に合わせた感を受けた。

チーズタルトは200円、ドリンクはアイスカフェラテが350円なので1コインで済めば、なお良かったが、自由が丘という土地を考慮してもポイント高いと思う。

自由が丘散策の疲れを2階のカフェで小休憩する。なんて使い方が理想的かもしれない。

 

ベイクの取り扱い商品は

2015-05-20_23h18_51 
チーズタルトOnlyの潔いラインアップに好感が持てる。

これはお客さんに迷わす要素を与えないし、テイクアウトが9割の店舗としては、入れ間違いなんてことも起こらない。

これこそシンプルな商売の典型だ。

ごめんなさい。

ソフトクリームもあるのね。

こちらはまだ食べたことないが、北海道というワードから、期待はかなり膨らんでくる。

今回はチーズタルトが目当てだったので、ソフトクリームは次来るときにとっておこう。

 

2016年7月再訪

BAKE店内

今日に限ってなのか行列がほとんど無かったため、2階のカフェで落ち着いてお茶でもしようということになった。

店内でかみさんに並んでもらっている間に2階の席を取って来ようかとも思ったが、初めて店内に入ったということもあり、しばし中の様子を眺めることに集中してしまう。

「早く席取っててよ!!」

かみさんから促されるも、多分今日は普通に座れる予感がしたのであまり気にも留めなかった。

 

焼かれたチーズタルトの数が凄い

こんだけ沢山焼かれたチーズタルトをいったい誰が買って行くのだろうか?

平均的に一人で3個くらいになるのかな?そんなことを考えながらレジ前を並んでいたが、かみさんがブチ切れる寸前だったためさすがに席を取りに2階に向かうことにした。

今日に限って混雑していない理由は何かあるのだろうか?

 

席取りカード

2階のカフェに行く前に席取りの『座席確保カード』なるものがあることに気付く。

オーダーをしに行く前に、このカードを2階の席に置いてから注文しにいくシステムなわけね。なるほど、そういうことだったのか・・・

とりあえず2階の席が確保できるかを確認しにいくことに。

娘と二人でコンクリートの階段を駆け上がって行った。

 

カフェスペース

2階のカフェスペース

2階に駆け上がると、まだいくつか席が空いた状態だった。

その中でもソファー席が異常に広く、のんびりと休憩するには最高のスペースだ。さっそくその一つに腰を下ろし、かみさんがやってくることを待つことにした。

こんなスペースがあるのに何故利用する人が少ないのだろうか?というよりも今日がたまたまなのかな?

そこはさすがに分からなかった。

 

BAKEのソファー席を確保

6人は掛けることが出来るだろうこの広々としたソファーは、とても心地よかった。

時間帯が13時ということも空いていた理由の一つかもしれない。

かみさん一人に持って来させるのも申し訳ないので、娘に座席を確保してもらいながら私は息子を迎えに1階に下りて行った。

 

結構広い2階

2階は思った以上に広く、もう少しうまく配置すれば集客出来る人数も変わるのに・・・

そんなに集客する必要も無いのか、ほとんどここを利用していく人はお土産として10個くらい買っていくのかな。

どうでも良いこと考えてないで本当に息子を引き取りに行こう。

 

階段

ここが八百屋だったなんて誰も想像だにしないだろうな。

こんなモダンな建物に変わってしまったけど、ほんの2年前くらいはまだ八百屋さんだったのだ。

しかも駅前の土地だけに、いったい坪単価はいくらくらいするのだろう?

何だか採算性ばかりが気になってしょうがない。こんな低単価なものを扱って本当にこの地で存続が可能なのだろうか?

あーもー考えるのやーーめた・・・

 

壁に絵を描く機械

息子を連れてまた2階に戻ってきた。壁際でカタカタと音がするのが気になり視線を送ってみると、なんだか変な装置が動いている。

どうやらこの装置によって壁に何かを描いているようだった。

それぞれの丸い形状の円盤には色鉛筆が取り付けられており、上下左右を自動で動くようになっていた。

こんな演出もしているのか。

 

南口の大井町線踏切

南口の大井町線踏切が一望できる。

この空間は意外にも落ち着くことが出来る貴重な場所のように感じる。そろそろかみさんが上がってくる頃だろう。

スポンサードリンク

美味しいソフトクリーム

倒れそうなソフトクリーム

やっとかみさんが2階に上がって来るも、さっそくソフトクリームがえらい傾いた状態で倒れそうだった。

手元をコーンにしたことが間違いだったのか、とにかく崩れ落ちそうなソフトクリームを2人のこどもが噛り付く。

私も一口食べてみたが、とても濃厚で美味しい味だった。

 

ホットコーヒー・アイスコーヒー・チーズタルト

ホットコーヒーはかみさんが、アイスコーヒーは私が飲む。

娘は息子と一緒にソフトクリームを食べ、ついでにチーズタルトも食べるのだそうだ。

 

アイスコーヒー

アイスコーヒーは見るからに薄そうな茶色い色をしている。

一口飲んだ感想は、予想通り薄い。薄いといっても本当に薄すぎてコーヒーとは言えない代物だった。

はっきり言うと不味い

もう二度とオーダーすることはない。

 

娘にチーズタルトを一口もらう

チーズタルトは触れ込み通り、フワッフワッの状態で口の中に入れるとトロケル風味に仕上がっている。

このフワが最高にここち良いと感じる人は多いと思う。

食べきりサイズということもあるし、お土産需要とも重なって今後もニーズは継続すると言えるのではないだろうか。

 

まとめ

IMG_2762
やっとのことでレジまで到達、ここまで大体で20分は経ってるか?

平日ここまで行列は出来てないと思うが、当面は仕方ないと諦めよう。

数量制限があり、一人12個までとのこと。さすがに12個買うことは無いが、制限があることが驚きだった。

価格は1個だと200円、これが6個買うと1,100円と少しお得になる。

話題性も高いのでお土産として買って帰れば、喜ばれると思うが、イカンセン30分並ぶ気力が必要になる。

空いてる時間を見計らって買うのがベターだ。

 

肝心の味については素直に美味しい。

200円を高いと取る方もいるが十分コストパフォーマンスが良いと思う。

気を付けたいのは、出来立てを謳ってはいるが、ほんのり温かい程度で熱々を期待しないように。

タルト生地はサクッとしていて、中身のチーズがトロトロ、甘みもほど良く万人受けする仕上がり。

ただ、この行列だけは早く落ち着いてもらいたい。

 

土日しか利用できない私は、毎度30分並んでまで利用するほどではないから。

もう少し客足が落ち着いてきたときに、2階でゆっくりチーズタルトを味わおうと思う。

スポンサードリンク

 

アクセス

BAKE(ベイク)

住  所:〒152-0035

     東京都目黒区 自由が丘1-31-10

     BAKEビル1・2F

     自由が丘駅南口徒歩1分

電話番号:03-5731-8450

営業時間:11:00~20:00

定 休 日:不定休

業態:チーズタルト販売、カフェ

関連記事

  1. クリームを入れる前のデニッシュ アンデルセンは出来たて激うまシュークリームが食べれるパン屋さん?…
  2. モンブラン入り口 【モンブランケーキ発祥の店】MONT-BLANCカフェで暑さをし…
  3. ショーケースに並ぶスイーツ 【厳選4店】筆者おすすめ自由が丘のスイーツお土産!
  4. 2015-05-23_00h24_59 割れチョコ専門店チュペ・ド・ショコラは色んなチョコを楽しめる!!…
  5. 2015-04-19_10h03_20 ホットケーキとパンケーキの違いとは?親子の絆を取り戻す物語 (前…
  6. IMG_3789 亀屋万年堂自由が丘本店は「和」と「スイーツ」の相乗効果が楽しめる…
  7. sweet soul sweets 碑文谷裏手にあるオーガニックマフィンを扱うお店の味と値段について…
  8. 花キャベツ店前 自由が丘のもっちもちパンケーキが食べれるのは花キャベツだけ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP