ファッション

自由が丘に大人向けファションrelumeとスフレパンケーキ専門店が同時オープン!

relume自由が丘店前

マリクレール通り周辺緑道にあったジャーナルスタンダード跡地が『relume』として新生オープン、母体はジャーナルスタンダードと同様ベイクルーズ系列なので、そんなに変化があるものだとは思っていなかった。

その認識自体が間違いだと行ってみて思う。

 

私と私の娘が大好きだったJ・Sパンケーキカフェがスフレパンケーキ専門店『FLIPPERS』に変わっていた。

今回は新規relume自由が丘店について紹介させていただこう。

スポンサードリンク

relume自由が丘店は大人向けのファッション店舗

relume自由が丘店

以前のジャーナルスタンダードだった時と比べて、FLIPPERS側に入口が出来たせいか開放感を感じることができる。

フロア構成は1Fがメンズ・2Fレディース・3FがFLIPPERSと以前と同様の配置となっていた。

とりあえずお店の中に入ってみよう。

 

お店の雰囲気

ジャケットやブルゾンなど秋物が大量入荷

店内は秋物が大量に入荷していた。

オリジナルのブルゾンやジャケットが大量に置かれており、これから洋服を楽しめるシーズンに突入することを肌で感じることができる瞬間でもある。

取扱ブランドについてもrelumeはジャーナルスタンダードよりも、私好みのラインナップだったような気がする。

 

メンズライダース

左端に見えるロングカーディガンにrelumeオリジナルのレザーライダース、意外にしっかりした作りで価格は40,000円弱と購入しやすいポイントを付いた価格設定。

入口手前は白やグレー、ブラックといったモノトーンな配色で今年の秋冬を彩っているような感じだった。

入口入ったすぐ右側には黒いバッグが複数並び、いやリュックだったかな。その辺は触手が伸びてしまいそうなデザインのものが多かった。

 

ネイビー・ベージュのアウター

ネイビーのアウターが個人的にツボに入った。

最近腹回りがさらに膨れてしまい、このままではネイビーがどうのとか言えるレベルを超えてきている。

今の私の体型では何を着ても『ブタに真珠』状態になってしまうだろう。

その辺は自分でも十分に理解しているため、どんなに欲しいデザインのものがあっても簡単に買ったりはしないのだ。

 

取扱ブランド一部紹介

BOBSONのデニムシャツ

ちょっと他の人とは被らないだろうBOBSONのデニムシャツは、LEE・Wranglerなどよりはマイナーだし、そんなセレクトをしてくれちゃうあたりはこれからも期待が持てそうだと感じた。

雑誌を見ていない私が知らないだけで、実際はBOBSONが流行っていたらすいません・・・

シンプルだし、絶対に必要なワードローブの一つには間違いないから、よっぽどのことが無い限り買っても損にはならないだろう。

 

APCのデニムやシャツ類

APCのデニムやシャツが掛けられていた。

ジャーナルスタンダード系列にAPCがあることが何だか不思議な気がしたが、私が18歳の時に知ったAPCはコーディネートを考える上で必須のアイテムだった。

あれから20年以上経過するが、まったく色褪せることなく目の前に存在するリジットデニムの出来栄えの良さを見ながら試着しそうになる自分を制止するのがやっとだった。

ここのリジットデニムだけでも10本は買っただろうな。

 

家にあったAPCデニム

無性に気になって家のクローゼットの奥底から出てきたAPCデニム、すでにボタン周りは腐食してしまっていた。

何よりも28incというサイズと当時は股上が深かったので、ウエスト70台前半というサイズ感は二度と履けることの無いサイズだということが再認識できただけ。

ジョギングでもして最低7kgは痩せないと、この辺のデニムが似合うようにはならないだろうな。

 

ノースフェイスのアウター

ザ・ノースフェイスのベージュのアウター

結構キレイ目のものだったのが新鮮だった。

この辺は大人の男だからこそ似合うものだと自認している。

 

その他

メンズ小物類やロンTなど

スポーティなアイテムが今後も引き続き人気なんだろうな。

ジョガーパンツや、軽快なジャージ素材のジャケットなどは継続して入口入ったすぐのところに陳列されていた。

VANSやコンバースのスニーカーなど定番ものも多く揃っている。

バランスの良い品揃えなので、自由が丘のメンズファッションの中では確実に上位3位に入るお店の一つだと感じた。

スポンサードリンク

2F:レディース

2Fレディースフロア

2Fはレディースフロアになっているが、今日は私だけなので次回かみさんが一緒の時に店内をくまなく見ていくことにしよう。

白を基調にした店内は、陽の光が差し込み非常に清潔感に満ちたきれいなお店だった。

新店だから当たり前か・・・

 

スフレパンケーキ専門店『FLIPPERS』

3FはFLIPPERS

3FにはJ・Sパンケーキカフェに代わり、FLIPPERSが入ることになる。

このFLIPPERSとはどんなお店なんだろう?

 

今年の7月に下北沢に1号店をオープンさせたばかり。

relumeを手掛けるベイクルーズが手掛けているお店、コンセプトは『最高の一皿』ということらしくフワッフワの生地が特徴ということらしい。

 

最後尾の札

relumeに行列は出来ていなかったが、FLIPPERSにはすでに行列が出来ている。

こんな最後尾の札が置かれ、開店二日目ということもあるだろうが注目度の高い店だということがハッキリする。

来月には吉祥寺にもオープン予定とのこと。

 

FLIPPERSの行列に並ぶ人

行列は20人までは行ってなかったが、それでもここまでになるお店もそうないだろう。

この3連休の間に実際にスフレパンケーキをレポート出来ればいいんだが、ちょっと難しいかな。

 

まとめ

relume1Fメンズフロア

relume自由が丘はメンズファッションにとって貴重な店舗となることは間違いない。

ジャーナルが閉店した際に、地元にメンズセレクトショップが一つ減ってしまったことに物凄く落胆してしまった。

 

そんな中、跡地にまたメンズの濃いー店舗が出来たことが何よりもうれしい。

今年の秋冬はrelumeで揃えてみてもいいかなと。

 

でも、そのまえにダイエットしないとなー・・・

スポンサードリンク

アクセス

relume、FLIPPERS自由が丘店

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-8-7

    1・2・3F

電話:03-5731-0504

営業時間:11:00~20:00

定休日:不定休

業態:メンズ・レディースアパレル、パンケーキカフェ

関連記事

  1. ジャーナルスタンダード自由が丘 自由が丘のメンズファッション代表はジャーナルスタンダードで決まり…
  2. 鈴木さんの娘さん(撮影当時14歳) ESMERALDAでイタリア人を超えるかっこよさを手に入れろ!【…
  3. IMG_1939 自由が丘で「30代男」が納得出来るセレクトショップはどこ?!
  4. ママズフィッシングハウス 釣りガールの服装はママズフィッシングハウスにお任せしよう!!
  5. LE DICOの看板 自由が丘のセレクトショップLE DICOは買物難民を救う斬新なセ…
  6. Maison IENA自由が丘店舗入り口 【大型旗艦店】Maison IENA(メゾンイエナ)が自由が丘に…
  7. CORNERS自由が丘 おしゃれなメンズ・レディーススポーツウェアは自由が丘CORNER…
  8. IMG_3128 自由が丘FREES MART(フリーズマート)は20代前半まで?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP