ファッション

B.C STOCKがマリクレール通り緑道に期間限定オープン!

 

去年の12月にスピックアンドスパンが移転したのと同時に、B.C STOCKのlimited shopがオープンした。

ジャーナルスタンダードがIDEEの前にオープンしたときも、お店ができる前にB.C STOCKのlimited shopを間に入れてたね。

 

今回も期間限定店舗ということなので、いつ閉店してしまうか分からない。

前回は1ヶ月の限定オープンだったが、今回はいつまで営業してるのか。

 

ということで今回はB.C STOCKのリミテッドショップを紹介する。

※正式に期間限定ではない店舗としてリニューアルしたようです。

スポンサードリンク

B.C STOCKのlimited shopがマリクレール緑道にオープン!

Spick & Span

IENA

JOURNAL STANDARD

Deuxi’eme Classe

 

ベイクルーズを代表するブランドのアウトレット商品が集まったのがB.C STOCKなんだ。

 

スピック&スパン、イエナ、ドゥーズィエム クラス、ジャーナル スタンダード、エディフィスなど、ベイクルーズ グループ ブランドのアウトレット商品を中心に、コストパフォーマンスに優れ時流感とクオリティ感のあるオリジナルウェア・インポート商品をミックスコーディネートすることで独自に価値を提供する「Proposed Outlet Shop(提案型アウトレットショップ)」。ビジネスからカジュアルシーンまで幅広くコーディネートしていただけます。by BAYCREWS

かなりお買い得価格で買えるのは嬉しいポイント。できることなら、閉店せずにこのまま継続してほしい。

 

B.C STOCK店内

正月明けて間もなかったこともあってか、店内にはたくさんのお客さんで賑わいを見せていた。

基本的に30代半ば以降の女性が多かったように感じる。

 

旦那様やこどもを連れて来店している人も多く、この辺は自由が丘らしい客層だと感じた。

 

B.C STOCKに置かれている商品は、基本的にアウトレット商品なので価格面でお得感が強い。

アウトレット商品とはいえ、デザイン面で古さを感じることはまったくない。

 

価格訴求なアイテムであっても、そこにはベイクルーズの手が加わることで普通に着ることができるものばかり。

単純にお買い得なアイテムが多いと思うので、自由が丘へ行く用事がある人はB.C STOCKに寄ってみよう。

 

フェイクファームートンのコートは、ベージュとグレーを混ぜたようなカラー。

冬場は暗くなりがちなコーディネートに、少し明るい雰囲気をもたらしてくれるアイテムだ。

 

高校生・大学生等、あまり予算に限りがある人たちも利用できるものは多いと思う。

普通のセレクトショップで買うよりは、3割ほどお得感が高い。

 

1階奥はシューズコーナーとなっており、パンプスメインにブーツやサンダルが展示されている。

70%~80%OFFになってるものもあり、サイズが合えば即購入をおすすめしたいものもあった。

 

スタンダードな靴は何足あっても良いし、普段チャレンジしない色味なアイテムを選んでみても面白い。

アウトレット価格ということもあり、何足かまとめ買いしてみてはいかがだろう?

 

シンプルで今っぽいデザインのものを、低価格で手に入れたい人はB.C STOCKをおすすめできる。

ノーカラーのダウンジャケットなど、普通にかわいいし定番で着ることができるデザインだ。

 

ベージュのダウンは個人的にツボだったが、かみさんはノーカラーのコートが安かったことに惹かれていた。

見た目は普通のセレクトショップで買うものと、ほとんど変わらない。

 

というよりも同等だ。

 

 

スピックアンドスパンのときは、2階はフレームワークだった。

B.C STOCKに変わっても、そのまま2階も使われている様子だったので上がってみることにした。

スポンサードリンク

B.C STOCKの2階

2階へ上がる階段を登りながら1階を見ると、お客さんは思い思いに商品を選んでいる。

親子連れで買い物に来る人、家族連れの人、カップルで来店する人・・・

 

みんなお目当てのものは、手に入れることができたのだろうか?

かみさんも気になるものがあったが、とりあえず2階が見たいということで上がることにした。

 

2階はだいぶスッキリとした空間になっていた。

1階よりも、もう少しカジュアルなアイテムが多いような気がするが、特に分けていないのかもしれない。

 

商品の見やすさでいうと、1階よりも2階の方が見やすい。

適度に余白が取られたスペースが、そう感じさせるんだろうね。

 

ニットで3,990円

ジャケットで5,990円

価格面で見れば、かなりお買い得なことに間違いはない。

 

GAPやユニクロで買うのと変わらない価格のものもある。

これだけ価格訴求できるのだから、お客さんが集まらないわけがない。

 

B.C STOCKができることで、同じマリクレール通り緑道にある目の前のrelumeなどは大きな影響を受けないのだろうか?

でも、relumeに置いてあるのは基本セレクトのものも多いので、その辺はうまく棲み分けができてるんだろうね。

 

まとめ

B.C STOCKは期間限定のリミテッドショップ。

これが日常的にオープンしていたら、それほど人も集まらないのかもしれないね。

 

いつまで営業しているかはわからないが、閉店になる前にお店に行ってみることをおすすめする。

価格帯は普通のセレクトショップで買うよりも、30%以上は安い。

 

ちょっと買い足すくらいのものを探している人は、B.C STOCKのリミテッドショップへ急ごう!

 

アクセス

B.C STOCK

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢1-26-18

    MERIXビル1F/2F

電話:03-5701-0418

営業時間:11:00~20:00

定休日:不定休

業態:セレクトショップ

スポンサードリンク

関連記事

  1. 自由が丘のセレクトショップLE DICOは買物難民を救う斬新なセ…
  2. 自由が丘の高級アウトドアショップといえばPeak Perform…
  3. 【日本初の路面店】green label relaxingが自由…
  4. ストーンアイランドが自由が丘で買えるのはコステロとRAWLIFE…
  5. 今人気のPLST(プラステ)自由が丘店で流行を感じてみた。
  6. 自由が丘の雑貨屋さん?『tree of heart』は世界の実力…
  7. 自由が丘STEPSは大人の本物カジュアル服が見つかるお店
  8. 自由が丘で最大規模の古着屋!アメカジ好きはBINGOに行くべし!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



PAGE TOP