和・洋・中

自由が丘にある泰興楼のランチはボリューム満点なのにコスパも抜群!!

自由が丘3大中華料理店の1つ、その名は泰興楼

勝手に3大中華料理店の1つに認定してしまったが、総合判断としても間違えていないと思う。

いや、ここが外れてしまったらどの店舗が入ってくるのか?

そうか、梅華も加わるから自由が丘の4大中華料理店の一つになったわけだ・・・

 

関連記事:自由が丘の3大中華料理店このランチ対決を制するものは?!

     クセになるうまさ!!自由が丘の老舗中華料理店、梅華でラーメンを食す

 

腹が減っては戦はできぬ。

とりあえず、中華の神髄を体感してくることにしよう。

 

スポンサードリンク

えっ!?ここは中国?泰興楼の雰囲気

1階

泰興楼の1階

お店に入ったすぐ前は円卓を囲むお客さんで賑わっていた。

奥と、入り口左側には通常のテーブル席が並んでいる。

11時45分だったので営業開始からわずか15分でこの感じ、2階の席は空いてるのかな?

 

2階へ上がる階段

とりあえず1階席は満席になってしまったので、2階席へ上がることになった。

この石造りの階段を見るだけでも、本場の雰囲気を十分に感じることが出来る。

何十回と来ているが、ここまで雰囲気造りに凝ってるお店も少ない。

 

 

2階

泰興楼の店員

2階に上がってみると人が居る様子はない。

流石に開店15分で満席になってたら、相当な賑わいになっていることだろう。

店員さんは受付のお兄さんを除くと、基本的に本場の方々ばかり。

片言の日本語が飛び交う環境に、また本場の雰囲気を改めて感じてしまうことだろう。

 

円卓と豪華な内装

お店は八重洲にもあるようだが、内装には相当な気合いが入っていると伺える。

壁の装飾はもちろん、テーブルや椅子もこだわりを強く感じるし、この辺はすべて本国から輸入しているだろうと察しがついた。

 

2階のテーブル席

状元楼とは違い、映画のセットにでも使えそうな内装にいつも驚かされる。

自由が丘には中華の美味しいお店が4店舗もあるなんて、最高に幸せなんだな。

 

スポンサードリンク

ランチを注文

ランチメニュー

ここへ来ると注文する品はいつも同じ

子供二人には広東麺、私とかみさんは担々麺とすでにお店に来る前にオーダーが決まっている。

ここのランチのお得なところは、基本メニュー+ジャンボ餃子×2+コーヒーor杏仁豆腐という組み合わせになる。

このランチセットの価格はなんと1,000円

当然、自由が丘の土地を考えれば破格としか言いようがない価格設定になる。

両方大盛りで注文すると、2,500円

これでお腹は満腹状態、自由が丘はやっぱり中華が一番おススメ出来る街なのかもしれない。

 

 

オーダーを待つ

お茶

オーダーが来るまでの時間は、このお茶を楽しむ。

この熱々のお茶を口に入れると、後味の爽やかさにしばしノホホンとした気分になれるのだ。

 

子供の食器セット

子連れの方は、やはり事前に子供食器セットを頼んでおこう。

何よりも、子供の集中力は短く、いつ騒ぎ出すか分からないから・・・

しかも注文したのは、熱々の麺だけに、すぐにあげるわけにもいかない。

子連れで来店するお客さんも多く、基本的にベビーカーは1階で預かってくれるから心配もない。

 

 

2種類の麺+サイドメニューの到着

広東麺

あっさりとした醤油ベースの広東麺、子供にはこれが一番だ。

ラーメン屋のスープよりは、全然あっさりしているのでこちらを食べさせる方が、体には良いかもしれない。

何よりもふんだんに野菜を使っているので、バランスも良いんだな。

2人の子供は、物凄い勢いで麺を啜っていく。

血は争えないのか、麺好きは遺伝するんだな。

 

担々麺

久しぶりに見る担々麺は、相変わらず食をそそる見栄えをしている。

辛さはいたって普通の感じで、かみさんは辛い物が苦手だが、この担々麺だけは別とのこと。

もやしのシャキシャキ感はこのドロドロのスープと対照的なんだけど、バランスが取れてる。

一口くちにすれば、泰興楼の担々麺のファンになることは間違いない。

この担々麺は最高だ。

 

ジャンボ餃子

このジャンボ餃子が売りの店なんだけど、何度来ても食べたくなる。

このボリュームも堪らないんだけど、味も好きなんだよね。

最近は一番下の2歳児が、これをペロリと食べきってしまう。

私のも半分要求してくるようになった・・・

これだけ食べることに貪欲であれば、今後何も心配することは無いだろう。

 

杏仁豆腐

前に来た時よりも味が変わったような気がする?

これは良い意味で、美味しさが増していた。

休日ランチもこの基本セットで1000円なんだから、泰興楼のコストパフォーマンスの良さには頭が上がらない。

昔は、これにコーヒーが付いたんだけど、これ以上贅沢を言うのは止めよう。

 

 

まとめ

3階へ続く階段

ここまで、本場の雰囲気を再現したお店はあまり見たことが無い。

お店自体はそんなに大きいわけでは無いが、すべてにおいてバランスが取れているお店だと感じる。

唯一のデメリットと言えば、私の家からかなり遠いところにあることくらい。

いつも同じメニューを注文しているので、次回は新しいメニューを開拓しようと思う。

スポンサードリンク

アクセス

泰興楼(タイコウロウ)

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢6-31-17

 

電話:03-5706-1014

営業時間:11:30~15:00(ランチタイム)

    17:00~23:00(ディナー) 定休日:水曜日

業態:中華料理店

関連記事

  1. 状元樓(ジョウゲンロウ)自由が丘店でのランチは海鮮ヒスイ冷麺で決…
  2. クラフトビアキッチン自由が丘店でランチしてみた感想は?【穴場】
  3. 焼肉まんぷくで土日ランチをした感想は?【自由が丘店】
  4. 壁の穴でパスタを食べる!大盛りのボリュームに圧倒!?
  5. カールスジュニア自由が丘で本場カリフォルニアのハンバーガーを堪能…
  6. 【カフェ有】自由が丘WARAはもっちもちの米粉パンが美味いパン屋…
  7. 【閉店】ナポリスで気軽にランチ!コスパ重視のピザ専門店!【自由が…
  8. 中華料理は自由が丘の煌家(コウカ)へ!ボリューム満点で最高の味!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP