スイーツ

自由が丘にあるリンツはプレミアムチョコレートを扱うカフェ併設店!!

リンツ自由が丘店前

リンツ自由が丘店前

2012年に日本の店舗としては、3号店として自由が丘の街にオープンした。

1階はチョコレートの販売、2・3階にカフェスペースを設けた。

3階建ての店舗は、リンツショコラカフェとしては最大規模であり、1年前の6月にはカフェスペースを大幅に改装をおこない、より居心地の良くなった空間でフルサービスを受けることが出来る。

 

自由が丘の街に相応しい、プレミアムチョコレートを取り扱うリンツを紹介しよう。

スポンサードリンク

スイスのプレミアムチョコレート「リンツ」とは

1845年スイスのチューリッヒの旧市街地であるマルクトガッセの小さなチョコレート・砂糖菓子の専門店からスタートしたのが始まり。

1915年頃にはスイスのチョコレート産業は黄金期を迎え、リンツはチョコレート生産量の約75%を世界20ヵ国以上に輸出するまでになった。

第2次世界大戦の影響で、1945年頃は砂糖やカカオの輸入制限などの厳しい状況に立たされ、売上は停滞するなか品質を落とすことなく、この危機を乗り越えた。

以降、グローバル化の戦略が成功し、販売網は世界各国に及ぶまでになった。

 

リンツ ショコラ カフェ自由が丘お店の雰囲気

リンツ自由が丘 店内

休日にリンツの前を通ると、チョコレートの試食を案内される。

うちの娘はこのチョコレート食べたさにこの道を通ろうとするのだ。

受け取ってしまうと、店内に入らざる負えないため店前で配るのは、平日のみに限定してほしい。

 

1階レジ前カウンター

1階はチョコレートの販売だけがメインになるため、カフェを利用したい人は直接2階に上がって受付する必要がある。

 

チョコレートタワー

プレミアムチョコレートのお店と言うだけあって、店内は高級感溢れる作り。

綺麗な店内にはタワー状に装飾されたチョコレートに、巨大なカカオがオブジェとして置いてある。

スポンサードリンク

リンツのチョコレート商品ラインアップ

ボール型チョコ

リンドール

リンドールは1949年にリンツのチョコレート職人によって、開発された今までにないチョコレートだ。

チョコレートの中に、なめらかなフィリングを詰めることで、素晴らしい口どけ感のあるチョコレートが出来上がった。

1967年にクリスマスの限定商品としてボール型のリンドールを開発、これが瞬く間に世界中で人気となり、これ以降リンドールの形状はボール型のものに形を変え、現在にいたる。

リンドールの奥深い味わいは、秘伝のフィリングと上質なチョコレートの相乗効果であり、世界100ヵ国以上で愛されている。

リンドールの意味は「リンツ」+フランス語でゴールドを表す「Or」を組み合わせた名前。

今ではリンツのプレミアムチョコレートの象徴となる商品だ。

 

リンドールラインアップ
リンドール14種類

ミルク・ヘーゼルナッツ・ホワイト・ダーク・エクストラダーク

オレンジ・コーヒー・キャラメル・ストロベリー&クリーム

ココナッツ・カプチーノ・ピーナッツバター・ハート

バレンタイン

 

アイス(サマーギフト)

アイス

サマーギフトにぴったりなリンツのチョコアイス

6個/4,600円 12個/7,600円

ともに税抜き価格

GODIVAのチョコレートもそうだが、プレミアムチョコレートブランドのアイスはとにかく美味い。

贈り物としては、これほど時期的に重宝するものもないと言える。

 

リンドール+焼き菓子(サマーギフト)

リンドール+焼き菓子セット

リンドールと焼き菓子のセットも人気の一つだ。

リンツはネット販売を行っているが、このリンドール焼き菓子セットはすでに在庫切れ。

店舗ではまだ購入出来るので、ご希望の方は是非。

 

リンツ ショコラ カフェ

チョコレート

リンツ アイス チョコレートドリンクはプレミアムチョコを感じさせる味わい。

甘さが絶妙なのと、後味がしつこくない。

Sサイズ669円/Mサイズ822円

自由が丘を散歩しながら飲むチョコレートドリンクは中々に、気分が良い。

 

2017/1/13再訪

2Fのカフェ

2階のカフェががらりと変わっていた。以前は窓側にはカウンター席だったものが、ソファ席に変わっている。この辺の配慮はありがたい。相も変わらず人がいないカフェだなと・・・

よって個人的には穴場のカフェだと思ってる。ホットチョコレートはかみさんの好物で、娘も息子もここのチョコレートは大好きだ。

 

シーズンメニュー

オーダーを決める際に、かみさんはホットチョコレート、娘と息子はチョコレートサンデー的なもの。私はいつものアイスコーヒーを注文する。

そこに季節のメニューとしてフォンダン・ショコラをセットで頼むことにした。中からジュわっと流れ出るホットチョコレートに期待して待つことにした。

 

店内にいる女性4人組

店内には私達以外にお客さんとしては5人組の女性(高校生くらいかな?)客のみ。土曜日の14時30分という時間を考えれば少し寂しいかなとも思った。

そうこう言ってるうちにもう一組のお客さんが入ってきた。このくらい広い空間で、しかもそれなりに空いている環境なのは有難い。特に平日は子連れのママさん達で賑わっているのではないだろうか?

 

50代くらいの夫婦

ソファ席は壁側に3テーブル、入り口側に3テーブルの合計6テーブルが用意されている。結構広い空間になってるので、チョコレートを味わいながらゆっくりと過ごすにはうってつけの空間だ。

私達の向かいに座ったのは50代位の夫婦と思われる人たちだった。私も10年後はあんな感じになっているのだろう。そんなことを考えているうちにオーダーしたものがやってきた。

 

ホッとチョコレート

ホットチョコレートはかみさんの大好物、リンツはチョコレート専門店だけあって他とは味わいの深さが違う。チョコレート自体が濃厚なのだ。

冬場に利用するのにこのお店は最適、クリスマスやバレンタインを迎える冬こそがチョコレートブランドの大活躍するハイシーズン。チョコレートを無意識に欲してしまうのだ。

 

ミニチョコサンデー

やべーーーー、これはやばいーーーーー!!

 

見るからに美味そうなその見た目に完全にやられてしまった。アイスコーヒーよりもこっちが食べたい。娘と息子の2人は、どういうわけかこのパフェのせいでケンカをしているようだ・・・

 

アイスコーヒーとフォンダンショコラ

アイスコーヒーとフォンダンショコラのセットがきた。

アイスコーヒーはこんな縦長のグラスに入ってくるもんなのか。特にフォンダンショコラが食べたかったわけじゃないが、季節のメニューということもあり注文してみた。

かみさんと二人で食べるには十分な量だし、ちょっと小腹を満たしたい程度なのでこのくらいがちょうど良かった。

 

フォンダンの中から流れ出るホットチョコレート

フォンダンショコラの内部から流れ出るホットチョコレートが、味の緩急をつけてくれる。

やはりフォンダンショコラはこうでないとダメ。この温かいチョコレートが内部から染みだしてくるものを生クリームを付けて食べるのが最高なのさ。

かみさんと私で突いて食べていたが、長男が参戦してきた。ここ最近の長男の食欲は留まることを知らず、フォンダンをくれと言わんばかりにホークを刺してくる。

結局フォンダンの3分の1については長男に食べられてしまった。

 

まとめ

IMG_4502

今年はリンツ創業170年とリンツイヤーとなっている。

アニバーサリーイヤー限定の商品も多数登場予定なので、自由が丘に来る機会があれば、立ち寄ってみてほしい。

必ず自分に合ったチョコレートの味に出会えるだろう。

スポンサードリンク

アクセス

店舗情報
店舗名:リンツショコラカフェ自由が丘

住 所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-2

電話番号:03-5726-8921

営業時間:9:00~20:00

定休日:不定

業態:チョコレートの販売、カフェ

関連記事

  1. ふなわかふぇ店前 ふなわかふぇ自由が丘は、子連れでもゆったり出来る「和」なお店
  2. gram 自由が丘店 gramはフワフワパンケーキ専門店!スウィーツ激戦区自由が丘に登…
  3. haru and haru 店前 【激ウマ】都内初フレンチトースト専門店が自由が丘の外れにあった!…
  4. IMG_3789 亀屋万年堂自由が丘本店は「和」と「スイーツ」の相乗効果が楽しめる…
  5. ボンモアンが入っている雑居ビル 自由が丘裏手の焼き立てパイ専門店ボンモアンで最高のパイを食べる!…
  6. ゴディバチョコレート ゴディバのチョコ値段は本当に高いのか?【高級チョコの代名詞】
  7. クリームを入れる前のデニッシュ アンデルセンは出来たて激うまシュークリームが食べれるパン屋さん?…
  8. ビーバーテイルズ自由が丘店 カナダ生まれのビーバーテイルズが自由が丘に日本初出店!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP