スイーツ

ルサルカ自由が丘店のモーニングはパンケーキのおかわりが自由!!

ルサルカ看板

たまたま車で通り過ぎたときに発見した「ルサルカ」はパンケーキで評判の高いお店だ。

自由が丘駅から徒歩で10分以上はあるだろう住宅街に店を構える。

そんな距離にあるにも関わらず、休日はいつも行列が出来る人気店だ。

以前に、ホットケーキ・パンケーキの違いを調べた時に、現在のパンケーキムーブメントを知った私は、娘が虜になったJ・Sパンケーキカフェに潜入。

それ以降、パンケーキの大ファンになってしまった。

 

あれから月日がだいぶ過ぎ・・・

久しぶりにパンケーキを食べにルサルカに行ってみることにした。

スポンサードリンク

ルサルカ自由が丘について

ルサルカ看板2

元は九州で人気のあったルサルカが自由が丘に出店したのが、ちょうど1年前

駅から徒歩10分以上の距離なのにとにかく行列が絶えない人気店だ。

パンケーキを食べるのに行列が出来るとは・・・

 

祝日の朝10時30分、これだけ早く来れば店内に入れるだろう。

この日の気温は34℃と真夏日だった。

今住んでいる場所からでも徒歩7分くらい掛かる。

お店についたころには、滝のような汗が流れていた。

 

いざ到着してみると行列している様子は無かった。

周りには、お店がひしめくようなところではなく、完全に住宅街にある。

一見するとヘアサロンのような建物に、パンケーキサロンとはよく言ったもんだと一人で納得してしまった。

 

とりあえず、お店の中に入ってみよう。

 

ルサルカの店内の様子

ルサルカ自由が丘店内

噂に聞いていたとおり、オシャレな店内だ。

コンクリート打ちっぱなしのデザイナーズ物件のような店内には、ルサルカオリジナルの雑貨等も取り扱いしている。

一つ心配していたことがある。

それは、小洒落たカフェなどにありがちな接客の悪さだ。

オシャレなんだから接客はどうでも良いみたいな店舗が非常に多い。

ルサルカの接客はどうなんだろう?

 

店内に入ってすぐに、40代中盤くらいの男性店員が声を掛けてきた。

 

「ご予約ですか?」

 

私は特に予約してお店に行くことなんてほとんどない。

予約しないと入れないくらいの人気店なのか?

そうだとしたら、私のリサーチ不足だ。

予約していない旨を伝えると、笑顔でテーブルまで案内してくれた。

ルサルカ店内2

10時半過ぎについたので、まだオープンしてから1時間程しか経過していない。

店内は4人家族で来ている人と、40代前半の女性2人の2組だけだ。

まだ時間が早過ぎるんだから仕方ない。

丸いテーブルは5人掛け、店内はかなり広く感じる。

 

店内から見える外の風景

お店から見える外の景色は天気が良いからか、とても心地よい。

店内の雰囲気はよく作られている。

 

モーニングメニューの紹介

IMG_4720

A クラシックミルクパンケーキ 890円 B スイートダンディー   1,100円
C フレッシュモーニングパンケーキ 1,250円 D メキシカンパンケーキ 1,500円
E クリーミースープ&サラダ 1,350円 Kids キッズプレート 500円

店員さんは一つ一つを丁寧に解説をしてくれた。

2歳の息子は終始機嫌が悪いのか、途中から奇声を発しだしたが、接客時には嫌な顔一つ見せない徹底したプロの対応を目の当たりにした気がする。

 

本当はほろ苦パンケーキが食べたかったが、時間帯がモーニングだったこともあり今回は諦めることに・・・

 

モーニングはオープンの9時30分~11時まで。

なんとパンケーキは食べ放題ということだ。

食べたい枚数を伝えれば持ってきてくれるとのこと。

久しぶりに素晴らしいお店に巡り会えた気がする。

 

とりあえず、注文することに

かみさんは、Eのクリーミースープ&サラダ、私はBのスイートダンディ、娘はキッズプレートを頼む。

スポンサードリンク

パンケーキ以外のオリジナル雑貨

雑貨置き場

お店の一角にはオリジナルの雑貨が置いてあるとのこと。

マスターに教えてもらった。

店内のデザインがオシャレだし、雑貨も店内のデザインと統一されているので、お店の雰囲気と良くマッチしている。

 

象のオブジェ

子供服のデザインは、他にないカワイサがあり、好感が持てるものが多かった。

動物の顔シリーズなのか、店内にはこの象の他にもライオンなどが飾られている。

どれも購入することは可能だ。

 

食器類

マグカップやお皿なんかも良い感じ

 

グリとグラ

グリとグラのパンケーキを再現したお店だけあって、グリとグラの絵本が置いてある。

11時を過ぎた位から、徐々に人が入ってきた。

 

ルサルカパンケーキの登場!!

キッズプレート

まずは、娘が注文したキッズプレートが一番最初に出てきた。

ジュースは基本メニューからオレンジ・アップル・グレープフルーツの中から選べる。

かわいい顔の形のオムレツとサラダ、そしてルサルカの刻印を押されたパンケーキ

これで500円は安い。

 

クリーミースープ&サラダ

かみさん注文のクリーミースープ&サラダが登場

スープは具だくさんに豆が入ったヘルシーなスープ。

パンケーキの甘さが苦手な人でも、これなら十分食べられる。

 

スイートダンディ

最後に私が頼んだスイートダンディが登場!!

朝からこんな甘いもんを食べるのかと言われそうだが、私は大の甘党なので何の問題もない。

レモンクリームの上に振りかけられた黒い物体はブラックペッパーだが、これが意外に合うんだな。

下のはちみつとの相性も抜群に良い。

予想以上に美味しかった。

 

アイスコーヒー

モーニングのセット内容にはもちろんドリンクもついてくる。

ドリンクはホットのコーヒーか紅茶、アイスコーヒーにアイスティーといったところ。

 

みんなが食べ終わる寸前に、娘からおかわりコールが。

息子はグズり倒した挙句に、パンケーキを半分食べただけで眠ってしまった。

 

IMG_4749

マスターに6枚焼いてもらうお願いをしてから、5分も経たずにパンケーキのおかわりがやってくる。

さすがに6枚は多かった。

貴重な戦力の長男が寝てしまい、私もかなりお腹一杯の状態。

それでもパンケーキがおかわり自由なのは嬉しい心遣い。

 

まとめ

モーニングの時間帯ではあったが、十分満足出来る内容だった。

マスターの接客はやり過ぎと感じることがまったく無く、終始紳士な対応で気持ち良いものだった。

11時を超えてからは、次々にお客さんが入ってくる。

ほとんどのお客さんは10代の女子が多かったように思う。

他、私達と同じ家族連れが3組程、みんな2才以下の子供連れのファミリーが多かった。

次くるときは、ランチメニューを食べてみたいが、何よりも気兼ねなくパンケーキのおかわりが出来ることは大きい。

若い女子もいいんだけど、家族連れにこそオススメ出来るお店だと確信した。

 

子連れに安心の配慮

IMG_4760

トイレにはちゃんとオムツ替えの簡易ベットが据え置きされている。

この配慮が非常に重要だ。

子連れで行けるお店の中でもルサルカは、上位に食い込むお店の一つであることは間違いない。

 

丸テーブル

オシャレな丸テーブルに目が行きがちだが、何よりもルサルカは通路幅が広い。

ベビーカーが通っても何の問題もない。

置き場所に苦労することがないので、テーブルの横にそのまま据え置き出来る。

 

IMG_4712

目の前に三井のリパーク自由が丘1丁目駐車場がある。

これから真夏になる時期なので炎天下30℃以上の中、自由が丘駅からベビーカーを押してここまで到達するのは至難の業だ。

コアタイム1時間/500円と考えれば、車で来るのがオススメだ。

スポンサードリンク

アクセス

ルサルカ自由が丘店

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-20-19 1F

電話番号:03-6459-5791

営業時間:10:30~20:00(L.O.19:00)

定休日:不定休

業態:パンケーキサロン

関連記事

  1. 碑文谷裏手にあるオーガニックマフィンを扱うお店の味と値段について…
  2. 自由が丘のスイーツで一番人気のおすすめ店はモンサンクレール!!
  3. 【激ウマ】都内初フレンチトースト専門店が自由が丘の外れにあった!…
  4. ふなわかふぇ自由が丘は、子連れでもゆったり出来る「和」なお店
  5. 自由が丘の外れにあるソーワアイスがリーズナブルで美味しい件
  6. 自由が丘の豆屋さんフェーヴはスイーツ感覚で食べられる豆専門店
  7. 自由が丘のパティスリーパリセヴェイユのスイーツは極上の一品!!
  8. カナダ生まれのビーバーテイルズが自由が丘に日本初出店!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP