ファッション

自由が丘の傘専門店クールマジックシューズは高品質で低価格!!

クールマジックシューズ自由が丘店

自由が丘で異彩を放つビルがある。

4階建てのこのビルは、大井町線の踏み切り横に不思議な形でそびえ建つ。

このオシャレなガラス張りのビルは何屋なのか?

 

 

そう、傘専門店なのだ。

これから梅雨に向かって、傘は必需品。

今回はクールマジックシューズを紹介する。

スポンサードリンク

クールマジックシューズとは

クールマジックシューズ自由が丘店 

2014年4月にオープンしたCool Magic SHU’S(クールマジックシューズ)は、1階から4階まで「」オンリーの品揃え。

 

何と10,000本の傘が置いてある、文字通り傘の専門店だ。

 

コンセプトは

 

かっこい(COOL)デザインと、あり得ない(MAGIC)機能を持った約10,000本の傘。

クールマジックシューズHPより引用

確かにコンセプトをそのまま具現化した店舗造り、商品作りだと思う。

こんな店、今まで見たこと無いもん。

商品構成は中心的なブランド「waterfront(ウォーターフロント)」を筆頭に、「SHU’S(シューズ)」、ホールマーク社とのコラボ商品という3本の柱がメインとなっている。

 

1階から4階まですべて「傘」

早く店の中が見てみたい。

 

店内

1F

IMG_2810 IMG_2811

まずお店に入る前に、人の多さに圧倒される。

休日だったのも理由の一つだと思うが、これだけ晴れた日にこぞって傘を買いにくる必要があるのだろうか。

人が多くてゆっくり見れない。

それだけ注目を集めているんだな。かれこれ1年経ったのに衰える様子がない。

世界的に見ても、これだけの種類を取り揃えた傘屋さんは無いそうだ。

今後も自由が丘のランドマークとして、さらに発展していくと予想できる。

 

天井に敷き詰められた傘はとてもきれいだ。

こうやって見てみると傘ってアートなんだなと思ってしまう。

 

IMG_2767 IMG_2768

「傘の図書館」を謳う理由が良く分かる。

木枠にぴったりのサイズで収まる傘たちは、均整が取れている。

どの傘も微妙に異なり、カラーバリエーションもハンパない。

これだけ違う生地で生産出来るということは、それだけ売れているんだな。

1生地当たりのMOQって何本単位なんだ?

 

IMG_2769 IMG_2770

紳士物から女性ものまで、誰が来ても必ずお気に入りの一品が見つかる。

この木枠に収まっている商品は折りたたみ傘がメインになる。

IMG_2808 IMG_2809

価格は1,000~2,000位のものが中心だ。

 

IMG_2771

店内は階段とエレベーターも完備している。

2階へ上がってみよう。

スポンサードリンク

2F

IMG_2773 IMG_2777

2階はメンズの傘をメインに取扱している。

かといって女性物が無いわけでもなさそうだ。

 

IMG_2776 IMG_2774

 

ちょっと気になったのが、monoマガジンに載ったこの傘

IMG_2779 IMG_2780

 

ネイビーとモスグリーンという、何にでも合わせやすいカラーと、作りがとてもしっかりしていた。

まさに「道具」という感じかな。

ここの傘は一本一本が手作業で作られているらしい。

それでいて、価格は平均2,000~3,000円位が少し高い区分にはいる。

 

平均で売れ筋なのは、やはり1,000円くらいのものらしい。

だってコンビニでビニ傘買うよりも、近所にいたらここで傘買うもん。

高品質で低価格、これに勝るものは無いのだから。

 

IMG_2783

 

ゴルゴ13もビックリのライフル傘、こんなお茶目なアイテムも置いてある。

ちなみに名称は「種子島」とのこと。

 

IMG_2786

 

ショートタイプもあるみたいね。

片手で閉じられるかは試してないので分からないが、他店では絶対に見つけることの出来ないアイテムだ。

 

IMG_2784 IMG_2781

もちろん、普通に紳士用の傘も置いてある。

これだけ、きれいに陳列されているからこそ良く見えるんだろうなー

IMG_2764

店前にもあったけど、父の日にも良いかもしれない。

価格は安いし、デザインは良い。しかも品質も良さそう。

これだけコストパフォーマンスの高いお店は絶対無い。

 

機能性、デザイン、品質、価格とどれを取っても他の追随を許さない。

まさに傘界のドン・コルレオーネみたいな存在だ。

 

3F

3階は女性物コーナー

IMG_2798 IMG_2794

24本骨傘、16本骨傘は、強度が強そうなので台風の日でもいけちゃうのか?

とにかくデザインが豊富、カラーが豊富

 

当然凝った作りのものは、5,000円を超えるものもあるけれど、手が込んでいて面白いものばかり。

何気に2時間くらい居られると思う。

一本一本をもっと開いて詳細を見てみたかったが、子連れではそれも叶わず・・・

 

IMG_2804 IMG_2797

外国人の人も良く買いに来るらしく、その中でも人気なのは「和柄」だ。

日本を表現するに、やはりこの和柄は外せない。

ピンクや、薄紫にしても、この微妙な色感を出すのは本当に難しい。

 

IMG_2801 IMG_2791

いったいどれだけのSKU数があるんだろう。

これを在庫管理するのは至難の業だ。

 

実地棚卸しは半期と考えても、数量差異は出ないのだろうか?

どんな仕組みなんだろう。

 

IMG_2799 IMG_2793

動物をあしらった可愛らしい折畳み傘も置いてある。

こどもにせがまれたが、自分で折畳みが出来ないので大人になったら買うことを約束。

 

何とか納得してもらえた。

 

IMG_2803 IMG_2790

丁寧に折畳みの方法が記載されている。

当然のことだ。

店頭に置いてある傘がサンプルなのかは知らないが、傘に折りジワがついたらもう売物にならない。

 

あれもこれも、開いて見ている人が居るけれど買いもしないんだったら、気軽に開くな!!

ついつい売るほうの側に立って見てしまう。

 

でも極力は止めておこう。

 

4F

4階はバイヤー向けの商談スペース兼、ショールームのようだ。

一般のお客さんは入れないので、間違えて上がらないように・・・

 

まとめ

IMG_2806

3階からエレベーターに乗る際に気付いた。

 

狙われていたのね・・・

 

何で1階から乗るときに気付かなかったんだろう?とにかく、この傘専門店クールマジックシューズは凄い。

 

この建物の構造のおかげかもしれないが、スペースをうまく利用しているしガラス張りなのが良い。外から見てると分からないが、店内に入ると不思議と感動すら覚える。

 

多分、これだけの傘に囲まれた経験が無い分(ある人はあまりいないと思うが)、入る前と気持ちの落差が出来るからなのか。

 

これだけ高品質なものを、1,000~2,980円という低価格で販売出来る力がすごい。今回は購入出来なかったので、次回は迷彩傘(あったかな?)を買いにいく予定だ。

スポンサードリンク

店舗・アクセス

Cool Magic SHU’S(クール・マジック・シューズ)

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-9-1

 

電話:03-6421-2108

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休

面積:252.57平米(76.40坪)

業態:傘屋4階建て(1階いろいろ、2階メンズ、3階レディース)

関連記事

  1. NOLLEY'S(ノーリーズ)自由が丘店 NOLLEY’S(ノーリーズ)自由が丘で彼女の買い物…
  2. IMG_3128 自由が丘FREES MART(フリーズマート)は20代前半まで?…
  3. ユニクロ自由が丘 自由が丘ユニクロで秋のファッションアイテムを探す!【徹底レポート…
  4. ジャンブルストア自由が丘店 あのジャンブルストア新店舗が3/5自由が丘にニューオープン!!
  5. キャスキットソン自由が丘 花柄デザインが素敵なキャスキッドソン自由が丘店でプレゼントを選ぶ…
  6. CHECK&STRIPE自由が丘店 チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん…
  7. お受験に挑む母親 お受験の面接服はリサイクルが良い?面接時の注意点について
  8. IMG_3127 Marimekko(マリメッコ)は自由が丘を鮮やかに彩る花柄店舗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP