スイーツ

割れチョコ専門店チュペ・ド・ショコラは色んなチョコを楽しめる!!

専門店でチョコレートを買うときってどんなとき?

ほとんどが、遊びに行ったりする時の土産物として購入するか、バレンタインに好きな男(そうでもない男も含め)に渡すパターンがほとんどだと思う。

それ以外にチョコレートを専門店で買う機会は、ほとんど無いんではなかろうか?

そんな訳で今回は割れチョコ専門店のチュペ・ド・ショコラを紹介していくことにした。

スポンサードリンク

割れチョコとは

チョコレートに限らず、形の悪い野菜や果物、この前紹介した黒船でいうところのカステラの切れ端みたいなものだ。

製造過程で欠けてしまったチョコレートを処分せずに再利用したことが割れチョコの始まりだ。

 

初めは製菓用に溶かして使う人のために販売を行っていたが、これが思いの他好評で、生産が追いつかない状態にまでなっているらしい。

ヒョンなことから新しいビジネスが生まれることは多いにありえる

 

ただ、生産が追いつかなくなるということは無いと思う。

 

だって割ればいいんだもん。

 

老舗のチョコレート工房で製造されているので、質はクーベルチュール、その辺のコンビニで販売している「製菓用チョコレート」とは別物なのだ。

 

想像するに、本来のチョコレート販売よりも、今ではこちらの売り上げの方が多いんではないだろうか。

 

クーベルチュールと製菓用の違い

この住み分けを理解している人がどれだけいるのだろう。

問うてる自分自身が分からないため、調べてみた。

 

市販の板チョコと製菓用チョコレートの違いは風味や口溶け。製菓用チョコレートのなかでも「クーベルチュール・チョコレート」は「カカオ分が35%以上で、カカオバターが31%以上含まれる」「カカオバター以外の代用油脂は5%まで」という厳しい国際規格をクリアした最高のお菓子材料です。
一方市販の板チョコはカカオバター以外の油脂を添加するなど様々な配合がされており、カカオ本来の味を楽しむには不向きです。クーベルチュール・チョコレートを使うと、カカオ本来の味を楽しめる、ワンランク上のお菓子に仕上がります。     引用元:CUOCA

 

普通にコンビニなどで販売されている板チョコとは、カカオの分量に大きな違いがあるのだ。

一般的には、高級チョコレートという認識の人もいるが、

実際にはカカオの占める割合が高いチョコレートのことを指している。

 

チュペ・ド・ショコラとは

この辺で店舗の紹介に入っていこう。

場所

IMG_1376

駅南口より徒歩約10分というところか。

場所は学園通りピーコックを始点とすると、ABCマートの方向に向かってひたすら歩く。

 

明日会社行くの嫌だなー」

 

なんて考え事をしながら歩いていると通り過ぎてしまうので、ABCマートを過ぎた辺りから注意して進んでほしい。

ネオンでMESSINAと大きく書かれたビルがお店の場所だ。

地下はイタリアンか何かのお店で、1階がチュペ・ド・ショコラの店舗になる。

 

店内の様子

IMG_2366 IMG_2370
大概は店前で店員さんがチョコを持って販促してる。

割れチョコを一欠片貰ってしまうと相手の思うツボで、返報性の法則が作動するのかついつい店舗の中に入ってしまう。

店内は予想していた以上に狭い。

入ってすぐに左手にはチョコレートファウンテンが置いてあり、娘に欲しいとせがまれる。

何とかなだめつつ、割れチョコを購入することで何とか娘の機嫌も損ねずに済むのだ。

 

IMG_1375 IMG_2369

娘はこのチョコレートファウンテンに感動していた。

子供の頃にはこんなもの見る機会がないので当然か。

初めて見るチョコレートファウンテンに心躍らせている娘を見て、自分も純粋な時期があったんだよなと昔を思い出す。

このうまそうなザッハトルテは5号サイズ/3,218円(税込)。

スポンジ生地に通常よりも多いチョコレート量を使っていることでズッシリした重厚な味に仕上がってる。

スポンサードリンク

商品

2015-05-23_06h50_38

 

photo 割れチョコ.COM

 

私の好きなクランチ系・マシュマロ系も含め、専門店らしい商品の数だ。

あまり頻繁に行くとも思えないので、私は行くときはいつも100gバラ(400円)をアソートしてる。

というよりも、まだ娘が1才のときに商品の多さにとまどい、

優柔不断な私は30分以上選んでいるうちに、娘が突然泣き出してしまった。

結局、何も買わずに店を後にした苦い記憶がある・・・

 

それ以降、行った時は800gや1.2kgの詰め合わせをメインにする。

そんなに必要ないときは好きなものを何点か買って食べてる。

初めての人に最適な7種セットの販売もあるので、私のように優柔不断な方は、この7種セットをオススメしよう。

 

IMG_2368

贈り物に使うのも良いと思う。

ギリチョコなんかは100gバラを適当に詰め合わせ、

会社や学校の身近な適当な男子に、特に気を使うことなく適当に渡してしまえ。

男達は単純な生き物なので、あまり目にしない割れチョコのビターな味に、あなたのセンスを認めざる負えないだろう。

 

再訪

チュペドショコラの小分けチョコ

自由が丘公園の目の前と言うこともあり、子供達はチョコレートのお店に行きたがる。

久しぶりに再訪してみると、小分けにされたチョコレートがたくさん置いてあった。

 

チョコを2つ買ったらこの入れ物に入れてくれた

「マシュマロたべたい~」

娘に強く促された手前、このまま出るわけにもいかずマシュマロ入りと黒糖きなこの2種類を購入することにした。

 

2種類のチョコレート

パッケージデザインはこんな感じ、久しぶりに食べる割れチョコの味はいかがなものか。

デザインがカワイイから贈り物にはベスト。

 

袋から出した割れチョコ

割れチョコは、大小様々な大きさのものが袋から見える。

その大きさでは、こどもが食べるには大きすぎるため、さらに割って与える事にしよう。

両方500円くらいだったから、バレンタインの義理チョコなんかにも使えないかなーと思ってみたりしました。

スポンサードリンク

まとめ

場所が若干遠いので、ここを目指すついでにいくつか立ち寄れる場所を案内しておこう。

ABCマートとチュペ・ド・ショコラの間には自由が丘公園、お店から数分の距離にあるラ・ヴィータ、お店に寄って好きなチョコを買った後は、公園で食べてもいいしラヴィータにもベンチがある。

お茶しながら食べてみても良いと思う。

チョコレートの賞味期限は6ヶ月あるので大量に買い込んでも十分日持ちする。

ただ、カカオは中毒性が高いので、一旦袋を開けて食べだすと止まらなくなってしまうのだ。

なので食べすぎには注意しながらクーベルチュールの味わいを楽しんでいただきたい。

 

関連記事

  1. 自由が丘駅前でタルトケーキを食べるならラ・メゾンで決まり!!
  2. 自由が丘裏手の焼き立てパイ専門店ボンモアンで最高のパイを食べる!…
  3. 自由が丘にあるリンツはプレミアムチョコレートを扱うカフェ併設店!…
  4. 自由が丘の豆屋さんフェーヴはスイーツ感覚で食べられる豆専門店
  5. シャポン日本一号店が自由ヶ丘にオープン!カフェがあるのはここだけ…
  6. 自由が丘で家族4人で食べるコスパ抜群なショートケーキは神戸屋で!…
  7. アンデルセンは出来たて激うまシュークリームが食べれるパン屋さん?…
  8. 碑文谷裏手にあるオーガニックマフィンを扱うお店の味と値段について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP