自由が丘の天馬で子連れランチカレー|カレーパンの販売も有

かみさんと娘は小学校の友達の家に遊びにいってしまったので、残された私と息子はランチ兼プールに行くことにした。

息子とのランチも最近では苦とは思わなくなってきた。

言うことを聞いてくれる段階まではいかなくても、それなりに静かに食べてくれる。


自転車で自由が丘を回ろうとも思ったが、先行してかみさんに使われてしまったためトボトボと歩いて行くことに・・・

今日はあらかじめ食べる店は決めてある。


カレー屋『天馬』に行くことにしていた。理由は単純に息子が大好物だから、それでは天馬に入ってみよう。

スポンサードリンク

目次

自由が丘『天馬』でランチカレー|子連れでも安心して入れるお店

マリクレール通りにある天馬自由が丘店

自由が丘店の店前

天馬自由が丘店は駅南口を降りたマリクレール通り沿いにお店がある。

このお店の隣が一番やっかいな存在で、息子が必ず立ち寄っては帰ろうとしないおもちゃ屋マミーがあるのだ。

うまく誤魔化しながら何とかマミーの存在はバレずに店まで来ることが出来た。

マミーの横でなければ利用頻度ももっと高くなるんだけどな・・・

荷物置き用にベビーカーも持参して行った手前、店の中に置き場所はあるのだろうか?

入れないと嫌なので、店前に置いて店内に入ることにした。

天馬自由が丘店 店内の雰囲気

一歩お店に入ってみた

店内はレンガ造りとシックな黒を基調にした落ち着いた雰囲気のお店だった。

特に事前に何も調べることなく来てしまったので、子供と一緒に入ることができるかも、キッズメニューがあるかなど何も確認していない。

子供用の甘口は用意されているのだろうか?確認しない自分が悪いのだが、一抹の不安を覚える・・・

なんか大人な雰囲気のお店だったため、入ったことを若干後悔するも今さら仕方ないのでそのまま店奥に突き進んだ。

店の奥に突き進んで行く

店奥に突き進んで行くとウェイトレスの女性から声を掛けられた。

「2名様でしょうか?」

その旨を伝えると好きな席に座って下さいと普通に案内されたので、ホッと胸を撫で下ろす。

時刻は11時40分過ぎ、4名テーブルが空いているのでそこに腰をかけることにした。

シックで大人っぽい雰囲気の店内

店奥まで来て思ったことは、意外と店内が広いということ。

私の他に二組だけ小さいこども連れの家族がいた。店内にこどもの声が聞こえるとそれだけでホッとする。

基本的に普段はカップルだったり、女性同士だったりと大人同士のお客さんが多いのかもしれない。


お店の通路幅の広さを考えると普通にベビーカーを入店させることも出来た。

店前に放置しなくても問題なく入店できる、それでいて他のお客さんには邪魔にならない。

ベストな通路幅だなと感心してしまった。

天馬自由が丘店 メニュー

天馬のメニュー

天馬のメニュー

ビーフカレー 1200円 バターチキンカレー 1200円 欧風野菜カレー(サラダ付き) 1200円
海老とアボガドのまろやかカレー 1000円 骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー 1200円 やわらかロールキャベツとたっぷり野菜のスープカレー 1200円
3種のチーズと完熟トマトの挽きカレー 1000円 和風キーマカレー 1000円 チキンカツカレー 1000円
厚切りベーコンエッグカレー 1000円 1等賞のお子様カレー 600円 カレーパン&ごちそうサラダプレート 900円
ドリンクセット 280円 サラダ&ドリンクセット 380円 デザート&ドリンクセット 580円

ここからチキンカツカレーと1等賞のお子様カレーをチョイスする。

後は来るのを待つだけだ。

スポンサードリンク

ほど良い味付けのカレーは評判通り美味しい

3歳にもなるとタブレットやスマホを容易に使いこなしてしまう。

うちの子はまだまともに話せないが、この辺の最新機器についてはかなり精通してるのだ。

といってもyoutube動画を見るくらいしか活用してないのだが、タッチのプロさ加減がハンパ無く縦横無尽に自分の見たい動画を手繰り寄せる。

息子の自慢ではなく、こんな3歳児でも使えるタブレットを開発アップルに敬意を表したかっただけ・・・ 

かなり脱線してしまったが、10分待つかまたないかのうちにカレーがやってきた。

1等賞のお子様カレー

1等賞のお子様カレー/600円

1等賞のお子様カレーはウインナーとたまご(半分)、それにブロッコリーにミニトマトがのった甘口タイプのもの。

息子はお腹が空いていたせいか、来た途端にかぶりつくが熱すぎたせいで半泣きしてしまった。

少量をとりわけ、少し冷ましてから食べさせると黙々と食べていく。

やはり子供にとってカレーに勝る食べ物はそうそうないのだろう。

もくもくと食べ続ける3歳の長男

ゆでたまごがあまり好きで無いのか、ブロッコリーとミニトマトとともに残していた。

それ以外は見事に完食しとても満足気のよう。

食べ終わってからオレンジジュースを一気に飲み干していた。

天馬自由が丘店 チキンカツカレー/1000円

チキンカツカレー/1000円

チキンカツカレーがやってきた。

想像していたよりも大分ボリュームがありそうな、そうこれ食べたら動けなくなるね、確実に。

チキンカツの大きさ、ご飯とのバランスも悪くない。

ボリューム満点のチキンカツカレー

カツに適度にかけられたソースがカレーと混ざる事でバランスのとれた辛さを演出してくれそう。

見た目は食をそそる以外にコメントのしようがないくらい、完璧な出来だ。

さっそくルーをかけて食べることにしよう。

チキンカツカレーにルーをかける

なぜ、カレーとカツは最高に合うんだろうか?

これ以上の組み合わせは考えられない。

高カロリーでダイエット中の私は絶対にとってはいけないメニューということも重々承知のうえ。

でも無理だね、これ以上の組み合わせはないんだから・・・

私もモクモクとカレーを食べすすめる

一口食べた感想は、予想通りの味で安心した。

シャパシャパすぎず、かといってドロドロとしているわけでもないちょうど良い按配のカレーとは天馬のカレーを言うんだろう。

評判通りの美味しさだった。

チキンカツの揚げ具合も絶妙で、衣はサクッとしてスプーンで簡単にカット出来るやわらかさ。本当にカレーとは最高の組み合わせだね。

中辛は万人受けする程度の中辛具合なので、少し辛いのが好きという人は辛口にしておいた方が無難だ。

まーこの判断こそ個人差が大きいので何ともいえないところだが・・・

天馬自由が丘店 まとめ

赤ちゃん連れの家族

私達が注文した後に入って来た家族連れ、その前にいた家族連れをみるとやはり小さい子連れのお客さんが多いことに気付く。

自由が丘で子連れランチ出来るお店は多いんだけど、気軽に利用出来ることを考えると天馬は有難い存在かもしれない。

そして何よりもカレーの味は絶品だった。

かみさんはあまりカレーが好きではないが、娘は大好物の一つなのでこんど連れて来てあげようかな・・・

天馬自由が丘店 アクセス

天馬 自由が丘店

住所:〒152-0035

東京都目黒区自由が丘1-7-15

丸栄ビル 1F

電話:03-6421-1202

営業時間:11:00~22:00

定休日:無休

業態:カレーライス、パン、カフェ

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる