和・洋・中

そば新は自由が丘でこだわりの蕎麦が手軽に食べれる24時間営業のお店!!

そば新の看板

そば新は、自由が丘ではあまり見かけない「立ち食いそば」のお店。

実際、カウンターには固定の丸椅子が常備されているので、立って食べる必要はない。

 

私は手軽に食事を済ませたいときには、必ずここに立ち寄ることが多い。

24時間営業なので、終電で帰社しても開いているのがうれしいんだな。

 

今回はそば新の魅力をお伝えする。

スポンサードリンク

そば新は安価で本格的な蕎麦が食べられる

そば新の店頭メニュー展示

そば新を知ったきっかけは、なんてことない。

ラーメンを食べようとしたが、近くの魂心屋・結心・無邪気と3店連続で満席だったため。

 

「いつもラーメン食べてたら体に悪い」と自分を諭し、仕方なしに決めたお店だった。

これが意外な結果をもたらす。

 

そば新は、石臼挽きの蕎麦と全て自社で製造したこだわりのだしが一番の売りになってる。

そば粉はとても熱に弱く、製粉時に熱が発生すると水分とともに風味が飛んでしまう。

「石臼挽き」は、ゆっくりと長時間かけて製粉するので、熱が出にくく蕎麦が本来持っている味や香りをそのまま維持できるのだ。

しかもそば粉は北海道幌加内産のソバ粉を使ってる。

この北海道幌加内は蕎麦の作付面積、生産量ともに日本一の地域に当たる。

 

立ち食いなので、挽きたてにも限度があるが、この言葉に期待してしまう自分がいた。

 

 

そば新のメニューはこんな感じ

そば新券売機

メニューでオススメだったのが、鴨セイロ(2玉)

これは一日20食限定のメニューでボリュームも多く、味も立ち食いとは思えないクオリティのそばだった。

私がそば新を利用するのは、いつも夜中の時間帯だが不思議なことに、この20食限定の鴨セイロが売り切れてたときを見たことがない。

2015年7月17日の夜中に訪れた際にはメニューから「20食限定」の文字が消えていた・・・

意外と人気がないのかな?

今となってはまったく分からない。

 

メニューリスト
あたたかいそば・うどん

鳥南蛮/500円 力/430円 とろろ(生玉子付)/430円 

海老天/430円 天ぷら(かき揚げ)/370円 ごぼう天/370円

大判きつね/370円 にしん/460円 かけ/260円

カレー/430円 肉/430円 天玉(かき揚げ)/420円

いか天/380円 春菊天/370円 コロッケ/370円

わかめ・たぬき/320円 たまご/310円

石臼焼きそば、冷たいそば・うどん

鴨セイロ(2玉)/600円 大盛りそば(2玉)/470円

もりそば/310円 冷やし納豆・とろろ(生玉子付)/480円 

冷やしきつね/440円 冷やしたぬき/440円 ざるそば/330円

特盛りそば/490円 もりそば/280円

   お得なセットメニュー

焼肉セット/690円 カツ丼セット/630円 親子丼セット/540円

かき揚げ丼セット/490円 牛丼セット/480円 カレーセット/480円

玉子丼セット/480円 納豆丼サービスセット/390円

朝食サービスセット/370円

丼のメニュー ※メニューにより味噌汁やお新香が付く

特盛り焼肉ライス/690円 焼肉ライス/560円 

かつカレーライス/560円 かつ丼/500円 海老天丼/500円 

コロッケカレーライス/480円 親子丼/480円 牛丼/400円

カレーライス/360円 たまご丼/360円

その他

玉子/50円 わかめ・たぬき/60円 

春菊天・かき揚げ・ごぼう天・コロッケ/110円

いか天・とろろ・納豆/120円

いなり(2個)/140円 海老天/170円

大盛り/100円

ビール/380円

 

お店の雰囲気

そば新のお店の雰囲気

そば新の店内雰囲気は、富士そばや小諸そばなどの立ち食い屋と変わらない。

オシャレな街自由が丘の中にあっては異色といえる。

手軽さでみれば、このちょっとした古さがいい味を出していて、特段気を使うこともなく疲れてる時にはちょうど良い。

券売機で買った食券を渡す。

今日は、いつもは頼まないセットメニューの「かつ丼セット」にした。

 

いつもは、おやじ2名+おばちゃんの3人構成しか見たこと無いが、今日はおやじ2人で切り盛りしてる。

残念なのは、このおやじたちの接客をする姿勢だ。

 

食券をカウンターに置くと、おやじからは一言だけ

 

「セットは?」

 

初めて来た人は何のことか良く分からないと思う。

この一言のもつ意味は、

かつ丼セットに付けるのは、温かいそばですか?うどんですか?それとも冷やしですか?わかめにしますか?たぬきですか?を表している。

 

私の後に入った女性が初めてだったらしく、この一言で揉めそうになっていた。

そりゃーそうだろう。

おやじの言い分は、メニューに書いてあるからそれを読んでから注文してくれという感じだった。

いや、それをぶっきらぼうな口調で女性に言っていた。

 

そばの味は嫌いじゃない分、店員は全員入れ替えをした方が良い。

 

 

そば新店内の様子

時計の針は金曜の12時を回り、店内は私以外に2名のお客さん。

これがあと1時間早いと席は埋まってしまう。

基本的にサラリーマンや学生が客層の主となる部分を占めるが、一人で食べてる若い女性もよく見かける。

最近の若い女性は、一人で立ち食いそばを食べることに、特に抵抗がないんだな。

意外な発見だ。

 

お冷

このお冷と呼ぶには、若干ぬるいお水が歴史の古さを物語る。

ここは仕方ないか・・・

スポンサードリンク

かつ丼セット登場!!

かつ丼セットのそば

注文したかつ丼セットのそばが登場

このわさびの山盛り感が私には最高にうれしい。

ボリュームも、普通であればこのそばだけで十分なほどだ。

味は少し濃い目なので、そこは人によって好みは分かれるが、そば本来の風味は十分感じられる。

 

かつ丼

たぬきそばを半分ほど食べたところろでかつ丼登場

このボリュームを見てセットにしたことを若干後悔する・・・

味は普通に何処にでもあるかつ丼と大して変わらない。

 

まとめ

この他にも、私が好んで注文するのは天玉(420円)そばがある。

かき揚げのサクサク感があれば、そば新の天玉が最強と呼べるのだが、残念なことに揚げ置きされたかき揚げは塊感しか感じない。

つゆにとろけた感じが好きな私は、サクサクしてなくても十分なのでいつも天玉を注文する。

サクサクが好きな人には向かないが、そば自体は風味も食感もコスパを考えれば十分な味だ。

店員のおやじ達はまったく気が利かないが、たいして気にすることもないので手軽に食べたいときはおすすめできるお店だ。

スポンサードリンク

 

アクセス

名  称:そば新 自由が丘店
住  所:〒152-0035
     東京都目黒区自由が丘1丁目12−6 センタービル1F    

               自由が丘駅北口徒歩30秒

 

電話番号:03-3717-2880
営業時間:24時間
定 休 日:不定休
業   態:蕎麦店、麺類専門店

関連記事

  1. 自由が丘 状元樓の入口 状元樓(ジョウゲンロウ)自由が丘店でのランチは海鮮ヒスイ冷麺で決…
  2. いちばんや いちばんやは無添加で一番身体にやさしいラーメン屋!!【自由が丘】…
  3. BISビルディング4階にある自由が丘バーガー 自由が丘バーガーは安心のオーガニック100%お洒落で激ウマなお店…
  4. T’sレストラン入口 【騒音】自由が丘の子連れランチはT’sレストランへ!個室も有り【…
  5. 泰興楼自由が丘店 自由が丘にある泰興楼のランチはボリューム満点なのにコスパも抜群!…
  6. 博多吉もん店前 自由が丘で子連れでも食べられる豚骨ラーメンは博多吉もんへ行こう!…
  7. 2015-04-24_02h22_14 自由が丘の3大中華料理店このランチ対決を制するものは?!
  8. todays table入口 トゥデイズスペシャルの店舗でカフェがあるのはどこ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP