和・洋・中

タヴェルナメッシーナは自由が丘イタリアンの中でも激ウマなお店【デート可】

タヴェルナメッシーナ店舗入口

タヴェルナメッシーナは、割れチョコで有名なチュペドショコラの下にあるイタリアンバールだ。

自由が丘に住んで8年目を迎えるが、つい最近まで存在自体まったく知らなかった。

 

チュペドショコラ自体が自由が丘の外れに近い場所にあるしね。

この間たまたま自由が丘公園で子供たちを遊ばせた帰りに、地下にお店があることに気付いた。

 

今日はタヴェルナメッシーナで休日ランチした感想をつづっていこうと思う。

スポンサードリンク

自由が丘外れの美味しいイタリアン『タヴェルナメッシーナ』

タヴェルナメッシーナ店前

黄色い看板でデカデカと『MESSINA』と書いてあったのね。

割れチョコ屋は目に入ったけど、地下にあるタヴェルナメッシーナは正直まったく気付かなかった。

 

11時からオープンしている数少ない店の一つなのは非常に有難い。

子連れはオープン間もない時間に入って、店内が慌ただしくなってくる12時位に出るのがベストなタイムスケジュールになる。

 

噴水

階段を下りる途中に何やら噴水のようなものが見える。

こんな演出にも凝ったお店なのか・・・

 

そもそも子連れの私達が入れるような店なのだろうか?

 

私はこの辺は事前に調べることはしないので、出たとこ勝負なのだ。

 

タヴェルナメッシーナお店の入り口扉前

お店の中には4・5人のお客さんが既に入っている状態だった。オープンと同時に入るくらいのお客さんだから常連の人達なのだろうか?

入口の扉から中の様子をすべて確認することは出来ないが、少なくとも私達のような家族連れがいるような雰囲気ではないことが分かる。

 

『失敗したかな・・・』

 

一瞬自分の選択が間違ったかと一人で考えているうちに、店員さんが表へ出てきた。

『予約されておりますか?』

 

予約しなけりゃ入れない程の人気店なのか?

予約はしていなかったので、子連れであることを同時に告げて店内に入れるか聞いてみる。

 

どうやらその点は問題ないらしい。私達はそのままお店の中へ通された。

 

店内の雰囲気

入口に入ったすぐの2つのテーブル

お店の中は縦長の構造のようで、入口入ったすぐ右側に4人掛けの二つのテーブルがある。

そのすぐ左がカウンターキッチンになっており、その奥にまたテーブル席があるような構図だった。

 

店員さんは一番奥のテーブルに通そうとしているんだな。

子連れはうるさいから、一番奥のテーブルに通して隔離しようという魂胆なのだろう。

私が店員でも同様のことをするだろうな。

 

タベルナメッシーナの店内

店員さんは3名、お客さんは15分もしないうちに3・4組が入って来た。

自由が丘駅から少し離れた距離にあるとはいえ、みんなこの店を知ってるのね。

 

店内のお客さんの年代は30代前半、カップルが2組と女性同士のお客さんが2組と家族連れは他になし

デートで使うには良さそうなお店なのかもしれないね。

 

メニュー

タヴェルナメッシーナのメニュー

土日のランチセットは1,800円

内容は前菜から1品、パスタ・ピザ・メインディッシュの中から1品、これに自家製パンとドリンク(コーヒーor紅茶)、さらにデザートも付くので内容次第では良い方では。

 

前菜                         

ナスのシチリア風 カボナータ
カジキマグロの軽いスモーク サラダ仕立て
新サンマと焼きナスのマリネ
フランス産 鴨のスモーク バルサミコソース
真タコのカルパッチョ ドライトマト風味
フォアグラのパニーニ バルサミコソース(+300円)
旬の野菜のオーブン焼き ビエモンテ風アンチョビソース
スカモルツァチーズを詰めたライスコロッケ〝アランチーニ”
真鯛のセミクルード青獅子のヴィネグレット
キャラメリゼしたフォアグラのテリーヌ(+300円)

ピッツァ              

マルゲリータ(バジリコ モッツァレラチーズ トマトソース)
マリナーラ(ニンニク オリーブ アンチョビ トマトソース)
ゴルゴンゾーラ(ゴルゴンゾーラチーズ モッツァレラチーズ)
カルツォーネ(生ハム 卵 ほうれん草 モッツァレラチーズ)
マチナータ(牛挽肉 玉ねぎ チーズ トマトソース)
ビアンケッティ(しらす モッツァレラチーズ フレッシュトマト)

パスタ                                

手長エビのトマトクリーム和え リングイネ
生うにのトマトクリーム和え スパゲッティ
真イワシとういきょうのシチリア風 スパゲッティ
黒トリュフとマッシュルームの煮込み和え タリアテッレノルチャ風
自家製ブカティーニのアマトリチャーナ
黒毛和牛のボロネーゼ和え タリアテッレ
自家製フィジッリのズワイガニとサフランのクリームソース(+300円)
ナスとバジリコのトマトソース和え タリアテッレ
自家製ソーセージとキノコの煮込み和え バッバルデッレ
ベーコンとアスパラガスのクリームソース和え バッバルデッレ

メイン         

本日の鮮魚のアクアパッツァ
麦富士豚のグリル
牛ハラミのタリアータ フィレンツェ風(+300円)
和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

私とかみさんでコースをオーダーし、こども2人にはパスタを単品で1皿とることにした。

後にこの選択が仇となる。

 

前菜はカジキマグロの軽いスモーク サラダ仕立て、真タコのカルパッチョ ドライトマト風味を。

ピッツァはマチナータ、ベーコンとアスパラガスのクリームソース和え バッバルデッレをオーダーし、パスタ単品はナスとバジリコのトマトソース和え タリアテッレにすることに。

スポンサードリンク

オーダーした料理

自家製のパン

まずは自家製のパンが登場だ。

これは普通に美味しいのでパクパク進んでしまう。これでお腹が膨れるのは不本意なので、パスタが来るまで取っておこう。

 

前菜

真ダコのカルパッチョ

前菜といえばチョロっと盛られた程度のものを想像していたがそんなことはなかった。

この前菜だけでも十分に食べ応えがあるし、パスタが楽しみになる味だ。

普通に美味しいなこれ。

 

カジキマグロの軽いスモーク サラダ仕立て

このカジキマグロのスモークが堪らなく美味かった

一瞬ハムなんじゃないかと思う食感だったが、それがまた何とも言えないものがあり、そこそこある身の弾力が個人的にツボだった。

 

カジキマグロの身

プルンプルンのカジキマグロが最高に胃袋を刺激する。

この後のメインディッシュであるピザやパスタが嫌でも期待しないわけにはいかない。

 

ピッツァ

マチナータ

お店には窯が常備されているので、それで焼き上げたものなんだろう。

焼けたピザの香りが何ともいえん。

子供達は我慢できずに飛びつきそうになっていたが、激熱の今噛り付けば一発で火傷してしまうだろう。

 

焼き上がり具合もさることながら、味も息子好みだったのか美味しそうに食べ始めた。

 

パスタ

ナスとバジリコのトマトソース和え

娘が待ち望んだチュルチュルがやってきた。

このチュルチュルは少し太めのパスタだったからか、娘は想像と見た目が違ったことに少しブーたれてしまった。

 

一口食べさせてもらった感触としては非常に美味しい

ミキヤズと似ている(見た目ね)と思いきや、味はこのお店の特徴が出ているのだろう。

 

自由が丘のパスタ屋の中では、一番に入る出来かも知れない。

マジで旨かった。

 

ベーコンとアスパラガスのクリームソース和え

秀逸だったのはこのベーコンとアスパラガスのクリームソース和えだ。

モチモチした食感のパスタはもちろんのこと、濃い目のクリームソースの味が私の舌を包み込む。

 

これが激ウマと言わずに何と表現すれば良いんだろう?

 

ベーコンとアスパラガスのクリームソース和えをホークですくう

うみゃーよ

 

これは本当にうめーのよ。

いくらでも胃袋の中に入って行く。

 

前菜からパスタまで十分すぎるボリューム、これにドリンクとデザートがやってくるのね。

ただ、この日の息子はテンションが高く店内では周りが注目してしまう程のうるささだった。

 

もうお店を出ないと迷惑が掛かる。

 

デザート・ドリンク

アイスコーヒー

かみさんも私もアイスコーヒーをオーダーしていた。

すっかり忘れていたが、下のガキは限界に来ていたので一気に飲み干す。

 

普通に美味しいじゃん。

コーヒーも十分にイケる。普通のお店のようにうっすい感じは一切なく、濃い目のコーヒーに仕上がっている。

個人的にとても好きな味だ。

 

デザートのティラミスとアイス

デザートが来てくれたおかげで息子は一瞬動きが止まる。

このアイスは一見抹茶のように見えるが、抹茶では無い。でも何なのか分からない。

味は普通に美味しかったが、こどもがうるさくてそれどころではない。

 

もうお店を出ることにしよう。

 

まとめ

お店の外にあるランチメニュー看板

いままで食べた自由が丘の中でも一番の味だった。

これは疑いのない事実、私はとてもこのお店の味が好きになった。

 

でも家族で来ることは当分無いだろう。

それは店内の雰囲気が家族向けではないので、もう少し子供も大きくならないと難しい。

 

それ以上に店員さんの接客が私の好みではなかった。多分子連れはほとんど来ないのだろう。

こども達にランチセットは多いので単品パスタに変更したが、ここで一言欲しかった。

 

パスタ単品もランチセットも200円しか変わらないです

 

この一言があれば、自由が丘一のイタリアンと認定出来たのに。このひとこと言ってくれよ、多分家族連れが嫌だったんだろうな。

以上。

スポンサードリンク

アクセス

タヴェルナ メッシーナ

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘2-20-5

    CTCビル B1F

電話:03-3723-4999

営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00

定休日:年末年始

業態:イタリアン、バール

関連記事

  1. 浅野屋自由が丘店 浅野屋自由が丘は菓子パンが最高に美味しい本格的なパン屋さん!
  2. そば新の看板 そば新は自由が丘でこだわりの蕎麦が手軽に食べれる24時間営業のお…
  3. カフェドイシス自由が丘店① 【お祝い】カフェドイシスは自由が丘にある隠れ家的レストラン!【何…
  4. 星火看板 自由が丘でランチするなら、ラーメン有の本格和食店の星火で決まり!…
  5. べこ亭自由が丘店の入り口 べこ亭で焼肉ランチ、雰囲気最高の激ウマ店をレポート【自由が丘】
  6. ドンクのパン 自由が丘ドンクのカフェで休憩ついでに美味しいパンを食べる
  7. 自由が丘でカレーといえば天馬 自由が丘で子連れランチカレーを楽しむなら天馬で決まり!【カレーパ…
  8. 魚臣看板 【激安】回転寿司は一皿130円~の自由が丘魚臣(ぎょしん)がおす…

コメント

    • イソザキ
    • 2016年 9月 12日

    こんにちは!

    なんと奇遇!私もまたいつものごとく自由が丘望郷の念のネットサーフィンで、「今から戻れたらここに行きたいところ」と見ていた矢先の記事!楽しく拝読しました。手長エビのリングイネが私は大好きです。

    確かに、最後の200円しか変わらない発言はオーダー時にしてもらいたいですよね…。
    子ども微妙接客とは…あの駅前のヴィノテカ・メッシーナなら少し分かる気もするけれど、こちらでしかも休日のお昼なら、もう少しフレンドリーでもいいのになぁ。

    • yu-hiro
      • yu-hiro
      • 2016年 9月 13日

      イソザキさん
      おはようございます。

      自由が丘なうにお越しいただき
      ありがとうございます。

      タヴェルナメッシーナ、本当に美味しかったです!

      それだけに、一言言ってくれよ〜という気持ちは残りましたね・・・

      子連れで下の子が五月蝿かったのも原因だと思いますので、これ以上何か言うのは控えますが。

      子供がもっと大きくなったら利用頻度も増えるかもしれないですね。

      落ち着いて食べる事が出来る良店でした。

      1人で行く機会があれば手長エビ試してみますね!

      ユウヒロ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP