自由が丘のおすすめ雑貨屋さん19店をマップ付き紹介!!

自由が丘の雑貨店まとめ記事のアイキャッチ画像(たくさんの雑貨屋店内の画像まとめ)

自由が丘は小さなお店がたくさんあり、散策しながら色々と探せるところが街の魅力なんだと思う。

スイーツの店舗が多いことで有名な『スイーツ王国』の異名を誇る街ではあるが、同時に雑貨店に関してこれだけクオリティを伴ったお店が揃うのもこの街くらいなものだろう。

数多ある雑貨店の中でも、個人的にオススメな17店を紹介しよう。

スポンサードリンク

目次

自由が丘雑貨店19店のマップ

自由が丘のおすすめ雑貨店19店

トゥデイズスペシャル

自由が丘に来たらこの店を外す訳にはいかない。オリジナルロゴのトートバッグやマグ、マイボトルなど入荷後、即売り切れになる商品も多い雑貨店。

まさに自由が丘を象徴する雑貨店と考えて相違がある人はいないお店のひとつだ。旧店名のCIBONE(シボネ)時代より、ここのファンの人は非常に多い。

トゥデイズスペシャルロゴマグカップ

1Fはキッチン雑貨をメインに取り扱いを行い、シーズン毎にテーマの違うイベントが催されている。

2FはCIBONE時代を踏襲するオリジナルのアパレルを取り扱っており、

メンズ・レディースともにオリジナリティ溢れるセレクトは、中々良いものが多い。

3Fにはトゥデイズテーブルというカフェまで揃っている。

衣食住がこのお店だけで完結する、ライフスタイル提案型のお店なのがToday’s Spechialなんだ。

自由が丘の雑貨店と言えば、まずはここというくらい人気のお店。

オシャレな雑貨が見つかることは間違いないだろう。

>>>トゥデイズスペシャルは自由が丘で大人気のセレクトショップ!!

トゥデイズスペシャル自由が丘店
住所:〒152-0035
   東京都目黒区 自由が丘2-17-8
電話: 03-5729-7131
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
業態:雑貨・ライフスタイルショップ

TC(タイムレスコンフォート)

タイムレスコンフォート自由が丘店

1995年にオープンしてから20年経過するが、TCにあるアイテムは最先端のものばかりだ。

何度かリニューアルを行うことにより、店内はより見やすい空間へと生まれ変わっている。


1Fはキッチン雑貨やキッチン家電など、特にビタントニオやデロンギなどの海外メーカーの製品を多く取扱をしている様子。

B1はインテリア雑貨や食器類など、カフェも併設されている。


2Fはソファやダイニングテーブル等の大型のインテリアが展示されており、

自由が丘の地に相応しいオシャレなものが多く取り揃えられている。

特にヴィンテージインテリアは、値は張るが素敵なものが多い。

おしゃれな家電の取り扱いが多くパナソニックやシャープなどの国内NBだけではなく、

一般的にはあまり知られていないレコルトやイデア、高級トースターで一躍その名を世間に知らしめたバルミューダなど選りすぐりのものをラインナップさせている。

自由が丘店ということもあるのかもしれないが、以前店舗に行った際には10万円を超えるミキサーのバイタミックスの店頭実演販売も行われていた。

ちょっとおしゃれなキッチン雑貨を求めている方には、ぴったりなお店になるはずだ。

>>>タイムレスコンフォート自由が丘はインテリア・雑貨ありの人気店

TC(タイムレスコンフォート)自由が丘店
住所:〒152-0035
   東京都目黒区 自由が丘2-9-1
電話:03-5701-5271
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
業態:雑貨・インテリア、ライフスタイルショップ

IDEE(イデー)

IDEE自由が丘入口

高級インテリアショップとして有名なIDEE(イデー)の国内旗艦店舗が自由が丘にある。

学園通り沿いにあるIDEEは、ある意味で自由が丘のランドマークの一つと言えるだろう。


インテリアをメインに取り扱ってはいるが、インテリア雑貨もオシャレで個性的なものが多い。

イデーのインテリアというと、どうしてもソファというイメージが強いのは私だけだろうか?

IDEE自由が丘店店内

1Fはガーデニングや寝具・タオルなどとともに、アパレル雑貨としてイルビソンテの財布や名刺入れ、アクセサリーなどもラインアップされている。

アロマオイルやキッチン雑貨など取り扱いも豊富で、カラフルな器を見たら心躍ることは間違いないと思う。


2Fは大型インテリアが置かれており、ソファーからベッド、ダイニングテーブルなど一式をそろえる事が出来るのだ。

専門知識を持った販売員さんと相談しながら提案を受けることも出来る。


4FにはBAKE SHOP(ベイクショップ)は、閉店してしまったことが残念。

IDEEの良いところは、エレベーターが設置されているためベビーカーでも問題なく上の階を見に行けること


小さいお子さんがいるママさんでも、気兼ねなく店内を見て回ることができるのがイデーの素晴らしいところでもある。

>>>IDEE SHOP 自由が丘が9/18にリニューアルオープン!!

IDEE SHOP jiyugaoka
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘2-16-29
   IDEE SHOP jiyugaoka
電話:03-3723-2040
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
業態:インテリア・雑貨店

私の部屋

私の部屋は自由が丘にオープンして33年、この地で愛され続けてきたお店と言えるだろう。

すでに老舗雑貨店として、オープンしたての頃から通い続ける女性も多い。


メインのお客さんの年齢層は30~40代の女性が多く、長く愛されているからこそ大事にされているお店なんだ。

メイドインジャパンのこだわった革鞄や、キッチン雑貨についても同様のものを見かける。

中国で人気の南部鉄器の鉄瓶について、私の部屋にかかればこんなにカラフルでオシャレなものに。

もうすぐ母の日ということもあるし、プレゼントで喜ばれるものになるのは間違いない。


その他にもギフトに贈ったら喜ばれそうなものが多く、どれも喜ばれそうなものばかり。


上質で普遍的なものを長く使ってもらいたいという気持ちからセレクトされているのかな。

自由が丘で30年以上に渡り営業を続けているそのアイテムセレクト眼については、他のどの店舗にも負けないものを持っているんだね。

>>>『私の部屋』自由が丘は、おしゃれな生活雑貨でプレゼントに最適!!

私の部屋 自由が丘店
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘2-9-4
電話:03-3724-8021
営業時間:11:00~19:30
定休日:不定休
業態:ライフスタイルショップ、雑貨店

キャトルセゾントキオ

フランスパリ仕込みの雑貨がセレクトの基準

キャトルセゾントキオはすぐ隣にある『私の部屋』の一事業部として位置するお店だ。

フランスと日本文化の良い点をミックスさせて、新しい価値を創造すること。

その基準に沿ったものしかセレクトしないため、お店はフランスの雰囲気を感じるけど、それ程オシャレに行き過ぎていないバランスを取ったアイテムが多いと感じる。

お店自体は決して広い訳は無いけど、カワイらしいものが多く昔から自由が丘で営業を続けられている理由というのは、このブレないコンセプトが大きいのかもしれない。

>>>キャトルセゾントキオはパリの日常を肌で感じられるオシャレな雑貨店!!

quatre saisons tkio(キャトル・セゾン・トキオ)
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘2-9-3
電話:03-3725-8590
営業時間:11:00~20:00
業態:雑貨店(ライフスタイルショップ)

マルシェ ド ブルーエ プリュス

マルシェ ド ブルーエ プリュス自由が丘店

美しい蓮の花をモチーフにしたアジアン雑貨を取り扱うkarakoが閉店して何年経つか・・・

フランスの市場を思わせるような美しい雑貨店なのが


マルシェ ド ブリューエ プリュス』といういかにもなフランス語で憶えにくい名前のお店。

今までのアジアンテイストはどこへやら、かなりパリジャンテイストなお店へと変貌してしまった。

お店に入ったすぐ左の棚

2フロア構成となっており1Fには衣料品・食品・雑貨などが一通りラインナップされている。

衣料品は女性用の雨具(レインコートや傘・折り畳み傘・レインブーツ等)も充実しており、ちょっとおしゃれなものが欲しい人には嬉しい品ぞろえ。


うちの母親はkarakoのファンだったため少し残念がっていたが、今のお店の形態の方が万人受けするんだろうと納得してしまった。。

2Fはインテリアや食器などのテーブル周り雑貨がメインとなっている。マグカップなどはかわいいものも多く、自由が丘で3本の指に入る雑貨店になる潜在能力はありそうだ。

>>>マルシェ ド ブルーエ プリュスが自由が丘に!衣食住テーマの大人の雑貨店

マルシェ ド ブルーエ プリュス
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘1-25-9
   セザーム自由が丘ビル1F・2F
電話:03-3725-2261
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
業態:雑貨店

HOTCHPOTCH(ホッチポッチ)

自由が丘のPOPでカワイイ雑貨店と言えばホッチポッチは外せない。

ロディが店前でお出迎えしてくれるこのお店には、独自の感性からセレクトしたデザインセンスの良い雑貨がお店のところせましと陳列されている。

国内外からセレクトしたアイテムはおよそ数万点以上、とにかくオシャレなものが多いので、ちょっとした贈り物にはこのお店がベストなんだと思う。

どのアイテムも個性的なものが多いが、出産祝いに最適なものが多いイメージ。

WEBでも楽天市場にショップをオープンさせているし、評価もかなり高いお店。

取扱は、ライフスタイル雑貨から、アパレル、家電など小さいお店ながらも多岐に渡り、オシャレな視点からプラマイゼロやバルミューダなども取扱を行っている。

自由が丘に来たら必ず立ち寄るべき雑貨店の一つであるのは間違いない。

>>>自由が丘を代表する雑貨店はHOTCHPOTCH(ホッチポッチ)

HOTCHPOTCH(ホッチポッチ) 自由が丘店
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘1-26-20
電話:03-3717-6911
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
業態:雑貨店

スポンサードリンク

COVENT GARDEN(コベントガーデン)

コベントガーデンはシャービーシックな雑貨を取り扱う、どちらかというとアンティーク雑貨のお店だ。

そもそもシャビーシックが何か?なんて気にも留めなかった私だったが、今の流行りはフレンチシャビーという言葉がある通り、ナチュラルな雰囲気を大切にしているのだと思う。

ここでいうナチュラルというのは、ペンキの剥がれなど自然な経年劣化に伴うものを、敢えて直すというよりは、味として活かしていくようなスタイルを指している。

店内は、薄暗い間接照明に照らされたアンティーク空間となっており、シャンデリアやガラスライトなど、中々他のお店で出会うことのない雑貨が多く取り扱われている。

個性的なアンティーク雑貨の雰囲気を感じたい人には、うってつけのお店と言えるだろう。

雑貨の街自由が丘と言えども、このような雑貨店は少ないので気になる人は足を止めて見てほしい。

 >>>COVENT GARDENはシャビーシックな雑貨がかわいいお店!!

COVENT GARDEN Bazaar
住所:〒152-0035
   東京都目黒区 自由が丘1-24-10
電話: 03-6459-5061
営業時間:11:00~18:30
定休日:年中無休(年末年始除き)
業態:アンティーク風雑貨店

FREEPARK(フリーパーク)

自由が丘に2021年4月6日ニューオープンする雑貨店『FREE PARK』の店前看板

学園通りから少し入った場所にある小さな雑貨店。

以前はステーショナリーをメインに扱う自由が丘の名店だったが、惜しくも閉店してしまいその跡地に入ったライフスタイル提案方の雑貨屋さん。

渋谷パルコ、東京駅KITTE、表参道ヒルズ等の大規模商業施設にも出店経験のあるお店なんだ。

自由が丘の裏通りにあるため、このお店をメインに行くという人以外に、中々お店に辿り着ける人は少ないと思うが、中々他の雑貨店ではお目にかかれないアイテムも多数取り扱いしている。

お洒落な、チョット違いを感じられるアイテムが欲しい人は、確実に外せないお店になるだろう。

ワクワクする商品ばかりなので、一度立ち寄ったら病みつきになること間違いないお店だ。

>>>自由が丘SIX跡地にフリーパークが4/6ニューオープン!

FREE PARK(フリーパーク)
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘2-8-13
   コーレックス自由が丘 1F
電話:03-6672-2412
営業時間:11:00 ~ 19:00
定休日:不定休
業態:ライフスタイルショップ

MOMOnatural(モモナチュラル)

2021年3月にモモナチュラル自由が丘店は近所のGビルに移転。Gビルの外観画像

モモナチュラルは地上3階建て3フロア構成のインテリアメインのライフスタイルショップ。

外観上は大きな『家』の形をしており、1階はキッチン&ダイニングが入って左側、イベントやアート、リミテッドストアが右側にある。

2021年3月17日に近くのビルから移転リニューアルオープン仕立てなので、ここ最近の自由が丘の中では、ホットスポットの一つ。

このGビルへの導線が復活したからか、また学園通りも賑わうこと間違いなし。

【3F】家のような雰囲気のリニューアルしたモモナチュラル自由が丘店3階

店内にはエレベーターが完備されているので、どの階にもベビーカーで移動できるのは自由が丘ではポイントが高い。

2階はソファーがメインで、その他は部屋を彩るカーテンや、ライト、植物など。

3階はベッドルーム、キッズ、ラグなど、単身者からファミリーまで見ているだけでも楽しくなるようなアイテムが多数展示されている。

階段で昇り降りするのも楽しめる店内構成は素晴らしい設計だと感じた。

学園通り側がガラス張りなこともあって、天気が良い日は陽の光が差し込んで心地よい。

以前の店舗には正直入りずらさを感じていた手前、Gビルに移ってからはかなり集客率も変わると思う。

ライフスタイル全般的に、ここで見つからないものは無いといえるほどの品揃え。

>>>【※移転前】自由が丘のモモナチュラルは木の温もりを感じられるインテリアショップ

MOMO NATURAL(モモナチュラル)自由が丘
住  所:〒152-0035
     東京都目黒区自由が丘2-9-19
     Gビル1F-3F
電話番号:03-6421-2651
営業時間:11:00~20:00
定 休 日:不定休
業態:雑貨・インテリアショップ

KEYUCA(ケユカ)自由が丘店

新規ニューオープンしたKEYUCA(ケユカ)自由が丘の入口

元々自由が丘にKEYUCAは2店舗あったが、統合してフリーズショップ跡地に旗艦店舗としてニューオープン。

30~50代の女性をメインターゲットとしつつ、男性が見ても良いと思えるものも揃えたライフスタイルショップだ。

店舗は2フロア構成となっていて、1階はキッチン雑貨・アパレルがメインとなり、2階にはインテリア全般を取り扱う大型ショップ。

2フロアだけありお店の中は広いので、あれこれ見てるとあっという間に時間が過ぎてしまう。

シンプルなデザインのプロダクトは見ているだけで楽しい。

アイテム数は5,000以上の多品種ラインナップとなっているため、きっとあなたが探している希望のものが見つけられると思う。

今後の自由が丘雑貨店のメインどころの一つになることは間違いない。

>>>ケユカ自由が丘が新店オープン!地域2店舗統合の大型旗艦店

KEYUCA(ケユカ)自由が丘店
住所:〒152-0035
   東京都目黒区自由が丘2-9-15
電話:03-5731-1931
営業時間:11:00~19:30
定休日:不定休
業態:雑貨、インテリア

BROCANTE(ブロカント)

自由が丘ブロカント

ブロカントは自由が丘の中でも、分かりづらいお店の一つ

一見するとただのお家なのだが、テイストとしてはフランスの田舎の古びた建物をイメージして建てられているのだろう。


ガーデニングの提案と、フランスのアンティーク雑貨を取り扱うお店。

店内に入ってみて思うのは、これだけの一点物を集めたわりにきちんと一つの世界観を作れていること。

この古びたテイストが好きな人には、たまらない空間に映ると思うがただのガラクタの寄せ集めと思う人もいると思う。

なので、人によって見え方がだいぶ変ってしまうお店なんだな。

ブロカント店内

アンティークな雰囲気が好きな人は、満場一致でおすすめできる。

異国の地で何十年も使われてきたことを想いながら、そのアイテムひとつひとつを見ていくと不思議な感覚に襲われることは確か。

歴史を感じるというか、そこには新しいものにはない味というか価値というか、そういったものを感じる。

まるで映画のワンシーンのようなお店、こんなお店はめったにお目にかかれない。


最近は週3回はお休みのようなので、営業時間は確認してからうかがうことをおすすめする。

>>>ブロカントは自由が丘の住宅街路地裏にあるアンティークな雑貨店!

BROCANTE(ブロカント) 自由が丘
住所:〒152-0035
東京都目黒区自由が丘3-7-7
電話:03-3725-5584
営業時間:13:00~17:00
定休日:火・水・木曜日
業態:ガーデンデザイン・メイク、アンティークインテリア・雑貨販売

カタカナ

日本製の雑貨にこだわるカタカナには、いつも大人だけでなく子供の姿も良く見かけるお店だ。

店頭にはけん玉や、昭和を感じさせる雑貨が多い。

親子で来ても楽しめるものが多く、子供達とたまにふらりと立ち寄ることが多い。

ここの店前にはこどもの感性を刺激するアイテムが多数取り揃えられているため、一度ハマってしまうと抜け出すのに時間が掛かる。

父の日や母の日などは、店頭でちょっとしたプレゼントを作れる催しがあったり、地域に根差すお店と成長していくような感じがある。

跳び箱型の小物入れや、秋田杉を使用したお弁当箱など日本を感じさせるものが多いので、こんな雑貨を探している人は多いと思う。

この画像のFuji Glass(フジグラス)は受注2万個待ちの人気商品、日本の職人が作るこのグラスの底面には富士山をモチーフにした装飾がほどこされている。

こんな器に入れて飲む酒はおそらく格別に美味いはず。

父の日の贈り物として最適なアイテムの一つ、普段頑張っているお父さんに渡したら涙を流しながら感謝されること請け合いだ。

>>>自由が丘の雑貨店で大人も子供も楽しめるお店はここ!!

カタカナ

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢5-42-3

    第一ワチビル1F

電話: 03-5731-0919

営業時間:11:00~20:00

定休日:不定休

業態:日本製雑貨店

BASIC AND ACCENT(ベイシックアンドアクセント)

basic & accent 店前

BASIC&ACCENT(ベイシック&アクセント)は、価格と品質のバランスのとれた商品が多いお店と言えるかもしれない。

ターゲットは若い20代の女性とは別で、30~35歳位の女性がコアターゲットでいつもの暮らしを少し良くしてくれそうな雑貨品が多い。

食品・キッチン雑貨・インテリア・リラクセーション・服飾・ベイビー・ガーデン他、基本的にこの店で全て事足りるようなラインアップ。

お店自体も天気が良い日には、陽の光が差し込み気持ち良い時間を過ごすことが出来る。

>>>自由が丘雑貨店BASIC AND ACCENTは30代女性にぴったりのお店?

BASIC AND ACCENT / ベーシックアンドアクセント

住  所:〒158-0083

     東京都世田谷区奥沢5-20-19

     K&F自由が丘1F

     自由が丘駅南口徒歩3分

電話番号:03-5731-7200

営業時間:11:00~20:00

定 休 日:不定休

業態:アパレル、雑貨

NATURAL KITCHEN &(ナチュラルキッチンアンド)

ナチュラルキッチンアンド

トレインチにある雑貨店のナチュラルキッチンは、100~300とかなりリーズナブルなキッチン雑貨を取扱する店だ。

土日はいつも物凄い混雑しているが、この価格でクオリティも高いため、それも当然のことだろう。

一度ここの商品を使えば分かること。

とても100~300円の安価なものとは思えないものばかり。

私もここの食器を持っているが、使い始めて5年以上経過している割にまったくヘタレる様子が見えない。

この価格帯でこれ以上のものを探すことは不可能だ。

>>>自由が丘トレインチのおすすめ雑貨店を2店ピックアップ!!

NATURAL KITCHEN&自由が丘店

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢5-42-3

    トレインチ2F

電話:03-3721-7111

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休

業態:キッチン雑貨

one’sterrace(ワンズテラス)

one’sterrace(ワンズテラス)は、洋服のワールドが展開している雑貨店になる。

自由が丘の雑貨店としては、お店は広い方でベビーカーでも通れる通路幅なので、比較的商品は見やすいと思う。

キッチン雑貨から生活雑貨にガーデニング、ラグマットなのどのインテリア雑貨と、ほとんど揃わないものがない品揃え。

北欧雑貨を取り扱うお店らしく、ムーミンが店内のいたるところに置いてある。

ポップでキュートな雑貨を求めるひとは、ワンズテラスに行ってみることをおススメする。

>>>ワンズテラスはかわいいムーミン雑貨が豊富!自由が丘トレインチレポート

one'sterrace(ワンズテラス)

住所:〒158-0083

   東京都世田谷区奥沢5-42-3

    トレインチ2F

電話: 03-5483-8866

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休

業態:ライフスタイル雑貨

リガ・コレクション

ラトビア雑貨と聞くとなかなか馴染みが薄いと思うが、そのクオリティはかなり高水準のアイテムばかり。

そんな物珍しいラトビア雑貨の中でもサーティファイドショップとして存在するのは日本国内でもリガコレクションが唯一の存在だ。

手作りの一点ものが多いため、気に入ったものがあったときは即買いしないと次に行った時に同じものが無い可能性が高い。

供給に難があるも置いてあるアイテムは他のどの雑貨店とも被らないオリジナリティの高いもの。

ラトビア雑貨を代表するアイテムであるミトンは4つの都市の伝統的な柄を使って編み込まれている。

そのいづれもがオシャレな雰囲気を持ちつつ実用性も高い優れもの。

これから夏にかけて女性にとってはマストになる籠バッグや、小さいお子様向けの子供服などはどれもシンプルでありながらデザイン性が高くよそ行き服としてピッタリだ。

私に騙されたと思って一度お店に足を踏み入れてみてほしい。

何気に他の店では見ることができない逸品に出逢えるはずだから・・・

>>>ラトビア雑貨店リガコレクションで芸術的センス溢れる雑貨を堪能する

リガコレクション自由が丘

住所:〒152-0035

東京都目黒区自由が丘1-25-9

電話:03-6421-3618

営業時間:11:00~18:30

定休日:水曜日

業態:ラトビア雑貨全般

Kauniste(カウニステ)【閉店】

※2020年閉店いたしました。

北欧雑貨を探しているなら、間違いなくカウニステは満足できるお店だろう。

店内には、フィンランドや北欧バルト三国、スウェーデンで生産された美しい生活雑貨が陳列されている。

今の若い人には人気の高いテキスタイルデザインは、見る人の心にほっこりとした気持ちをもたらしてくれるだろう。

カウニステの直営店舗は、フィンランドのヘルシンキ本店か日本の自由が丘店のみ。

カウニステの商品すべてを、実際に自分の目で見て確認できるお店は自由が丘にしかないのさ。

Marrimekoの方が日本では有名なブランドだと思うが、カウニステもクオリティは負けていない。

シルクスクリーンプリントの美しい発色、職人の手作業で丹精込めて作られたファブリックを体感してみてくれ。

私は早速手帳を買って愛用している。

女性だけではなく、男性も使えるものは多いし家族で持ち回りすることもできる。

カウニステファンの方は、是非自由が丘でフィンランドの雰囲気を追体験してもらいたい。

>>>北欧ファッション・雑貨はカウニステへ!日本は自由が丘店のみ

kauniste(カウニステ)自由が丘店

住所:〒152-0031

東京都目黒区中根1-26-8

キクモトビル1階

電話:

営業時間:12:00~19:00(土日は18時)

HP:http://kauniste.jp

定休日:水曜日

業態:北欧雑貨、インテリア、ファッション

DULTON(ダルトン)

DULTON(ダルトン)自由が丘店

DULTON(ダルトン)は、自由が丘の新たな名所となりえるクオリティを持った雑貨店と言える。

地上4階建ての店内には、他の雑貨店ではお目に掛かることの出来ないモノで埋め尽くされている。

かなりレアなセレクトの本と雑貨が織り成す空間は圧巻の一言

3階はカフェも併設されており、ちょっとしたベランダ空間で一杯飲める。

自由が丘の新たな名所としても期待されるダルトンから目が離せない。

>>>自由が丘のDULTON(ダルトン)は新感覚の雑貨店?4/8グランドオープン

DULTON(ダルトン)自由が丘店

住所:〒152-0034

   東京都目黒区緑が丘2-25-14

    電話番号:03-6421-4875

営業時間:11:00~20:00      

定 休 日:不定休

業態:雑貨、インテリア、本、カフェ、ガーデン

まとめ

自由が丘には、本当に雑貨店が多い。

まだまだ紹介しきれていないマニアックな場所も多く、すべてを網羅したいところだが、全く時間が足りないのが本音だ。

ここに紹介していないお店でも、優秀な雑貨店はまだまだあるはず。

最近は日々更新できないことが多く、カバーできていないところがあるはずなのだ。

是非おすすめの雑貨店がある方、もしくは紹介していないお店の中で行ってみたいところがある方はお問合せ願います。

後日必ずレポートさせていただくので・・・

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる