スイーツ

【厳選4店】筆者おすすめ自由が丘のスイーツお土産!

ショーケースに並ぶスイーツ

スイーツの街自由が丘に来たら、このお店に寄らないわけにはいかないだろう。

自由が丘に限定することなく、日本国内で見てもトップオブ20に入ることは間違いのないことだと思う(勝手な私見です)。

そんな激戦区自由が丘の中でも選りすぐりの3軒をまとめてみた。

個人的な意見も当然あるのだが、一般的に見てもこの3軒に異論のある方は少ないと思う。どの店も人気店なので、店内は非常に混雑していることが多い。1軒orioriを追加させていただいた。これはお土産の3要素を兼ね備えているから。

もちろんお土産として、テイクアウトすることも可能だ。

今回は、自由が丘と言えば「スイーツ」という認識が強いが故に、お土産として喜ばれる至極の3店舗を紹介しよう。

スポンサードリンク

お土産で喜ばれる自由が丘スイーツ4店

実際に私が友人宅に遊びに行く際に、持って行って喜ばれたもの。また、名指しで「○○のケーキ」と要望されたものの両方があるが、この3店に異論は無いと思う。

いや、異論がないと信じている・・・

 

MONT-BLANC(モンブラン)

モンブランケーキ

自由が丘正面口より徒歩1分圏内にあるMONT-BLANC(モンブラン)は外せない。

何よりもモンブランケーキ発祥のお店ということも大きいが、ケーキ種類の多さと一般的に受け入れられる分母の広そうな味がその理由である。

何だか難しい表現になってしまったが、要はモンブランンが提供してくれる美味しさは、一般的ということ。子供が食べても、年配の方が食べても美味しいと言ってもらえる、安心して購入出来るお店なのだ。

店内にはイートインスペースは席数の記載がないが、結構広い。おそらく40席はあると思うがお茶時には全席埋まってしまい、結局並んでしまうほどだ。

自由が丘駅からも徒歩すぐの店なので、帰宅前もしくはお出かけ前に手土産として持っていけば、喜ばれることは間違いない。

 

単独記事は⇒【モンブランケーキ発祥の店】MONT-BLANCカフェで暑さをしのぐ

MONT-BLANC(モンブラン)

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘1-293

    自由が丘駅正面口徒歩30秒

電話:03-3723-1181

営業時間:10:00~19:00

定休日:なし

取扱:洋菓子店

 

Mont St Clair(モンサンクレール)

濃厚なモンサンクレールのチョコケーキ

自由が丘で一番、いや日本国内でも知らない人はいないほど?のスイーツパティシエである辻口博啓氏のお店だ。

自由が丘をスイーツの街へ押し上げたと言っても過言ではないモンサンクレールは、フランスの有名店で修業した辻口氏の集大成のようなもの。

少し残念なのは、お店の場所が自由が丘駅からかなり遠い場所にあるため、徒歩で行くとなると10分以上は掛かると思う。

それでも、連日並んでも食べて行く人が多いのは、それだけモンサンクレールのケーキに病みつきになっている人が多い証拠だ。

14席と少ないながらイートインスペースもあるし、少し駅から離れたことで駐車場も4台止めるスペースがある。

ケーキだけでなく、焼き菓子全般に素敵な箱に入れられているものも多く、急な贈り物などにも重宝するお店と言えるだろう。

車で出かける時にお土産として買ってくのも有りかもしれないね。

 

単独記事は⇒自由が丘のスイーツで一番人気のおすすめ店はモンサンクレール!!

Mont St Clair(モンサンクレール)

住所:〒152-0035

   東京都目黒区自由が丘2-22-4

 

電話: 03-3718-5200

営業時間:11:00~19:00

 

      定休日:不定休

業態:パティスリー(洋菓子店)

スポンサードリンク

パティスリー・パリセヴェイユ

パティスリーパリセヴェイユのケーキ

モンサンクレールが自由が丘に「スイーツ」を定着させたとしたら、その地位を盤石にしたお店がパティスリー・パリセヴェイユと言えるかもしれない。

私とかみさんが濃厚なチョコケーキ好きという理由も大きいとは思う。だが、ここのケーキをお産物として持っていって絶賛されなかったことは一度もない。

持って行った友人はみな喜び、このパティスリーがある場所を聞かれるくらいなのだ。

お店もオーナーパティシエである金子氏のこだわりを強く反映させた、フランスの雰囲気が感じられるお店となっている。

学園通り沿いにあるお店は、いつも人込みで混雑しているし、夕方近くになると欲しいケーキも殆ど無くなっているんだ。

イートインスペースは24席、店内でフランス仕込みの焼き菓子も食べられるし、何よりもパンも美味しい。

両方をお土産として持ち帰ることをおススメする。

 

単独記事は⇒自由が丘の有名パティシエが作るパッションスイーツは極上の一品!!

パティスリーパリセヴェイユ

住所:〒152-0034

   東京都目黒区自由が丘2-14-5

電話:03-5731-3230

営業時間:10:00~20:00

     定休日:無休

席数:24席(全席禁煙)

業態:パティスリー・パン・カフェ

 

oriori(オリオリ)

oriori店舗前

モンサンクレールの直ぐ近くにあるoriori(オリオリ)はパイ専門のお菓子店。

自由が丘のお土産スイーツの最後に持ってきたのには理由がある。それは、コスパもあるが自由が丘マダムのお持たせとしてこれほどベストなものも珍しいからだ。

一枚当たりのコストパフォーマンスは200円以下、しかも丁寧に1枚1枚を袋詰めされているおかげで気軽に配ることが出来る。

 

orioriのパイを一口食べてみた

最後にこの予想出来ない食感が堪らない。これは本当に食べた人でないと分からないが、全く想像していたものと違うことは間違いないと思う。

お土産ということを考えると、日持ち・コスト・手軽感、この3つの要素を全て持ったお菓子は自由が丘で探してみてもorioriだけじゃないのかな?

 

まとめ

自由が丘にはスイーツをメインとするお店が130店程あるようだ。もちろん今回紹介した3店以外にも、美味しいお店もあるかもしれない。

まだ、私が行けてないだけで異論反論あることは承知で、知名度含めこの3店舗に決めたのだ。この3店で外れたことは一度もない。

スイーツのお土産ということであればこそ、モンブラン、モンサンクレール、パティスリーパリセヴェイユの3店舗に限られるんじゃないだろうか。

お土産として考えた際の最適なスイーツは、この3店を押さえれば何も問題ないだろう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ゴディバチョコレート ゴディバのチョコ値段は本当に高いのか?【高級チョコの代名詞】
  2. IMG_3830 自由が丘駅前でタルトケーキを食べるならラ・メゾンで決まり!!
  3. IMG_3933 自由が丘の豆屋さんフェーヴはスイーツ感覚で食べられる豆専門店
  4. マドレーヌラパン自由が丘店前で焼きたてマドレーヌを待つ人々 マドレーヌラパンは無添加食材を使った日本初のマドレーヌ専門店!【…
  5. 2015-05-23_00h24_59 割れチョコ専門店チュペ・ド・ショコラは色んなチョコを楽しめる!!…
  6. IMG_2220 自由が丘の外れにあるソーワアイスがリーズナブルで美味しい件
  7. IMG_4267 自由が丘のスイーツで一番人気のおすすめ店はモンサンクレール!!
  8. 和菓子 自由が丘の和菓子店のうち人気の3店をまとめてみた!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. チェックアンドストライプは自由が丘を代表するオシャレな生地屋さん! CHECK&STRIPE自由が丘店
  2. リゼッタは落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェ!子連れランチした感想は? LISETTE自由が丘店のランチメニュー
PAGE TOP